Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c2411704/public_html/keisyuke-blogyakkyoku.xyz/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
新着記事をチェック☆

スローケーの代替として考えられる処方は何だろう?

スローケーが販売中止 ケーサプライは出荷調整 何を使えばいいんやろ?

スローケーという商品名で知られるカリウムを補充するための薬が販売中止になってもた!どういうことかと言うと、読んで字のごとくや。全国的に在庫がゼロになってしまってん。これから医師が処方箋にスローケー錠600mgと書いたところで、スローケーは手に入らない。んじゃどうするか?通常、このスローケーのジェネリック医薬品を代替品として調剤すればひとまず問題をクリアできると考えるねん。

が、しかし。

ジェネリック医薬品はケーサプライ®っていう商品があるだけ。考えることはみんな同じやから、ケーサプライに需要が集中してしまった為、製造が追いつかない状況になってしまっているねん。データを見ると製造が追いつかないのは明白や。

医薬品名単位薬価基準収載
医薬品コード
薬価後発品
区分
総計
スローケー錠600mg3229002G10666.6028,042,263
ケーサプライ錠600mg3229002G10745.618,011,474

厚生労働省が発表している医薬品の院外処方量をまとめたデータ(第3回NDBオープンデータ)によると、スローケーは2800万錠に対してケーサプライは800万錠となっている。スローケーが無くなり、みんなケーサプライで賄おうとすると2800万錠を増産する必要があるわけやけど…。これまでの4.5倍も製造するのは厳しいわな。

じゃあ、スローケーを飲んでいる目の前の患者さんは次回から何を飲んでもらえば良いんやろうか?医師に処方提案すると仮定してみて、代替品を検討してみようと思うで☆

スローケー以外のカリウム製剤を調べてみる

スローケーとそのジェネリックであるケーサプライが使えない状況になってしまった場合、まずは他にどんなカリウム製剤があるんか調べなきゃ始まらへん。

ちゅうわけで調べてみる。

 一般名商品販売名カリウム含量
無機カリウム製剤塩化カリウム製剤スローケー錠 600mg8 mEq/錠
ケーサプライ錠 600mg8 mEq/錠
K.C.L.エリキシル(10W/V%) 10%1.34 mEq/mL
K.C.L.点滴液 15% 2 mEq/mL
塩化カリウム「日医工」13.4 mEq/g
塩化カリウム「フソー」13.4 mEq/g
塩化カリウム「ヤマゼン」13.4 mEq/g
有機酸カリウム製剤L-アスパラギン酸カリウムアスパラカリウム錠 300mg1.8 mEq/錠
アスケート錠 300mg1.8 mEq/錠
アスパラカリウム散 50%2.9 mEq/g
グルコン酸カリウムグルコン酸K錠 5 mEq5 mEq/錠
グルコン酸K錠 2.5 mEq2.5 mEq/錠
グルコン酸K細粒 4 mEq/g4 mEq/g
けいしゅけ

ざっくりとした情報はこれで得られたね。

スローケーの大体調剤を単純にカリウムmEq数計算でやっちゃダメ!

たこちゅけ

カリウム量としてのmEqが等価になるようにすればOKでちゅか??

けいしゅけ

いや、そう単純な話ではないわ。

無機カリウム製剤と有機酸カリウム製剤って分けてるやろ?あっこが大事やねん。

詳しくはMSDマニュアルを読んでいただくとして、嘔吐なんかで多くの酸を体が失ったことによって(胃酸は塩酸HClを含むから、体はCl⁻を失っている)生じる代謝性アルカローシスには、塩化カリウム(KCl)製剤を使わんとカリウム値が正常に戻りにくかったりするねん。

逆に、代謝性アシドーシスの場合には、体にCl⁻が蓄積していることがある。 ここで低カリウム血症を発症したならば、塩化カリウム製剤は適さない。つまり有機酸カリウム製剤をチョイスするんがベターやろうってわかるわけ。

ちなみに、 L-アスパラギン酸カリウム製剤は塩化カリウム製剤に比べてカリウムが細胞内に移行しやすいねん。そやから、スローケー®からアスパラカリウム®に変更する場合はmEq数を同じ量にすりゃOK!じゃないで

・・・っちゅうわけで、塩化カリウム製剤であるスローケーからグルコン酸Kに変更したり、アスパラカリウム製剤に変更する場合には注意が必要だってわかるよね?

タコちゅけ

なるほどっ!ここまでの話は理解できたでしゅ。

……思っていたより単純な話じゃないんでちゅね!!

けいしゅけ

そーゆーこっちゃね。

たこちゅけ

ともすれば、スローケーが使えないから何を使う?と迷っちゃいましゅ。

塩化カリウム粉末製剤をカリウムのmEqを合わせて調剤するのが良いんでちゅか??

けいしゅけ

そこ悩ましいよなぁ。

もしも代謝性アルカローシスで低カリウム血症やとわかってるんなら、Cl⁻を補充しつつカリウムを補充したい。つまり、タコちゅけの言うとおりにすればいいはずや。

でもさ、そこまで分からない状況だったらどうか?(ってかほとんどがそうやろうし)も検討しておいた方が良いね☆

タコちゅけ

う~ん…。

スローケーが販売中止、ケーサプライも入ってこない。患者さんが低カリウム血症であることはわかるものの、アシドーシス/アルカローシスについては不明。

それなら、グルコン酸K錠でmEq数を近似した錠数でひとまず処方提案。その後のカリウム値の動向をモニタリングっていうのはどうでちゅか?

けいしゅけ

エエんちゃうかな?

少なくとも、アスパラカリウム錠に変更するとすれば、用量が手探りになるもんね。僕もドクターに提案しやすいのはグルコン酸Kやと考えてるわ。

ちなみに、仮に粉薬になってもエエで🎵って患者さんなら塩化カリウムの粉末製剤で処方提案するのも頭の片隅にはおいておくと良いかも~と思ってたりする。

タコちゅけ

スローケーからの変更って、薬局薬剤師と病院薬剤師さんやクリニックドクターとの情報のやり取りが大事な気がしましゅ☆

けいしゅけ

ホンマやね!!こういった時こそ、連携が大事になるって僕も思うわ!!さぁ、トレーシングレポートでも書こうか☆


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ

”この記事、ええやん!”って思っていただけたなら、はてなブックマークをつけたり、記事をTwitterやFacebookで拡散していただけるとピョンピョン跳ねて喜びます!!

もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローしたって下さい🍀

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね
タコちゅけ

この記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など大募集していまちゅ!!

「おもしろかったでしゅ!!」といった一言もとっても嬉しいでしゅ☆ よろしくおねがいいたしまちゅ💛

けいしゅけが購読している3つのサイト(すべて無料)

  • 日経DIオンライン 登録して知の巨人のコラムを読みたおせっ

    薬局にも届く日経ドラッグインフォメーションの冊子のオンライン版。コンテンツは冊子よりも充実してるでっ!!

    評価
    おすすめポイントコラム著者が知の巨人
    特徴日経らしく硬派な内容

    もはや説明不要!ソクラテス先生や青島先生と言った知の巨人たちのコラムはもちろん、サイトコンテンツには薬剤師として興味のあるものがたくさん!

  • PharmaTribune 現場薬剤師の声がコラムになっているから共感必至☆

    薬剤師や薬学生向けに、業務に役立つ臨床や基礎医学、薬剤知識から、コミュニケーションスキルや医療ニュースなどを配信する情報サイト

    評価
    おすすめポイントい、いちおう僕もコラムを書いてますっ!
    特徴とにかく現場目線のコンテンツ

    現場薬剤師の活躍が手に取るようにわかる。コラムの中には「現場」がある。臨場感あふれる記事たちに心奪われてしまうでしょう☆

  • m3.com 無料登録でe-ラーニング割引やニュースランキング閲覧権利をGet!

    ◎e-ラーニングが1講座3単位1000円で受講できるようになるで! ◎薬剤師が興味のある医療ニュースがいつでも閲覧可能や!

    評価
    おすすめポイントe-ラーニングが1講座3単位1000円
    特徴登録無料で学習コンテンツ利用可能

    転職サイトと思って登録しないのは勿体ないで! だって、e-ラーニングが1講座3単位1000円で受講できるようになるねんで?さらに、薬剤師が読んだ医療ニュースランキングがいつでも閲覧可能や。Yahooニュース感覚で医療ニュースが読めるでっ!

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!