無料で使えるeGFRなどの腎機能計算ツールをリリースしました!!

【WordPress5.0】使いにくいと評判のGutenbergエディタをレビューするで

SANGO Gutenbergを使ってみたのでレビューするで

この記事で伝えたい事
  • ワードプレス5.0の世界へ踏み出したので記事エディターGutenbergをでレビュー
  • AddQuickTagは使えるか?
  • ショートコードをどうする?
  • 吹き出しが使いにくくなるのでは?
  • Gutenbergエディタは、「再利用可能ブロック」の登録をおぼえると使いこなしやすくなる!
けいしゅけ
以上のことを書いていこうと思います!

けいしゅけのWordPress環境

タコちゅけ
この記事をお読みの方にとって、まず大事なのは記事を読み終わってから再現性があるか否かでちゅよね??

うちの(ヘンタイな)先生に、このブログ環境をたくさん聞いてきたので共有しましゅね🎵

WordPressのVer.と使用テーマ
  • WordPress バージョン 5.0.2–ja
  • 使用テーマ「SANGO バージョン: 1.7.3」
  • 使用子テーマ「PORIPU tears for SANGO バージョン: 1.03」
使っているプラグイン
  • AddQuicktag
  • All ShortCode of SANGO
  • Rinker
  • SANGO Gutenberg
  • SANGOサポーター
  • こじかツールボックス
  • こじかテンプレートエディタ
  • ふきだしクリエーター
  • TinyMCE Advanced
タコちゅけ
まず、当ブログの作業環境はこんな感じだそうでしゅ🎵

記事作成をサポートするツールが今まで通り使えるか?

実際に記事を書きながら試してみまちゅ!!

先生も気合入ってましゅね…。

けいしゅけ
ちなみに、いまのTweet埋め込みは、カスタムHTMLというブロックを選択して行いました☆

埋め込むTweetのリンクは

Twitterを開く➤ツイートの右上を選択➤ツイートをサイトに埋め込むを選択する

出てきたHTMLコードをコピペすれば完成やで☆

Gutenbergエディタでも AddQuickTagは使えますか?

GutenbergエディタでもAddQuickTagは使えます!!

使い方を説明しましょう。

STEP.1
Gutenbergのブロックを展開

Gutenbergはブロックと呼ばれるカタマリごとに見出し・本文・画像などを入れることができます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1c06fe90454bdc5e30c0ab12893e5675-1024x382.png です

Gutenbergエディタでは色々なところで「⊕」マークが出るので、クリックするとブロックが開くで☆

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 9dd885b12c43e50d3b03983dcc9b36b3.png です

開いたブロックの中から「フォーマット」タブを選んで開くと【クラシック】が現れる。*ブロックの検索に”クラシック”と打ち込んでも出てくるで🎵

STEP.2
クラシックを開く
クラシックはその名の通り、クラシックエディタ。つまり今まで通りのエディタで記入できまっせ☆という事です。

AddQuickTagやふきだしクリエイター、こじかテンプレートエディタの登録データはコチラから引き出すことが可能になります!(一安心やわ~)

STEP.3
TinyMCE Advancedの設定にご用心
でもここでちょっと違和感を感じると思います。僕はここでちょっと困りました。

SANGOで使いまくっている【スタイル】というタブがクラシックエディタに表示されへんやんけぇ~💦

見出し・ボックス・ボタンなどを一発で表示してくれる【スタイル】タブが使えないのはしんどい!!

 

STEP.4
TinyMCE AdvancedにGutenberg用の設定欄が新しくできてた(笑)
解決法はカンタン。TinyMCE Advancedの設定を開いて下にスクロールしていくとGutenberg用にタブや機能ボタンの配置を設定できるようになってました。

ここで【スタイル】を付け加えたら、無事Gutenbergのクラシックブロックにも【スタイル】タブが表示されました!

注意やっ!
ただし、クラシックエディタ中への画像挿入はちょっとやりにくい。

まだ慣れてないからやり方が間違っているかも知れへんねんけど、一発で挿入が出来へんみたいやわ。

上記のタイムライン上に載せた画像は、ブロックで画像をアップデートしたものを画像コピーして貼り付けるという手順で掲載しました(ちょっと面倒やった💦)

Gutenbergエディタでもショートコードは使える?

Gutenbergエディタでもショートコードは使えます!

けいしゅけ
ここでも活躍するのはクラシックブロックやで☆

使い方は先のAddQuickTagと全く一緒や。

クラシックブロックを呼び出して、クラシックエディタとして書いていけばショートコートは今までと変わらない使い心地で利用可能やで🎵

Gutenbergエディタになったら吹き出しが使いにくくなるんじゃないの??

Gutenbergエディタでも吹き出しはガンガン使えまっせ☆
とにかくクラシックブロックを使えば余裕ですわ🎵

さっきから使いまくっているので、使えるんやろうなぁ~って思っていただけていると思います。その通りです。

クラシックブロックはTinyMCE AdvancedをGutenberg用に設定すれば旧エディタと変わらない使い心地が再現できるので、吹き出しも使えます☆

タコちゅけ
今まで通りみなさんとお会いできまちゅ!!

Gutenbergエディタは、「再利用可能ブロック」の登録をおぼえると使いこなしやすくなる!

Gutenbergエディタを使うとわかるんやけど、結局良く使うブロックって限られてくるねんよね。すると、ショートコード的に良く使うブロックを呼び出したいやん?

ブロックを登録できる!?
  • ブロックを選択します
  • そのブロックを選択すると書き画面のように「・」が縦に3つ並んだ詳細設定が出てきますわ
  • そこで、「再利用可能ブロック」に登録する
  • すると次回からブロック選択画面の上部に表示されるようになるねん!

良く使うブロックは自動的にブロック選択画面の上位に表示される

えー💦イチイチ再利用可能ブロックに登録しなきゃいけないの?
と思ってしまった方に朗報です。

このエディタ、ちゃんとブロックの利用回数を学習する機能が付いているみたいやわ!!

僕のエディタは既に「クラシック」を『良く使うもの』の最上位ど真ん中に表示してくれてます。

けいしゅけ
思ってたより使いやすいわ🎵

良かった~

今回の記事では、Gutenbergエディタをレビューしました。

使い始めたばかりのけいしゅけですが、意外にも使いやすかったです☆

やはりポイントはTinyMCE AdvancedをGutenberg用に再設定する事だったように思います。これをすることによって、クラシックブロックがこれまでのエディタと同じように使えるようになるからです。

すると、これまでよりもブロックを移動したりコピーしたりしやすくなった分、使い心地はむしろ向上するように思いました。

ちょっと面倒だったのは、画像が文章中に挿入しにくい事かなぁ~。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ
”この記事の感想をコメントしていただけるとメッチャうれしいです!!

ご意見&ご質問も遠慮なく書いてください☆皆さんとの対話を楽しみにしています☆

下のボタンを押すとコメント記入欄へジャンプできますよ~!!

タコちゅけ
もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローして欲しいでちゅ🍀

よろしくお願い致しましゅ~☆
けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね

けいしゅけが購読している3つのサイト(すべて無料)

  • 日経DIオンライン 登録して知の巨人のコラムを読みたおせっ

    薬局にも届く日経ドラッグインフォメーションの冊子のオンライン版。コンテンツは冊子よりも充実してるでっ!!

    評価
    おすすめポイントコラム著者が知の巨人
    特徴日経らしく硬派な内容

    もはや説明不要!ソクラテス先生や青島先生と言った知の巨人たちのコラムはもちろん、サイトコンテンツには薬剤師として興味のあるものがたくさん!

  • PharmaTribune 現場薬剤師の声がコラムになっているから共感必至☆

    薬剤師や薬学生向けに、業務に役立つ臨床や基礎医学、薬剤知識から、コミュニケーションスキルや医療ニュースなどを配信する情報サイト

    評価
    おすすめポイントい、いちおう僕もコラムを書いてますっ!
    特徴とにかく現場目線のコンテンツ

    現場薬剤師の活躍が手に取るようにわかる。コラムの中には「現場」がある。臨場感あふれる記事たちに心奪われてしまうでしょう☆

  • m3.com 無料登録でe-ラーニング割引やニュースランキング閲覧権利をGet!

    ◎e-ラーニングが1講座3単位1000円で受講できるようになるで! ◎薬剤師が興味のある医療ニュースがいつでも閲覧可能や!

    評価
    おすすめポイントe-ラーニングが1講座3単位1000円
    特徴登録無料で学習コンテンツ利用可能

    転職サイトと思って登録しないのは勿体ないで! だって、e-ラーニングが1講座3単位1000円で受講できるようになるねんで?さらに、薬剤師が読んだ医療ニュースランキングがいつでも閲覧可能や。Yahooニュース感覚で医療ニュースが読めるでっ!

↓↓ひとこと書く↓↓|けいしゅけに記事の感想を教えてください☆