Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c2411704/public_html/keisyuke-blogyakkyoku.xyz/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
新着記事をチェック☆

ヒルドイドと同じ成分の市販薬が売っているので紹介させてほしい

ヒルドイドと同じ成分の市販薬

夏場のエアコン、冬場の空気の乾燥…。お肌の乾燥が気になるので良い保湿剤がほしい!

そうしたニーズに女性誌が美容アイテムとして紹介したことから、本来の処方目的から外れて処方が増えてしまったのがヒルドイドや。

2018年において、ヒルドイドは1gあたり22.20円の薬価がついている。1本25gのチューブ4本なら100g 2,220円ってことになる。

3割負担で保険診療を利用すると窓口負担額は670円で済むねんけど、残りの7割である1,550円はアナタのお財布から出て行かないものの、支払っていないわけではないねん!残りの1,550円…これは僕たちが支払っている税金で賄われる。

決して”ヒルドイドは皮膚科に行くことで安く手に入れることができる美容アイテムなんかじゃない”ことを読者の方には知ってほしい。

でもヒルドイドって保湿クリームとして優れてますよね?使いたいんですけど。
皮膚科に行かずして手に入る方法がわかりません。どうしたらいいのでしょうか?

はい、ヒルドイドは保湿剤として優れていることは確かです。ヒルドイドを使うことが悪いんじゃなく、保険診療を利用することが問題だということを理解して下さい。
皮膚科に行かなくても手に入る方法があります。市販薬で売ってるのでそちらを利用しましょう。
実はヒルドイドと同じ成分・同じ配合量の商品が売っていますから、紹介させていただきますね☆

ヒルドイドと同じ成分・含有量の市販薬を紹介します!

それでは、ヒルドイドと同じ成分・含有量の市販薬を紹介しましょう


けいしゅけ

このヘパドロイド油性クリーム(第2類 医薬品)が最もオススメです。

理由は2つあります。

①メーカー希望小売価格が1g22円であり、処方箋薬のヒルドイドの22.20円とほぼ同じ価格やから

②パッケージがメッチャ可愛いから(ココ重要☆)

効能・効果

手指の荒れ、肘・膝・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、しもやけ(ただれを除く)、着ず・やけどの痕のしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・捻挫後の腫れ・筋肉痛・関節痛

成分(100g中)

ヘパリン類似物質0.3g

用法・用量

1日1~数回、適量を患部に擦り込むか、ガーゼなどに伸ばして貼る

タコちゅけ

しっかりと表示されてまちゅね。ホンマにヒルドイドと同じ使い方ができることがわかりましゅ。

パッケージ、子供ちゃんが喜びそうでちゅね🎵

けいしゅけ

うん、メッチャ可愛いね☆このパッケージ、奥さんに買って帰ったらすんごい喜んでもらえたわ。

冬場にプレゼントとして渡したら笑顔になってもらえそうや(●´ω`●)

市販薬、侮るべからずやなぁ。


他にはないのん?と思われる方のために別の商品も紹介します☆

けいしゅけ

小林製薬のヒシモア

こちらは30gでメーカー希望小売価格は1,400円(1gあたり46.7円)

ヘパリン類似物質以外にかゆみ止め成分のジフェンヒドラミンとガンマオリザノール(抗酸化作用がある)が配合されてるわ。

効能・効果

乾皮症、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、小児の乾燥性皮ふ、手指の荒れ、しもやけ(ただれを除く)、やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛

手指の荒れ、肘・膝・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、しもやけ(ただれを除く)、着ず・やけどの痕のしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後の腫れ・筋肉痛・関節痛

成分(100g中)

ヘパリン類似物質0.3g、ジフェンヒドラミン0.5g、ガンマ-オリザノール1.0g

用法・用量

1日1~数回、適量を患部に擦り込むか、ガーゼなどに伸ばして貼る


タコちゅけ

こちらも、使い方は同じでちゅね。

けいしゅけ

そやね。コストパフォーマンスとパッケージの可愛さではヘパドロイドに軍配が上がる印象や

ヒルドイドと同じ成分の市販薬はあります!最後に記事まとめ

ヒルドイドは保湿剤として使うのであれば保険診療を受けるべきではない。これは中医協でも議論されたことでした。

平成30年1月24日 ヒルドイドの処方に関する中医協で示された方針

平成30年1月24日 ヒルドイドの処方に関する中医協で示された方針

冒頭でも書いた通り、「保険診療を受けると安く薬がもらえる」というのはただの”思い込み”に過ぎません。税金を支払うという形でキッチリ支払うことになります。それであれば、診察を受けに行く手間や時間を節約できるメリットもある市販薬で対処するのが最もコストパフォーマンスは高いように思えます。

そこでおすすめしたのが、ヘパドロイド油性クリームでした。

ヒルドイドソフト軟膏と成分も配合量も同じで、1gあたりの値段は0.2円安い22円です。

パッケージは非常に可愛いので、プレゼントにも良いですね🎵今年の冬からは市販薬でヒルドイドを手に入れるという習慣を提案して記事を閉めようと思います。

ちなみに、白色ワセリンやニベアクリームといった保湿アイテムは安くて保湿効果が高いので併せて使用すると良いかもしれないですね。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ

”この記事、ええやん!”って思っていただけたなら、はてなブックマークをつけたり、記事をTwitterやFacebookで拡散していただけるとピョンピョン跳ねて喜びます!!

もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローしたって下さい🍀

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね
タコちゅけ

この記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など大募集していまちゅ!!

「おもしろかったでしゅ!!」といった一言もとっても嬉しいでしゅ☆ よろしくおねがいいたしまちゅ💛

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!