MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

オピオイド鎮痛薬の基本的な使い方とベースとレスキューの組み合わせ

オピオイド鎮痛薬について,持続痛へ用いるベース薬と突出痛に対応するためのレスキューそれぞれの使い方と組み合わせを知識としてまとめていくで☆

前回の記事では,がん性疼痛の種類や緩和治療について以下にリストアップした項目をまとめました。良かったら併せて読んでみてください。

  • がん性疼痛の種類について
  • 痛みの評価ツール➤NRS/VAS/VRS/FRS
  • WHO方式がん疼痛治療法➤5つの基本原則/3段階除痛ラダー/ 3つの目標
  • オピオイド薬のモルヒネ換算表
がん性疼痛と緩和ケアに関する基本をまとめたでがん性疼痛とオピオイド治療の基本まとめ
たこちゅけ
オピオイド鎮痛薬の使い方について触れられなかったんでちゅよね?

[/ふきだし]

けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

記事が長くなったし,一気に書くのは無理やったね。っちゅうか鎮痛薬の使い方以前に知っておきたい情報を前回はまとめたかってん。今回はオピオイド鎮痛薬の使い方に焦点をあてるで!!

目次

オピオイド鎮痛薬の使い方の基本の確認

けいしゅけ
タコちゅけ,ベースとレスキューってわかる?

[/ふきだし]

タコちゅけ
えっ!?持続痛がある場合に使う徐放製剤のオピオイド鎮痛薬がベースで,突出痛に対して使う速放性のオピオイド鎮痛薬がレスキューでちゅよね💦

[/ふきだし]