MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

腎機能が落ちカリウム値が上昇した患者さんに重曹錠が処方された理由

腎機能が低下し,カリウム値が上昇した患者さんに重曹錠が処方されることがある。
これ,なんでやろか?ということで勉強したことをメモとして残しておこうと思う。

要点メモ
  • 腎機能が落ちることにより,代謝性アシドーシスが起こりやすくなる
  • 代謝性アシドーシスになることで,カリウム値が上がりやすくなる
  • 長期的にアシドーシスが続くと,骨の緩衝系が働いて骨が溶けてしまうなど骨代謝に悪影響が出る
  • アシドーシスにより腎臓でエンドセリンの産生が増える,アンモニアの排泄が尿細管空内に増えた結果として尿細管障害を起こす。その結果として腎機能障害を進展させる
  • 重曹錠はアシドーシスを改善する➤カリウム値が下がる・骨代謝への悪影響を抑える・腎保護になる
  • 重曹に含まれるNaが血圧を上昇させる可能性がある(特に血圧に影響しなかったというデータは存在している)

*1. 参考 Bicarbonate Supplementation Slows Progression of CKD and Improves Nutritional StatusJASN September 2009, 20 (9) 2075-2084; DOI: https://doi.org/10.1681/ASN.2008111205

*2. 参考 Short- and Long-Term Effects of Alkali Therapy in Chronic Kidney Disease: A Systematic ReviewPubMed Central (PMC)

*3. 参考 代謝性アシドーシス - 10. 内分泌疾患と代謝性疾患 - MSDマニュアル プロフェッショナル版MSDマニュアル プロフェッショナル版

*4. 参考 炭酸水素ナトリウム添付文書扶桑薬品工業株式会社 [kjk_temp id=”5491″]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事の感想など,ひとこと頂けますか?

コメントする

目次
閉じる