スポンサーリンク

薬剤師転職。オススメは大手転職サイト?個人経営転職会社?

転職は大手サイト?個人サイト?あなたはどちらを選ぶ?

スポンサーリンク

今回は薬剤師につきものの転職について。

薬剤師は3年から5年で転職する方が多いとされてるねんけど知ってる?

10年間で見ればほとんどの薬剤師が1度は転職をするのがスタンダードって感じになっているわけや。

なぜなら、国家資格者である薬剤師は転職において引く手あまたなので、年収アップが狙えるからっていうのがこの世界の共通認識。

そのため、こうした状況が生まれていると考えられる。そしてネットを見てみると、

薬剤師向け転職サイトは多い!!

大手でいえば

などが有名でしょうか。

一方で個人経営の転職エージェント会社もあります。

けいしゅけはどちらも利用した経験があります(つまり転職は2度以上しているということや。てへ☆)そんな経験をもとに具体的かつ、有益な情報提供ができればと思います。
それではいってみよう!!

おおまかな内容は以下の通り(ダイジェスト)
⇒大手は書類添削や企業紹介の案件数が多い一方で、面接同行がなかった。しかしあらかじめ面接先の企業に連絡してくれているので実際に面接してからのフォローも間接的ながらバッチリしてくれた。
⇒個人企業は以外にも企業紹介の案件は少なくなく、面接同行があり、給与交渉も直接してくれた。

大手会社の場合⇒やはり大手は物件が多い ひとまず登録するならこっち!

けいしゅけさん、どのサイトを使ったの?

私が使ったのはリクナビ薬剤師です。M3.comにも登録はしましたが利用しませんでした。

理由としては、M3は電話連絡がしつこかったから。また、転職させることが目的であるって感じがしたので嫌気がさして利用せぇへんかった。

その点、同じ大手でもリクナビ薬剤師は無理やり転職させようといった対応はなく、転職理由をまずじっくりと聞いてくれて現在の職場で続けることが難しい理由をしっかりと考えさせてくれました。

おかげで、ただ単に人間関係がいやだ!とか、業務がキツイ!といった逃げの転職をせずに済んだと思います。

企業の紹介の前にどんなことをしてくれた?

ちなみに私が転職する際に辞めたいと思ったのは以下の理由があったのです。

  1. 在宅業務が主流になっていくだろうと思われるのに所属会社は全く在宅業務をやろうとしなかった。そのためこのまま長くいると薬剤師として時代に乗り遅れるのが予想された
  2. 経営者の周りの上層部も経営者の家族が登場し始めた⇒ただの一族経営会社になってきた。

この二つは会社がダメになっていく典型例に思うねん。

そんな泥船会社に乗り続けるリスクを負うのは雇用される立場としては賢くないと思いました。

よって転職理由としては以下をあげました。

  1. 在宅業務を積極的に行っているところ
  2. 一族経営のような経営体質でないこと
  3. 大手ではないが、社長のワンマン経営ではなく、組織をなしている会社であること

こうした理由の整理をリクナビ薬剤師の担当エージェントさんはしっかり電話で付き合ってくれました。

私が住んでいるのは大阪で、エージェントさんは東京にいますので電話対応なのは仕方がありませんし、そこに私は不満はありませんでした。

そして、履歴書の添削もリクナビ薬剤師は行ってくださったのが有り難かった。書き上げた履歴書をファックスまたはメールにて送ると、文章の添削を行ってくれるのです。

言い回しの表現を添削によって変えてもらうことで、面接に臨むにあたって不安のない履歴書を書き上げることができました。

具体的にどんな企業の紹介をしてくれた?

これまでの記載の流れから、およそどういった規模でどういった会社がおすすめなのかをエージェントさんが把握し、メールにて10件ほど紹介してくださいました。

それぞれの会社の規模や業務内容の概要、年収などの条件面などを教えてくれました。

紹介してくださる会社の規模は大手(中央メディカルなど)から中小まで幅広かったので、案件の持っている数は間違いなく多いこと請け合いでした。

面接や面接後の対応はどうだった?

面接にエージェントさんは同行しません。

大阪のような都市でも同行なしでしたので、東京以外では同行はないのかもしれませんね。

しかし、事前の添削などがしっかりしているので、あまり不都合はありませんでした。ただ、面接で緊張しすぎてしまう方やうまく話せない人は同行がある方がいいでしょうね。

ちなみに面接後のフォローもしっかりしており、合否や条件面の調整はリクナビ薬剤師が面接企業とやりとりしてくれますので、条件面の調整などはお任せできました。

ちなみに私の場合は年収は上がりましたし、望み通り在宅業務をガッチリ行う会社に入ることができました。

満足度は◎でしたね。

 

個人事業の業者は面接同行をしてくれるので安心

どのサイトを使った?

私が使ったのはインターメディコという会社です。東京に本社があり、社長が直接エージェントをされている会社でした。

企業の紹介の前にどんなことをしてくれた?

とりあえず、一緒に食事に行き、辞めたい理由や次の会社では何がしたいのか?

どんな条件で働きたいのか?など大手と変わらない流れで話を詰めていきました。

満足度が高かったのは直接会ってなんでも話せるところでした。顔が見えるので安心感がありました。

ちなみに、履歴書の添削はなしでしたが、簡単にチェックはしてくれました。

具体的にどんな企業の紹介をしてくれた?

メールにて10件ほど紹介してくださいました。それぞれの会社の規模や業務内容の概要、年収などの条件面などを教えてくれました。

紹介してくださる会社の規模は大手から中小まで幅広かったので、案件の持っている数は意外にも多かったのには驚きました。

ちなみに紹介してくださるのは社長の人柄がいいところをインターメディコは大事にしていましたので、変な会社はありませんでした。

面接や面接後の対応はどうだった?

面接に同行してくれました。社長と談笑しながら面接を行えるのでリラックスできましたよ。

面接で緊張しすぎてしまう方やうまく話せない人にはオススメと言えます。

ちなみに面接後のフォローもしっかりしており、合否や条件面の調整は大手と同じでエージェントさんが面接企業とやりとりしてくれますので、条件面の調整などはお任せできました。

ちなみに私の場合、やはり年収は上がりましたし、望み通りの条件を満たす会社に入ることができました。

こちらも満足度は◎でしたね。

結局どちらがオススメか?

しっかりと辞める理由があり(感情論や逃げの転職ではない、理屈のとおった理由がある)、次に求める条件も明確になっている。そして面接も一人でも問題なく行ける!という人は大手がオススメといえそうです。

やはり案件数が違いますし、条件面交渉で大手の会社は強いのかなぁと思います。これは私の主観にすぎませんが。

ただ、大手だけに変な会社を紹介すると企業イメージが落ちますので、そういった面においても大手転職会社はしっかりとした企業を紹介してくれる確率が高いといえるでしょう。

一方で、手取り足取り補助してもらいながら転職を進めたい、転職に不慣れな方は個人経営の転職会社がオススメできるかもしれません。

なにせ直接会って話ができますし、面接もついてきてくれます。個人同士の付き合いもできますので、転職後もエージェントさんとのつながりは保てます。もし入った会社が思っていたのと違った場合には相談しやすいかもしれません。

そんなこんなで進めてきました。最後にまとめ

結論。どっちもオススメ。

転職するあなたの性格や転職に対するビジョンに応じて使い分けるのが正解と思います。

 

最後にオススメサイトを紹介して終わろうか

転職の話をしてきましたが参考になりましたか?
現在はかかりつけ薬剤師などの微妙な制度がはじまったことによって転職がちょっとしづらい傾向にありますよね?

しかし、最終的に薬剤師としてあなたが身に付けたい能力が今いる会社では得られそうにないのならば、転職するのはアリでしょう!むしろするべきとも言えます。

攻めの転職はガンガンいっちゃいましょう!

かといって、一度転職したら最低でも3~5年は働きましょうね。

でないと何も得られないまま次の転職を迎えることになります。

そんな人を評価する会社はないでしょうから、転職を通じて年収ダウンになりかねません。

転職したら、とりあえず今の自分より3つくらいは技能を身に付けましょう!

それなら次の転職の際もアピールできることができるので年収アップも望めますし、さらなる技能獲得を狙った攻めの転職が成功しやすいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

登録をオススメできるサイトのリンクを集めておきました!(M3は外したで)

スポンサーリンク



転職は大手サイト?個人サイト?あなたはどちらを選ぶ?

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!