MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

スローケーの代替処方提案はカリウムmEq数だけでは決められない

スローケー®が販売中止になり,代替薬としてすぐに浮かぶジェネリック医薬品のケーサプライ®は急激な需要増加によって供給が滞っている…。さて,代替薬としてなにを医師に提案すべきやろう?って悩む薬剤師さんは多いんちゃうやろか?

カリウム製剤を考える時にカリウムのミリ当量数(=mEq)を計算するだけで良いのかを考えると,そうでもなさそうやねん。

無機カリウム製剤と有機カリウム製剤の違いを知った上で判断が必要となるので情報をまとめていきます。

目次

スローケーのジェネリックはなぜ供給が滞っているのか?

冒頭で書いた通り,スローケー®のジェネリック医薬品を代替品として調剤すればひとまず問題をクリアできると考えた方は多いと思うねんけども,発注しても納品されない…。

なぜか。

実はケーサプライ®に需要が集中してしまった為,製造が追いつかない状況になってしまっているねん。

データを見ると製造が追いつかないことに納得できるかもしれない。

医薬品名 単位 薬価基準収載
医薬品コード
薬価 後発品
区分
総計
スローケー錠600mg 3229002G1066 6.6 0 28,042,263
ケーサプライ錠600mg 3229002G1074 5.6 1 8,011,474

厚生労働省が発表している医薬品の院外処方量をまとめたデータ(第3回NDBオープンデータ)によると,スローケーは2800万錠に対してケーサプライは800万錠となっている。スローケーが無くなり,みんなケーサプライで賄おうとすると2800万錠を増産する必要があるわけやけど…。これまでの4.5倍も製造するのは厳しいわな。

じゃあ,スローケーを飲んでいる目の前の患者さんは次回から何を飲んでもらえば良いんやろうか?医師に処方提案すると仮定してみて,代替品を検討してみよう☆

スローケー以外のカリウム製剤を調べてみる

スローケーとそのジェネリックであるケーサプライが使えない状況になってしまった場合,まずは他にどんなカリウム製剤があるんか調べなきゃ始まらへん。

ちゅうわけで調べてみる。

一般名 商品販売名 カリウム含量
無機カリウム製剤 塩化カリウム製剤 スローケー錠 600mg 8 mEq/錠
ケーサプライ錠 600mg 8 mEq/錠
K.C.L.エリキシル(10W/V%) 10% 1.34 mEq/mL
K.C.L.点滴液 15% 2 mEq/mL
塩化カリウム「日医工」 13.4 mEq/g
塩化カリウム「フソー」 13.4 mEq/g
塩化カリウム「ヤマゼン」 13.4 mEq/g
有機酸カリウム製剤 L-アスパラギン酸カリウム アスパラカリウム錠 300mg 1.8 mEq/錠
アスケート錠 300mg 1.8 mEq/錠
アスパラカリウム散 50% 2.9 mEq/g
グルコン酸カリウム グルコン酸K錠 5 mEq 5 mEq/錠
グルコン酸K錠 2.5 mEq 2.5 mEq/錠
グルコン酸K細粒 4 mEq/g 4 mEq/g
けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

ざっくりとした情報はこれで得られたね。

スローケーの代替調剤を単純にカリウムmEq数計算でやっちゃダメ!

たこちゅけ
カリウム量としてのmEqが等価になるようにすればOKでちゅか??

[/ふきだし]
けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

いや,そう単純な話ではないわ。無機カリウム製剤と有機酸カリウム製剤って分けてるやろ?あっこが大事やねん。

詳しくはMSDマニュアルを読んでいただくとして,嘔吐なんかで多くの酸を体が失ったことによって(胃酸は塩酸HClを含むから,体はCl⁻を失っている)生じる代謝性アルカローシスには,塩化カリウム(KCl)製剤を使わんとカリウム値が正常に戻りにくかったりするねん。

逆に,代謝性アシドーシスの場合には,体にCl⁻が蓄積していることがある。 ここで低カリウム血症を発症したならば,塩化カリウム製剤は適さない。つまり有機酸カリウム製剤をチョイスするんがベターやろうってわかるわけ。

ちなみに, L-アスパラギン酸カリウム製剤は塩化カリウム製剤に比べてカリウムが細胞内に移行しやすいねん。そやから,スローケー®からアスパラカリウム®に変更する場合はmEq数を同じ量にすりゃOK!じゃないで

・・・っちゅうわけで,塩化カリウム製剤であるスローケーからグルコン酸Kに変更したり,アスパラカリウム製剤に変更する場合には注意が必要だってわかるよね?

タコちゅけ
なるほどっ!ここまでの話は理解できたでしゅ。

……思っていたより単純な話じゃないんでちゅね!!

[/ふきだし]
けいしゅけ
そーゆーこっちゃね。

[/ふきだし]