無料で使えるeGFRなどの腎機能計算ツールをリリースしました!!

CKD重症度分類表

数値を入力すると腎機能の数値がわかります

CKDに関するeGFR・CCr・体表面積の計算ツール

CKDの重症度分類表

原疾患蛋白尿区分A1A2A3
糖尿病尿アルブミン定量(mg/day)
尿アルブミン/Cr比(mg/gCr)
正常微量アルブミン尿顕性アルブミン尿
30<30~299≦300

高血圧
腎炎
多発性嚢胞腎
移植腎
不明
その他

尿蛋白定量(mg/day)
尿蛋白/Cr比(mg/gCr)
正常軽度蛋白尿高度蛋白尿
0.15<0.15~0.49≦0.50
GFR区分
(mg/min/1.73m²)
G1正常または高値≦90   
G2正常または軽度低下60~89   
G3a軽度~中等度低下45~59   
G3b中等度~高度低下30~44   
G4高度低下15~29   
G5末期腎不全(ESKD)15<   

(日本腎臓学会 : CKD診療ガイド2012,東京医学社,2012. を参考に筆者作成)

重症度は原疾患・GFR 区分・蛋白尿区分を合わせたステージにより評価する.CKD の重症度は死亡,末 期腎不全,心血管死亡発症のリスクを のステージを基準に   の順にステージが上昇するほどリスクは上昇する.(KDIGO CKD guideline 2012 を日本人用に改変)

日本腎臓学会 : CKD診療ガイド2012,東京医学社,2012.

↓↓ひとこと書く↓↓|けいしゅけに記事の感想を教えてください☆