けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

地域支援体制加算の要件により調剤薬局からお盆休みが無くなります

基準調剤加算の要件により調剤薬局は盆休みは取ってはいけない

2016年の改定のえげつない実態として、基準調剤加算を算定している薬局はお盆休みが認められないことが明らかになりました。これを踏襲して、2018年の改訂後に新設された地域支援体制加算もまた、お盆休みは認めるような記載がなかったのでお知らせします。

地域支援体制加算を取っている調剤薬局にお盆休みは認められません(悲報)

基準調剤加算地域支援体制加算の算定要件を紹介しましょう。

当該保険薬局の開局時間は、平日は平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上開局していること。

この記述から、お盆休みが調剤薬局に認められなくなったのです…。

けいしゅけ

もはや、無念でしかない。国は薬局をどうしたいのだろうか?

ちなみに、地域支援体制加算を取っている薬局でも年末年始の休みは認められるらしい

これに関しては、2016年の調剤報酬改定時に疑義解釈にて明らかにされています。(当時は基準調剤加算と言う名称でした。)

引用部分を示します

(問18)基準調剤加算の算定要件に「当該保険薬局の開局時間は、平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上開局していること」とあるが、祝日を含む週(日曜始まり)については、「週45時間以上開局」の規定はどのように取り扱うのか。
(答)国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日並びに1月2日、3日、12月29日、12月30日及び31日が含まれる週以外の週の開局時間で要件を満たすか否か判断すること。

引用元☞ H28.3.31の疑義解釈その1より

引用を終了します。

なるほど。

これでわかるのは、年末年始と、祝日が絡むゴールデンウィークやシルバーウィークは休みとして認められるってことやね。

でも、盆休みはだめ。うーん、頭硬くね?って思ってしまう。

このニュースは他の記事でも確認できるであろうから、この記事では、これに対する意見をまとめていこうと思う。 

地域支援体制加算に関するお盆休みダメ!この要件は地域社会における利益になるのか?

まずは僕が言いたい主張を述べると、次のようになる。

  • お盆休みをクリニックなどに認めるなら薬局に休みNGを出すのはやめません?(こっちが一番の主張)
  • もしくは、クリニックも含めて医療機関はお盆と言えど営業するよう通達を出したほうが良いんじゃないのん?(こっちは妥協案)

医師が如何に過酷な労働条件で働いているかは火を見るより明らかや。休むことに対して僕は「ダメ」なんて言う気は毛頭ない。だからこそ薬剤師(薬局)も休むことを禁止される筋合いってないんじゃないの?って言いたいねん。

地域の病院は盆休みで通常診療をせず、薬局だけが開いている。この対比に対して厚生労働省はなぜ黙っているの?

これが僕が一番ひっかかる部分やわ。処方元が盆休み。地域の開業医もほとんど盆休み。これに対しての厚労省や中医協での議論として「けしからん」は一切聞こえてこない。

一方で、薬局は地域住民の為に相談窓口になるのだから開けておけと言う。随分とアンフェアな法規制って思いません?ちなみに、お盆に国が求める面処方だけを受けようとしている薬局に患者さんは来るだろうか?

ハッキリ言う、来ない。

なぜなら、お盆でも開いている病院の近くにで開いている薬局に患者さんは行くからや。事実、僕の務め先は総合病院門前薬局やねんけど、お盆の時にも病院は開院している。近隣のクリニックはお盆休みに入っている。するとどうだろう、お盆の時だけ来る患者さんで待合室は溢れかえるねん。これが実態や。

けいしゅけ

厚生労働省が示す「地域支援」って一体なんやねん??

かと言って、お盆に医療機関が全て閉まっているのも正直しんどい。

子を持つ親として、自分の主張に反論する。

お盆にお墓参りに里帰りした。その時に急病となってしまった!そんなときに病院も薬局も閉まっているのでは困る。やはり医療機関が開いていることは安心やなぁと思う。

そうした意味では、地域支援体制加算を取っているならお盆休みも営業すること自体に違和感はないのだが…。

地域支援を謳うなら、街中のクリニックもお盆は通常診察していて欲しい気がする

自然な発想やけれども、するとクリニックにも診察は通常通りやっていて欲しいなぁとも思えてくる。

この感覚、おかしいだろうか??

結局のところ、基幹病院とその門前はお盆でも通常通り営業する。そこにフィーを付けた方が建設的な気がする

主張と反論を展開してみて、落としどころを自分なりに探ってみると基幹病院とその門前薬局は通常通り営業していると安心かもしれない。医療費としては、お盆に開けてくれているのだから休日加算などを算定できるようにしてはどうだろう?

この方がいくらか建設的な気がする。地域住民も満足はいかなくとも、不安な思いはしなくて済むやろうし。

けいしゅけ

なんちゅうかさ、休むな!って国が規定するのんがそもそもナンセンスな気がするわ。はぁ?って感じやで。

大病院前の前に薬局が並ぶことを批判する人たちに聞きたい。ホンマに薬局が無くていいの?

さて、こうして主張➤反論➤落としどころの提示とやってみると、浮かんできたのが基幹病院前に薬局があることって悪い事じゃないでしょ??ということやけど、どうだろう??

ちょっとだけ、お盆休みとは筋がずれる話をさせて欲しい。

ちょいちょい週刊誌に「病院を出ると薬局が複数立ち並ぶ姿を見る。どう見ても変だ」的な記載を見るが、僕はこれに反発する。

立ち並ぶのは処方箋の内容の濃さと発行枚数から言って、一カ所だけの薬局に集中したら待ち時間が長くなりすぎる。患者として思わへんのか?「病院で待ったのにまた薬局で待たされるのは嫌だ。できれば薬だけでも早くもらって帰りたい」って。

僕は現場で散々聞いてきたよ。「病院に朝から来て昼までかかった。もうしんどい、薬まだなん?早よしてや」っていう声を。門前薬局批判の記事って読むたびに思うねんけど『ただ文句が言いたいだけ』やな。

かと言って、門前薬局だけしか乱立してこなかった流れは明らかに間違っていたと思う

週刊誌の批判は表面的で浅はかや。しかし、薬局の経営者が門前と言う立地条件だけに注目して薬局を立てまくってきたことが誤りであることは間違いない。そして、これを報酬面でコントロールできなかった厚労省にも非はあるように思う。ここのところの話がスッポリ抜けながら冒頭である地域支援体制加算の要件などで今更ながら門前薬局に対して厳しい条件を叩きつけてくる流れに違和感がある。

立地条件だけをみて「儲かるから出店する」ようなビジネスとしての医療は非難されても良いかもしれない。(とは言え、生き残るためには儲けを出すことを考えることは絶対に必要だから儲ける=悪とするのは間違ってる。)

過ぎたるは猶及ばざるが如し、利益重視に偏ったり医療サービスの提供だけに偏るのは危うい。

そろそろ話を本筋に戻そうと思う。

門前薬局の存在自体は否定するのは僕自身は浅はかな批判だと考えている。かと言って、面分業の推進の重要性は承知の上だ。むしろ面分業に対してこれまでの報酬体系が失敗してきたことのツケが今まわってきているのだなぁと実感している。

だからこそ、今からでも本来あるべき医薬分業に進んでいってほしいと思うのだが、現状は門前薬局つぶしのための報酬改定が繰り返されていることは悲しい。

けいしゅけ

とりあえず、お盆は先祖のお墓参りに行ける期間やねんから、薬局に関しては加算を取って普段儲けてんだから休むなよって感じの要件設定はオカシイと思うわ。

地域支援体制加算でお盆が無くなる話の結論。

最終的に言いたいことを言って終わろうと思う。

厚労省さん、政治力で弱い調剤部門だけ締め付けていてカッコ悪いよ。かと言って、医科を締め付けても意味はない。むしろ医療への報酬は挙げて欲しいくらいやわ。

大事なのは、国民の医療に対する過大な期待(診察を受けて薬を飲めば長生きできるという思い込み)に教育でメスを入れることに集中した方が良いんじゃないの?

高脂血症の薬が1人の患者の余命を伸ばすのに何人に飲ませたら良いのか教えたらいいよ。200人くらいですよって。

高インフルエンザ薬はインフルエンザの重症化を防ぐ効果はなくって、解熱までの期間を短くするといってもせいぜい1日程度だって。

そのためにかかる費用は〇円です。ってさ。

地域支援体制加算で薬局が盆休みなしで開局することが本当の意味での地域支援になるんですか?

厚労省には是非とも答えて欲しい。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ

”この記事、ええやん!”って思っていただけたなら、はてなブックマークをつけたり、記事をTwitterやFacebookで拡散していただけるとピョンピョン跳ねて喜びます!!

もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローしたって下さい🍀

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね
タコちゅけ

この記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など大募集していまちゅ!!

「おもしろかったでしゅ!!」といった一言もとっても嬉しいでしゅ☆ よろしくおねがいいたしまちゅ💛

けいしゅけが転職者と面談した際に転職者さんが登録していたサイトです(すべて登録・利用無料)

  • 薬剤師ナビ

    ファルマスタッフやマイナビ薬剤師だけでは、求人情報を十分にカバーできない場合がある、というのが弱点。住んでいる地域によっては、これら2社以外の転職サービス会社を利用する必要が出てくるはずやわ。

    評価
    おすすめポイント3人の専属コンサルタントにサポートしてもらえる!
    特徴3社一括登録で非公開求人をたくさんGetできる

    その点でいえば、薬剤師ナビで複数のサイトに一括登録すれば、自分の住んでいる地域の求人情報がより多く手に入るんや。とにかく、求めている求人条件に沿う会社が見つかりやすい、それが、薬剤師ナビの魅力やで

  • ファルマスタッフ

    僕けいしゅけは、採用面接に臨むことが多々あります。面接希望者と同席するコンサルタントさんとも何度も話をしてきました。その中でも、求職者さんの雇用条件についてしっかりと質問をしているのがファルマスタッフのコンサルタントや!

    評価
    おすすめポイント業界最大級の薬剤師転職サイト
    特徴担当コンサルタントの質がとにかく良い!

    転職するにあたり、条件面のすり合わせは非常に大事やねん。自分で条件交渉まで強気にできる!と言う人は登録する必要はないでしょう。しかし、もしも条件交渉を自分でするよりもコンサルタントさんの力を借りたいと思うなら、登録するのはファルマスタッフ一択やで☆

  • マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師の場合は、「薬剤師転職サポートブック」がプレゼントされるねん。初めての転職の場合には心強い味方になるはずや。また、「薬+読」という登録者のみが閲覧できるWEBサービスも好評やで!

    評価
    おすすめポイント全国に14拠点あるマイナビオフィスで転職者とコンサルタントが面談できる
    特徴5年連続利用者満足度No.1

    転職前の連絡は電話・メール・面談の3つがあり、面談をする時間が取りにくい方には電話・メールでの連絡もできるので嬉しい☆

1 COMMENT

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!