けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

保険調剤薬局で働く薬剤師に捧げる「保険」の勉強支援ページ!!

保険調剤薬局で働く保険薬剤師に捧げる「保険」の勉強支援ページ!!

まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆

あなた、保険の勉強を敬遠してませんか?

保険調剤薬局に勤めていると痛烈に感じることがあります。保険って事務さんのお仕事だと思ってません?

けいしゅけ

それ、間違いやから! 

タコちゅけ

え?でも調剤薬局で働いていたら絶対に事務さんがいましゅ。

レセプトなどの保険請求や処方箋入力、その他もろもろの保険に関することって「やってもらって当たり前」になってまちゅよね?

先生、間違いと言われると戸惑っちゃいまちゅ・・・。

たしかに、保険薬局における保険請求業務は調剤報酬請求事務専門士という資格を持つ(持ってなくてもいいけど)事務さんが行うことが「当たり前」となってますわな。けどね、「薬剤師は保険を知らなくていい」って意味と勘違いしたらアカンで!

保険薬剤師は「保険」を学ばんとアカンのよ。

この記事では保険の勉強をゼロ知識から始めようとする方や、もう一度保険の勉強をやり直すぞ!とお思いの方、保険について知っているけれど、備忘録として使おうかなって方、すべてに満足いただけるように作成しようと思っています。

もしも、不明点があれば、@keisyukeblogまで連絡を下さいませ☆彡

記事をいくらでもアップデートすることをお約束いたしますっ!!!!

保険薬剤師に「保険」の勉強って必要ですか?

保険薬剤師さんの中には「僕は薬剤師だから保険は知らなくていい。そこは事務さんがするべきだ。」と言う方がいるよね。そういう方には申し訳ないねんけど、保険調剤薬局で働く「保険薬剤師」が根本的に理解できてへんと思いますわ。

なぜか?

ちょっと以下に厚生労働省 が保険調剤の基本的ルールとして掲げている要件を示しますわ。読んでみてください。

2.保険調剤の基本的ルール

  •  保険調剤は、健康保険法等の各法に基づく、保険者と保険薬局との間の「公法上の契約」による契約調剤である。
  •  保険薬局及び保険薬剤師であるということは、健康保険法等で規定されている保険調剤のルール(契約の内容)を熟知していることが前提となる。
  •  保険薬剤師が保険調剤を行うにあたっては、保険調剤のルールを遵守する必要がある。

保険調剤として調剤報酬が支払われるには

  1. 保険薬剤師が
  2. 保険薬局において
  3. 健康保険法、薬剤師法、薬事法等の各種関係法令の規定を遵守し
  4. 「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(薬担規則)」の規定を遵守し
  5. 薬学的に妥当適切な調剤(患者指導を含む)を行い
  6. 調剤報酬点数表に定められた算定要件を満たした上で請求を行っていること

保険調剤の理解のために – 地方厚生局 – 厚生労働省より引用(強調は筆者による)

 

ちなみに、薬剤師だから保険に精通している必要があるわけではないんです。ややこしいですね。まとめます。

薬剤師とは?

薬剤師法で規定される、調剤を行うことができる資格(薬剤師法第十九条)
病院薬剤師や、ドラッグストアでOTCを販売する薬剤師さん、薬剤師資格を持つMRさんなどがこれに当たる。

保険薬剤師とは?

健康保険法等で規定される、保険調剤を行える薬剤師(健康保険法第七十一条)
保険調剤薬局に勤める薬剤師さんが該当する。(調剤併設ドラッグストアの調剤部門に属する薬剤師も同じ)

タコちゅけ

なるほどでちゅね。

じゃぁ、保険について勉強したいでちゅ!!でも・・・どこから勉強していけばいいのかもわからないでしゅ。

・・・先生、がんばってついていきますので、教えてください!!!

けいしゅけ

タコちゅけ、アツいやないか。

その情熱に答えるわ!!

「ゼロから保険の勉強を始める人」にも分かるように丁寧に説明していこうと思うっ!!

もしかすると、保険は勉強するべきだとわかっていながらも躊躇しておられる先生方もおられるかもしれません。

もしよかったら、この記事を読んだのも何かの縁。

一緒に保険の勉強を始めませんか?

保険を勉強するにあたって参考図書としてオススメ☆彡

1. 調剤技術料って何ですか?

それでは、調剤報酬点数表に書かれている用語を理解していくに当たり、大枠をまず理解していきましょう。

けいしゅけ

調剤技術料っていうのはね、

1.薬局における基本的な調剤体制を評価した調剤基本料

2.調剤料

の2本柱によって構成されるものやで☆

主に薬局におけるハード面に付く点数、そして薬剤師の調剤「技術」に付く点数と思えばいいよ。

つまり対業務・スキルに対する点数や。

ほんじゃあそれぞれについて詳しく勉強を進めて行こうや🎵

1-1. 調剤基本料

基本的に抑えておきたい基礎知識は上記の6項目や。

調剤基本料の点数や要件については、「調剤報酬点数表」の記事の中で詳しく説明しているのでそちらを参照してください。

調剤報酬点数表2018-2020
調剤報酬点数表【2018年調剤報酬改定版・疑義解釈付き】を作ったで!
処方箋受付枚数と処方箋受付回数の違いとは?集中率って何ですか?また、それぞれの計算方法を教えてください!
処方せん受付枚数と受付回数の違い、集中率とは?何のためにカウント・計算するの?
妥結率ってなんですか?
妥結率って何?どう計算するの?調剤報酬改定のたびに気になる用語を解説するで!
「地域支援体制加算」が新設!廃止される基準調剤加算との違いとは??
「地域支援体制加算」が新設されたので算定要件と施設基準をまとめます!基準調剤加算は廃止やで!
後発医薬品調剤体制加算って何ですか?
後発医薬品調剤体制加算って何ですか?
後発品置換率75%達成は可能だ!3つの策を教えます
後発品置換率75%達成へ向け3つの策を考えてみた

1-2. 調剤料

これら9項目についてそれぞれ記事を書こうと思います。

内服調剤料の算定 計算方法を完全に理解しよう!
内服薬調剤料の計算方法をたった30分で理解する!
一包化加算の算定要件と点数計算を完全マスター!
一包化加算の勉強や!算定要件や点数、具体例を6つのQ&Aで理解しよっ!
計量混合加算の算定 ・計算方法を完全に理解しよう!
計量混合加算の算定要件をたった30分で理解する!!
自家製剤加算の算定要件と点数計算を完全マスター!
自家製剤加算の算定要件は30分で理解できる!8つの処方例を紹介
夜間・休日等加算、時間外加算、休日加算、深夜加算の算定要件の備忘録
夜間・休日等加算、時間外加算、休日加算、深夜加算の算定要件の備忘録

1-3. 分割調剤

最後に分割調剤について書いていきます。2018年の診療報酬改定で分轄調剤に関する処方箋の様式が作られるなど、ちょっと注目度の高いものではないでしょうか?

スグに日常にあふれる調剤行為となることは予想できませんが、知っておく必要は大いにあるように思いますのでまとめます。

医師の指示による分割調剤って何ですか?算定要件やポイントを教えてください。
医師の指示による分割調剤の処方箋を受け付けた時の算定点数は?

2. 薬学管理料って何ですか?

けいしゅけ

薬学管理料とは?

これはね、調剤基本料や調剤料とは別に、

薬剤師による薬学的. 管理、服薬指導、情報提供、在宅医療への取り組み

これらを評価しているものやねん。

薬学管理料については薬剤師による医療介入に対する点数と考えたら良いわ。

業務・スキルが評価されているって感じやね。

2-1.  薬剤服用歴管理指導料

以上の4点が薬剤服用歴管理指導料に係る点数や。ちょっとまだ記事が充実していないのでショボイですが、きっちり記事を充実させていきますので少々お待ちください!!!

 

重複投薬・相互作用等防止加算を算定できるパターンを整理しよう
重複投薬・相互作用等防止加算を算定できるパターンや算定例とは!?

2-2. かかりつけ薬剤師指導料、かかりつけ薬剤師包括管理料

かかりつけ薬剤師に関する記事へのリンクを貼ります。

記事を作成中ですので、完成したらコチラに表示します。

少々お待ちください!

2-3. 服薬情報提供料

服薬情報等提供料(トレーシングレポート)って何ですか?情報提供書はダウンロードできる?

服薬情報等提供料(トレーシングレポート)って何ですか? 算定のポイントは?
服薬情報等提供料(トレーシングレポート)って何?書式をダウンロードし、算定例を確認や!

2-4. 外来服薬支援料

外来服薬支援料って 何ですか? 算定のポイントは?

外来服薬支援料って 何ですか? 算定のポイントは?
外来服薬支援料って 何ですか? 算定のポイントは?

2-5. 服用薬剤調整支援料

服用薬剤調整支援料って何ですか?算定要件に関する4つのポイント

服用薬剤調整支援料って何ですか?算定要件やポイントは?レセプトはどう作るの?
服用薬剤調整支援料って何ですか?算定要件に関する4つのポイント

2-6. 在宅患者訪問薬剤管理指導料

  • 在宅患者訪問薬剤管理指導料
  • 麻薬管理指導加算

について記事を作成しましたらリンクを貼らせていただきます。

現在記事を作成中の為、少々お待ちください!

2-7. 退院時共同指導料

記事作成中

保険薬剤師に「保険」の勉強って必要です!

いかがでしたか?

まだまだ完全な記事にはなっていませんので、「どうでしたか?」と聞くのもアレですが・・・。

全て通して保険を学ぶと、調剤薬局での日常業務において「この場合、保険的にはどうするべきか?」と迷うようなときって多いと思います。そこでの判断をするための根拠となるのが「保険の知識」やと思います。

とっつきにくいものですが、一度わかってしまえばこっちのもの。強力なあなたの味方になってくれるでしょう。

是非ともこちらのページをブックマークして、ちょっと思い返したいな!とおもったときには見返してください。

けいしゅけ

今回の記事はいかがでしたか? アナタのお役に立てていれば幸いです!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆

待ってます!!

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!