基準調剤加算の要件により調剤薬局からお盆休みが無くなります

基準調剤加算の要件により調剤薬局は盆休みは取ってはいけない

2016年の改定のえげつない実態がまた一つ明らかになった。

調剤薬局にお盆休みは認められなくなりました(悲報)

基準調剤加算の算定要件にある

引用部分を示します

「一定時間以上開局している」基準として、通知において、「平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上開局していること」を規定する。

引用元☞https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/gyomu/gyomu/hoken_kikan/documents/28haifusiryou-yaku1-2.pdf 

引用を終了します。

により、お盆休みが調剤薬局に認められなくなったのだ。
もはや、無念でしかない。国は薬局をどうしたいのだろうか?

ちなみに、年末年始の休みは認められるらしい。

引用部分を示します

(問18)基準調剤加算の算定要件に「当該保険薬局の開局時間は、平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上開局していること」とあるが、祝日を含む週(日曜始まり)については、「週45時間以上開局」の規定はどのように取り扱うのか。
(答)国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日並びに1月2日、3日、12月29日、12月30日及び31日が含まれる週以外の週の開局時間で要件を満たすか否か判断すること。

引用元☞ H28.3.31の疑義解釈その1より

引用を終了します。

なるほど。
これでわかるのは、
年末年始と、祝日が絡むゴールデンウィークやシルバーウィークは休みとして認められるってことだ。
でも、盆休みはだめ。うーん、頭硬くね?
って思ってしまう。

このニュースは他の記事でも確認できるであろうから、
この記事では、これに対する意見をまとめていこうと思う。
 

基準調剤加算に関するお盆休みダメ!この要件は地域社会における利益になるのか?

門前の病院は盆休み。そんな状況があるのだが

これが私が最もひっかかる部分だ。
処方元が盆休み。地域の開業医もほとんど盆休み。
この場合、開けている薬局に患者さんは来るのか?

ハッキリ言おう。大して来やしない。

なぜなら、開いている病院の近くに開いている薬局があるからだ。

わざわざ他の薬局に行かないよ患者も。

患者側も盆休み中のことが多いもの。定期薬は休み前か後に受診するでしょうよ。

結果的に、世の中の薬局の営業利益を圧迫するだけなんじゃねぇか??

薬局が減って薬局難民が出たら、それこそ公益を損じている気がしてならない。

処方元がまずお盆であっても診察していることが大前提じゃないのか?

ってなわけでこうなるよね、理屈としては。

地域社会の医療の向上、これを実現したいならまず開業医院が開いていることが先じゃないの?

けっこう露骨に長期休暇取っている病院多いよね?そこにメスを入れろよ厚労省、といいたい。

頭を柔らかく行こうよ。大病院前の薬局にだけ盆休みなし適応が現実的だ

それじゃ門前薬局を認めることになるから無理なのはわかっている

しかし、やはり現実的なのはこれだと思う。

(そもそも、門前薬局がダメなのか?という議論に国の出している答えがあっていると思えない。僕自身は、門前薬局はあるべきと考える派なのだ。やっぱり利便性は重要なんじゃないのか??体が不自由な人ほど病院と薬局の距離は近いものを求めるはずだ。)

余談はさておき、盆休みはクリニック前の薬局には実質的には認める方向がいいのではないか?

総合病院前などは開けるべし。これがシンプルだし現実的だろう。

あとはドラッグストア併設調剤薬局あたりが確実に開いているのだろうから(面処方で受けるからね)、それでいいじゃん。

厚労省に言いたい。理想を薬局だけに押し付けていやしないか?

ここまで思ってしまわないだろうか?

今回の改定、厚労省が言っていることは正しいと思う。

しかし、展開が急すぎるし、病院に対しては制約が薬局と同じくなっておらず、ねじれが生じていると思うのだ。(盆休みの事を主に考えて記載しています)

理想の実現に向けてのこれからの改定、課題は多いように思う。次回の改定が怖いような楽しみなような。。。

けいしゅけ

今回の記事はいかがでいたか? アナタのお役に立てていれば幸いです! もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

この記事をお読みのアナタにオススメの記事があります☆

1 Comment

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!