けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

服薬情報等提供料(トレーシングレポート)って何?書式をダウンロードし、算定例を確認や!

服薬情報等提供料(トレーシングレポート)って何ですか? 算定のポイントは?

まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆

調剤報酬点数表【2018年調剤報酬改定資料】を作ったで!の記事のとおり、今回の診療報酬改定の調剤の部分(調剤報酬改定)で地域支援体制加算が新設されました。そして厄介なことに調剤基本料1をとれない薬局は、薬剤師1人あたり1年間に8つの加算をすべて算定しやんとあきません(*調剤報酬点数表【2018年調剤報酬改定資料】参照)。

タコちゅけ

ちなみに服薬情報等提供料を薬剤師1人あたり年間で何回算定すれば、調剤基本料1以外の薬局が地域支援体制加算を取れる条件のひとつをクリアできるんでちゅか?

けいしゅけ

必要な服薬情報等提供料の算定回数は60回 / 年間や。

タコちゅけ

外来服薬支援料に続いて、むっちゃ無理ゲーじゃないでちゅかぁぁぁ

けいしゅけ

あほぅ!!やるしかないんじゃ!

ええか、タコちゅけ。正味無理ゲーなんは誰もがわかっとるわ。しかしやな、最初っから諦めてなんもせぇへんかったらそれこそ「薬局なんていらねぇ」論をゴリ押しされてまうやないか。

あがくんや。

とにかくあがいてあがいて、やれるだけの実績を作ってみるんや!次回の改定で薬局が責められたとき、数字で実績を示して反論するためにもあがく必要があるんよ。

もしも条件クリアができた時には「アホか!薬剤師がどんだけ活躍したと思とんねや!この数字を目ん玉開いてよぅ見んかい!」と言うたったらええやん。残念ながら条件クリアならずだったとしても、「結果的にはダメでしたが、僕たちはキッチリ行動してきたんでっせ!実績はこの通りです!」と言うて議論できるようにしようや。
「無理ゲーや。」っちゅうて、なぁんも行動しやんと実績残さなかったら、それこそ「薬局は不要やと批判してくれなはれ!!」と言うてるようなもんやわ。

タコちゅけ

了解でちゅ!!!燃えてきました!!

先生、早く算定方法やったり実際に算定するにあたってのポイントをまとめていきましょう!!

けいしゅけ

よっしゃ、目ぇに炎が燈ったやんタコちゅけ。

ほんだら、いっちょまとめていくでっ!!

目次やで

服薬情報等提供料って何ですか?

服薬情報等提供料とは何ですか?

服薬情報提供料は、患者さんの飲んでいる薬や、服薬状況に関する情報を把握することです。
そして、その情報を患者さんやその家族、または処方医に情報提供することで、
医師の処方設計及び患者の服薬の継続・中断の判断の参考とするなど、医師と連携した医薬品の適正使用の推進のための情報提供を評価したものです。

続けて質問です。お答えの中にある「服薬状況」ってどんな状況ですか?具体的に教えてください。

ここでいう「服薬状況」とは、
① 患者さんがお薬を用法及び用量に従って服薬しているかどうかに関する状況(残薬はないか?指示通り飲んでるか?ほかにサプリメントなどを飲んでいたりしないか?など)
② お薬を飲んでいる期間に体調の変化など、患者さんからの訴えに関する情報
などを指します。
患者さんに自覚症状がある場合、その自覚症状がお薬の副作用によるものかどうかに分析した結果も含めて情報提供することなっています。また、患者さんに対する服薬指導は、この分析結果を踏まえたものとします。
なお、患者の自覚症状の分析に当たっては、「重篤副作用疾患別対応マニュアル」(厚生労働省)等を参考とすることが望ましいと考えます。

服薬情報等提供料の点数と算定要件って何ですか?

[2018調剤報酬改定より]服薬情報等提供料の点数は以下の通りです。

  1. 服薬情報等提供料1 30点(医療機関からの求めに応じて情報提供した場合)
  2. 服薬情報等提供料2 20点

服薬情報等提供料1と服薬情報等提供料2があるんですね。算定要件の違いって具体的になんですか?

誰からの求めによって算定するかが異なります。

  • 服薬情報等提供料1については、保険医療機関の求めがあった場合において患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も当該患者の服用薬の情報等について把握し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供等した場合に月に1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。
  • 服薬情報等提供料2については、患者若しくはその家族等の求めがあった場合又は保険薬剤師がその必要性を認めた場合において、当該患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。
    なお、保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

服薬情報等提供料の算定はどのタイミングで加算入力すればいいのですか?服薬期間中だった場合、服薬情報等提供料だけで入力して会計するんですか?

重要なポイントです。服薬情報等提供料は当該患者さんが次回来局した時に算定します。それゆえに、服薬情報等提供に関する情報提供書を作った時に薬歴には書き記し、算定漏れをしないようメモを残しておきましょう。

服薬情報等提供の料算定要件7つのポイント

それでは服薬情報等提供料を算定するためのポイントをまとめていきます。

1. 2018年改訂から服薬情報等提供料1(30点)と服薬情報等提供料2(20点)の2つに分かれた

違いは誰からの求めに応じたか?

  •  服薬情報等提供料1は、情報提供を保険医療機関から求められた場合
  •  服薬情報等提供料2は、情報提供を患者若しくはその家族等から求められた場合。また、保険薬剤師がその必要性を認めた場合

2. 患者の同意と医療機関への文書による情報提供が必須

患者さんからの同意がなければ、いくら情報提供しようとも算定は出来ません。

医療機関への情報提供は文書で提出することが必須です。

*レセコン会社によっては様式が内蔵されており作りやすいとともに薬歴への自動転載が可能なものがあります。

3. 算定できるのは1医療機関で月に1回のみ

2つの医療機関に受診していて、どちらの医療機関からも求めがあって情報提供した場合(レアケース過ぎる)は、どちらの医療施設に対しても1回ずつの算定できる。

1患者につき2回算定できることになる。(1患者につき月に1回算定と覚えると間違えるので注意が必要!)

4. 服薬情報等提供料は、1カ月間の中でかかりつけ薬剤師指導料、かかりつけ薬剤師包括管理料又は在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している場合には同時に算定できない。(薬剤師指導料などが優先

H28年の疑義解釈、問52で示されています。

服薬情報等提供料について、かかりつけ薬剤師指導料、かかりつけ薬剤師包括管理料又は在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している場合には算定できないこととされているが、同一月内でこれらの指導料等を算定していれば、服薬情報等提供料は算定できないのか。

かかりつけ薬剤師指導料等を算定している月であれば、服薬情報等提供料に相当する業務も当該指導料等の中で行うことになるので、服薬情報等提供料は算定できない。

5. 算定した情報提供内容を薬剤服用歴(薬歴)に記録する必要がある

当然ですが、情報提供を文書で医療機関にしたのですから、証拠を残す必要があります。

薬剤服用歴(薬歴)の登場です。必ず記載しましょう☆

6. 服薬情報等提供料の加算入力をするのは、その患者さんが次に来局した時!

ココが意外とわかりにくいポイントですよね。

服薬情報等提供料は当該患者さんが次回来局した時に算定します。

それゆえに、Point4.で記したように服薬情報等提供に関する情報提供書を作った時に、かならず薬歴に情報提供した旨を書き記して実績の証拠を残すとともに、算定漏れしないようにメモを残すなどしておくのが大事です。

算定漏れをしてレセプト請求しなければ、服薬情報等提供料を行ったという実績が残らないので非常に重要なポイントです!

服薬情報等提供料のレセプト作成時に注意することはありますか?

服薬情報等提供料のレセプト作成をします。何か注意点はありますか?

レセプト摘要欄に「患者の同意を得たうえで、***に関して医療機関に情報提供書をFAX / 郵送した」
こうした一文を入れればOKです。また、調剤録にも同様の内容が記載されるようにしましょう。

 

疑義照会ではないので、処方せんの備考欄に記載する必要はありません。

けいしゅけ

大事やから何回も言うけど、薬歴には絶対に情報提供した内容を書かなあかんで!!

服薬情報等提供料を算定するための書式はダウンロードできますか?

けいしゅけ

いつでも皆さんがダウンロードできるようにダウンロード用PDFファイルへのリンクボタンを用意したで☆

内容は厚労省が発表したものやから間違いのないものでっせ☆

以下のボタンをクリックすることで可能です

服薬情報提供料に係る情報提供書PDF

服薬情報提供料に係る情報提供書Word

服薬情報等提供料を算定する具体例とは?

タコちゅけ

算定要件はわかりました!医師に文書での情報提供をするなんてちょっと緊張しちゃいましゅ・・・。

先生、実際問題、どんな場合に算定できるか具体例を知りたいでちゅ。今のままやと、文書かぁ・・・ちょっとやめとこうかなぁってなってしまいそうでちゅ。

けいしゅけ

確かに文書でのやりとりとなると緊張するね☆

けどタコちゅけ、僕たち薬剤師が存在意義をアピールするのってこういう場面なんじゃないのかな?

に具体例を示していくから、取り組みやすいものから少しずつやっていこうや!

タコちゅけ

はいっ!!!

患者さんやその家族さんからの求めがあり情報提供を実施しました。実は電話での指導だったのですが、これって算定できるんでしょうか?

算定できます。ただし、患者さんに服薬情報等提供料の算定に同意を得ている必要がある。また、次回受付時に再度、服薬状況や患者さんの体調変化などを確認した場合に限ります。

けいしゅけ

過去の疑義解釈に会ったQ&Aやねんけど、これってけっこうよくあることやねん。

ただね、患者さんからの電話連絡で質問を受けて情報提供した時に、「っていうことで始動したので次回来てもらったときにちょっとだけ費用を頂戴してもよろしいですか?」っちゅうのはちょっと言いにくいものなんよ。

そやから、あらかじめ「電話での質問にお答えする場合、内容によっては後日料金を頂戴する場合がございます。」といったお知らせの紙を薬をお渡しする際に一緒に説明したうえで入れるなどしておくと良いのかも知れへんわ。


今日は時間がないから疑義照会して残薬の調製をしてもらっているヒマがない!
患者さんの残薬があることがわかったものの、その場での疑義照会で残薬の日数調整ができませんでした。これを情報提供書にて報告した場合は服薬情報等提供料は算定できますか?

できます。当然ですが、患者さんには服薬情報等提供料の算定に同意を得ましょう。

タコちゅけ

あ、これなら僕にもできそうでちゅ!!

けいしゅけ

せやね☆

そして、こういった事例も多いからね。タコちゅけ、活躍できるチャンスは多いで!


患者さんに「先生に言ったら怒られるかもしれないから言えなかったんやけど、実はこの薬を飲むと昼間にふらつくんよな。気にはしてへんけどな。」どうやら朝に飲んでいる降圧薬の影響で昼間にふらつきが出るそうです。食生活を聴いてみると、フルーツをよく食べるとのことでした。ミックスジュースもよく飲むとのこと。もしかしたらグレープフルーツ(ジュース)の影響かも知れないし、単純に薬を飲むタイミングが朝ではない方が良いかもしれないと思ったので、医師にその旨を連絡しようと思います。患者さんの同意が得られれば、服薬情報等提供料を算定できますか?

できます。

けいしゅけ

どうタコちゅけ?窓口での患者さんとのやりとりで、今すぐ先生に疑義照会で知らせなくてはまずい!ってほどのものでもないケースってちょいちょいあるんとちゃうかな?

患者さんが「先生に怒られるかなぁと思って言えなかった。」なんてメッチャ聞いたことあるねんけどなぁ僕の場合。どう?

タコちゅけ

たしかにありまちゅね。

こういう場合って「次回は先生にちゃんと話しておいてくださいね」で終わらせてしまっていることもありまちゅ。

・・・けど、もう一歩踏み込んで服薬情報等提供をするという手段があるんでちゅね!

けいしゅけ

そやね。

ただし、ちゃんと同意を得ないと、「先生との人間関係がおかしなったらどないしてくれんねん!勝手なことするなや!!」

ってクレームになっちゃう危険性もあるから、そこはじっくり患者さんと話すことが大事やと思うで☆

タコちゅけ

わかりましたでちゅ!!

服薬情報等提供料に関する記事作成にあたり参照した資料(本記事内容の根拠となる資料)

H30年の診療報酬改定で改定案として出された、中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会総会) 2018年2月7日答申資料を以下に示します。

改定案

【服薬情報等提供料】

1 服薬情報等提供料1 30点

2 服薬情報等提供料2 20点

注1 1については、保険医療機関の求めがあった場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も当該患者の服用薬の情報等について把握し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供等した場合に月に1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

注2 2については、患者若しくはその家族等の求めがあった場合又は保険薬剤師がその必要性を認めた場合において、当該患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。なお、保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会総会)2018年2月7日答申資料より引用

H28年の診療報酬改定のときに決定していた服薬情報等提供料の要件は以下の通りでした。

区分15の5 服薬情報等提供料

(1) 服薬情報等提供料は、保険薬局において調剤後も患者の服用薬や服薬状況に関する情報等を把握し、患者若しくはその家族等又は保険医療機関に当該情報を提供することにより、医師の処方設計及び患者の服薬の継続又は中断の判断の参考とする等、保険医療機関と保険薬局の連携の下で医薬品の適正使用を推進することを目的とするものである。

(2) 服薬情報等提供料は、以下の場合に算定できる。

ア 処方せん発行保険医療機関から次の(イ)若しくは(ロ)に掲げる情報提供の求めがあった場合、又は保険薬局の薬剤師が薬剤服用歴に基づき患者の服薬に関する次の(イ)、(ロ)若しくは(ハ)、に掲げる情報提供の必要性を認めた場合にその理由とともに、患者の同意を得て、現に患者が受診している保険医療機関に対して、当該患者の服薬状況等について書面又は電子的な方法(以下「文書等」という。)により提供したときに算定できる。

(イ) 当該患者の服用薬及び服薬状況

(ロ) 当該患者に対する服薬指導の要点、患者の状態等

(ハ) 当該患者が容易に又は継続的に服用できるための技術工夫等の調剤情報

イ 患者又はその家族等の求めがあった場合、患者の同意を得て、次に掲げる情報等について、患者又はその家族等に対して速やかに提供等し、当該患者の次回の処方せん受付時に提供した情報に関する患者の状態等の確認及び必要な指導を行った場合に算定できる。

(イ) 緊急安全性情報、安全性速報や医薬品・医療機器等安全性情報など、処方せん受付時に提供した薬剤情報以外の情報で患者の服薬期間中に新たに知り得た情報

(ロ) 患者の服薬期間中に服薬状況の確認及び必要な指導

(3) ここでいう「服薬状況」とは、患者が薬剤の用法及び用量に従って服薬しているか否かに関する状況のほか服薬期間中の体調の変化等の患者の訴えに関する情報を含む。

患者に自覚症状がある場合には、当該自覚症状が薬剤の副作用によるものか否かに関する分析結果も含めて情報提供することとし、また、患者に対する服薬指導は、当該分析結果を踏まえたものとする。

なお、患者の自覚症状の分析に当たっては、「重篤副作用疾患別対応マニュアル」(厚生労働省)等を参考とすることが望ましい。

(4) (2)のアについては、以下の場合も含まれる。

ア 保険薬局において患者の服用薬の残薬を確認し、処方せんを発行した保険医療機関に対して情報提供を行った場合

イ 「区分番号00」の調剤基本料の「注8」に掲げる分割調剤において、2回目以降の調剤時に患者の服薬状況、服薬期間中の体調の変化等について確認し、処方医に対して情報提供を行った場合

ウ 保険医療機関からの求めに応じ、入院前の患者の服用薬について確認し、依頼元の医療機関に情報提供した場合

(5) (2)のアの(ハ)については、処方せんの記入上の疑義照会等では算定できない。

(6) 患者1人につき同一月に2回以上服薬情報等の提供を行った場合においても、月1回のみの算定とする。

ただし、2以上の保険医療機関又は診療科に対して服薬情報等の提供を行った場合は、当該保険医療機関又は診療科ごとに月1回に限り算定できる。

(7) 保険医療機関への情報提供に当たっては、別紙様式1又はこれに準ずる様式の文書等に必要事項を記載し、患者が現に診療を受けている保険医療機関に交付し、当該文書等の写しを薬剤服用歴の記録に添付する等の方法により保存しておく。

(8) (2)のイについて、患者の服薬期間中に新たに情報提供した事項、服薬期間中及び処方せん受付時に確認した患者の服薬状況等及び指導等については、情報提供の都度、薬剤服用歴の記録に記載する。

(9) 服薬情報等提供料は、「区分番号13の2」のかかりつけ薬剤師指導料、「区分番号13の3」かかりつけ薬剤師包括管理料又は「区分番号15」の在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については算定できない。

(10) 電子的方法によって、個々の患者の服薬に関する情報等を保険医療機関に提供する場合は、厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(平成25年10月)を遵守し、安全な通信環境を確保するとともに、書面における署名又は記名・押印に代わり、厚生労働省の定める準拠性監査基準を満たす保健医療福祉分野の公開鍵基盤(HPKI:Healthcare Public Key Infrastructure)による電子署名を施すこと。

 

厚生労働省資料より引用

服薬情報等提供料についてのまとめ

服薬情報等提供料を算定する流れは次のようなものでした。ざっとおさらいしましょう。

  1.  ①医療機関から ②患者さんやその家族 から求めがあって情報提供する。
  2. 患者さんには服薬情報等提供料の算定に関して同意が必須(これは口頭でOK!書面は特に必要ない)
  3. 服薬情報提供書に報告すべき内容を記入して医療機関にFAXする(近くのクリニックなら先生とコミュニケーションをとる意味も込めて直接渡しに行くのが良いと思う!)
  4. 薬歴に情報提供した内容をしっかり記録する。
  5. 調剤録とレセプト摘要欄に「患者の同意を得たうえで、***に関して医療機関に情報提供書をFAX / 郵送した」と記載する
  6. 次回、患者さんが来局した際に服薬情報等提供料を算定する(医療機関からの求めであれば服薬情報等提供料1:30点、患者さんやその家族さんからの求めに応じた場合なら服薬情報等提供料2:20点)

けいしゅけ

今回の記事はいかがでしたか? アナタのお役に立てていれば幸いです!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆

待ってます!!

4 Comments

とよどめ

とてもわかり安く読ませていただきました。
算定のタイミング、なぜ算定したか事務員さんと共通意識を持たないといけないなと感じます。

返信する
しら

月1回の制限について、また医療機関への文書の提供について少し気になりました。

Q&A(H28年調剤報酬改定)

(問51)服薬情報等提供料について、患者、その家族等へ必要な情報提供、指導等を行った場合は月1回の算定制限がないと考えてよいか。

(答)貴見のとおり。

返信する
けいしゅけ けいしゅけ

しら 様
コメントをお寄せいただきありがとうございます。
このH28のQ&Aに関しては記載を失念しておりました。
本文中への追記を検討いたします。
ご指摘ありがとうございます☆感謝申し上げます。

返信する
けいしゅけ けいしゅけ

ただ、少しだけ気になるのが、今回の改定の要件に書かれている以下の文章です。

服薬情報等提供料2については、患者若しくはその家族等の求めがあった場合又は保険薬剤師がその必要性を認めた場合において、当該患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。
なお、保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

これが有るため、H28の疑義解釈内容が適用できるのかが少し曖昧な気がしております。
本改訂の疑義解釈が発表になった段階で明らかになるかもしれませんね。

返信する

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!