スポンサーリンク

携帯キャリアの契約ってオンライン化すべきだ

スポンサーリンク

先日、長らく使ってきた携帯(ガラケー)を解約に行ったのんやけど、

待ち時間長いわ!

大手携帯会社の店舗での待ち時間の長さに正直言って疲れた。

なんなんあれ?

そこで提案したいと思ったことがあるのでまとめてみたで。

スポンサーリンク

契約を窓口だけにするから混雑するんじゃね?

格安携帯会社の各社に出来るオンライン化が大手に出来ないわけないよね?

窓口で質問に答えることができる事。

そのサービスが格安会社にはない売りなんです!

とキャリアのホームページなんかには記載がある。

確かにそうだ。

やけどな、、、サービスを受けるまでの待ち時間が長いわ!!

サービスはニーズに合ったことを提供して初めてサービスと言う

ニーズ以上のものを提供する時、感動が生まるねんで?

その感動を与えることがサービスやと僕は思ってる。

それがどうだろう?

ただ単に解約をしに行ったのだが、窓口の席に着くまでに1時間半待ち。

解約の手続きは10分程度で終了。

・・・大病院の診察か??

と言いたくなる。

窓口の数は6個。

それに応じた従業員がいる。

それで提供されるのがこのクオリティ。

ありえへん・・・ありえへんよ。

毎月いくら取ってんねん?

納得いくわけがない。

月々の料金の高さから言ってもこれではお粗末やで。

待ち時間の改善に本気を出さないと月額使用料を払うユーザーに対して、僕はサービスを提供しているとは言えないと思う。

窓口での対応は故障対応などに特化すれば良い

僕が提案したいのは、窓口対応業務のスリム化の必要性。

今よりも30分は待ち時間の短縮を実現して欲しいよね?

なんなら1時間短縮してほしい。

てか、絶対できるわ。

待ち時間は30分以内が当たり前。を当たり前にしてほしいのさ。わがままな僕はね。

 

故障などの相談にのみ窓口の従業員が対応したとするとどの位、業務効率化になるのか?

従業員さんの1日の労働時間が8時間。

今まで契約に関する窓口対応業務にその4分の1の時間が割かれていたとしよう。

これを0に近づける事ができれば、窓口業務時間を25%カットできる。もちろん、それが理由で待たされていた客の待ち時間も減るわ。それも大幅に。

そして従業員1人当たり1日2時間の業務時間の削減ができるわけやんな。

窓口の数を減らして従業員削減だって可能。4つの窓口で8時間の削減になるわけやから。

6個窓口があった店なら5つで済む。

その店舗の人件費は6分の1カットできるやん。

 

人件費が削減できれば広告宣伝費は削らなくても利益は出る。月額料金割引に還元しようぜ!

ってなわけで、再度声を大にして言いたい。

窓口の対応に新規契約の申し込みやMNP、解約の手続きはなくそう!

ってか、オンラインでできるようにしてくれ。

もちろん、オンラインでできない人のために、窓口対応も可とすればいいのだ。

ただし、オンラインで済ますことができた場合にはユーザーに対して一律100円程度の値引きをすればいいのさ。

次回請求分から割引します、とかでね。

そうすりゃオンラインで手続する人が圧倒的多数になるわ。間違いない。

最終的に、窓口で待ち時間が減り、契約はオンラインでできるようになり、店や会社は人件費を削減でき、月額利用料金が安くなる。

理想論だし、浅知恵やろうけど、こうした理想論の実現に真摯に取り組んだ企業はユーザーに感動を生むんちゃうかな。

そういう会社は好かれるし、結果として利益は拡大する。

そんな風になってほしいものやね。

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!