後発品置換率を自動的に上げるには?全品目オーソライズド化を提言!!

全部オーソライズドジェネリックにしちゃえば後発品置換率なんて上がりますよ。

改定の度にジェネリック置き換え率を高めるように国に言われる私たち。

応えますよええ、応えますとも!

でもね、ちょっとヒトコト言わせてほしい。

薬剤師はみんな思ってるはずの、この事を!

ジェネリックは全部オーソライズドにしてくれないか!?

なぜか?

医者が処方しやすいからさ。

後発品置換率を自動的に上げる方法。それは↓↓↓

医者が進んでジェネリックを処方したくなるようにする事こそ、後発品置換率を自動的に上げる最も効果的な方法なのだ!

オーソライズドジェネリックと普通のジェネリックの違いがわからない人もいるだろうから、ちょっと補足をしておこう。

オーソライズドジェネリックってなに??普通のジェネリックとの違いは?

オーソライズドジェネリック(以下:AGと略します)ってのはね、

先発品と主成分・添加物・製法まで同じもののことを言うんだ。

言わば、ジェネリックだけど安い先発品ってことになります。

先発品のセール品と言ったらピンとくるかなぁ?

何せ安いし効果は確実に先発品と同じなんだ。

主成分も添加物も同じだもの。

ジェネリックがみんなコレだったら、誰だって喜んでジェネリックに変えるよね?

お医者さんも処方しやすいよね?

関連記事はコチラ↓
後発品置換率を上げる3つの策!メトグルコが計算除外品目になった今
モンテルカスト錠、もう出てますよ!

主張の理由は、有害事象を含め情報集積された先発品と同じレベルだから

だからジェネリックの承認担当者さんに言いたいわ。

ってか言うわここで。

「ジェネリックはオーソライズドのものを基本とする。」

とジェネリック承認の基準を変えようよ!

先発品は情報集積がされている。その先発品と原料・添加物・製法が同じAGは安心感が違う

誰にとって安心か?

患者さん?せやね。

でも他にいるんですよ。ジェネリックに安心できない人が。

それは、処方元の医者です。

ジェネリックを世の中で一番嫌っているのは実は医者かもしれないわ。

だって、ジェネリックになった瞬間に効果が出てなかったり、添加物の違いによる薬疹なんか起こってみぃよ?

「なんでこんな薬処方すんねんアホ!ヤブ医者!!」

なんて言われることもあろうよ。

何よりも、患者を治療したいと本気で考えるドクターにとって、そんな結果が出るのは不本意でしかない。

だからジェネリックを処方したくないのが本音やと思うねん。

しかしAGならそんな心配はいらない。先発品と原料・添加物・製法まで一緒なんだもの。格安先発品だもの

こうなりゃ話は変わるでしょ?

患者さんの薬代の負担は減らせる。

治療効果も先発品を処方するのと変わりないアウトカム(結果)を期待できる。

後発品を処方することで国からも褒められる。

良い事しかないやん!!

つまり、医者が納得してAGを処方しまくれば後発品置換率は自動的に上がるんや!

しかし現状はそうならない。何故か?

ここまで読んでいてそう思わないかい?

この答えは簡単なんだ。

製薬会社がオーソライズドジェネリックオンリーになるのが嫌なんだよ

そりゃそうさ、絶対に先発品が売れなくなるもんね。

だから、そうならないように裏でこっそりジェネリック承認担当者さんを接待したり何なりしているはずさ。

うちの会社の業績が下がったら納税額も落ちますよ!とか言っちゃったりもしてるかもね。

 

対案だ。なら先発品メーカーはジェネリック会社を傘下に収めりゃいい!

僕はこう言いたい。

そうすりゃジェネリックが売れてもある程度の収益は保てるでしょっ?

大体ね、ジェネリックが出る理由って先発品の特許切れなわけじゃん?

特許で守られている間に十分収益は得ているわけじゃん?

ならジェネリックが出た後も先発品を売り込むのは欲張りさんですよ。

しょうもないOD錠とか、薬局の在庫金額が増えるだけ。

せめてOD錠を出すなら普通錠は販売停止にしてほしいね。

あと、OD錠に特に味なんか付けなくていい。

好みがこれで分かれちゃうから。

OD錠の目的はとにもかくにも嚥下がしやすくなること!これが真ん中なんだから。

 

では僕たち現場の薬剤師がするべき事とは一体なんだろうか?

これは正直言って絶対的な正解っていう答えがない。

残念だけど。

出来るなら、みんながオーソライズドジェネリック以外を使わなければいいし、患者さんもオーソライズドジェネリック以外は先発品希望!ってなるのが理想だ。

そして、僕はそれを提案したいのだ。

そうすればオーソライズドジェネリックを作らなければ売れないのだから、製薬会社はオーソライズドジェネリックを作らざるを得なくなる。

でもこれは不可能だ。

何故なら、オーソライズドでないジェネリックは値引率競争があり、ジェネリックメーカーによっては90%オフなんていう有り得ない納入価を実現してしまっているから。

お金儲けがしたい経営者にとってのニーズを満たしている訳。

あと、AGじゃなくてもこのジェネリックが俺には合っているんだ!って患者さんもいるしね。

つまり非AGの存在意義がしっかりある。

この現実がある限りは僕の提案は理想に過ぎない。

でもこういった理想の実現に向けて、現場の薬剤師が動く事があると信じている。

さぁ、勇気を出してオーソライズドを勝手に採用しよう!

少しだけでいいです。

AGやっぱり売れるんだと製薬会社に思わせていくためにも、採用をしていこう!

最終的に、医療は患者さんのためにあるんですもの。

利益のためにあるんじゃない。

利益も大事だけれど、患者さんのためになるのが先になければオカシイと僕は思っている。

だから、粗悪なジェネリックというイメージを壊すためにもAGが基本となる世の中にしようよ!

そうすればみんながジェネリックを選択しやすくなる。医者もAGなら進んで処方するよ。

そうすれば後発品置き換え率は勝手に上がるようになりますよ。

患者さんにジェネリックにするか?なんて聞かなくともね。

まとめ

今回はちょっとアツくなってみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

けいしゅけ

今回の記事はいかがでいたか? アナタのお役に立てていれば幸いです! もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

この記事をお読みのアナタにオススメの記事があります☆

1 Comment

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!