Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c2411704/public_html/keisyuke-blogyakkyoku.xyz/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
新着記事をチェック☆

オピオイド鎮痛薬の基本的な使い方とベースとレスキューの組み合わせ

オピオイド鎮痛薬の基本的な使い方とベースとレスキューの組み合わせ

オピオイド鎮痛薬について、持続痛へ用いるベース薬と突出痛に対応するためのレスキューそれぞれの使い方と組み合わせを知識としてまとめていくで☆

前回の記事では、がん性疼痛の種類や緩和治療について以下にリストアップした項目をまとめました。良かったら併せて読んでみてください。

  • がん性疼痛の種類について
  • 痛みの評価ツール➤NRS/VAS/VRS/FRS
  • WHO方式がん疼痛治療法➤5つの基本原則/3段階除痛ラダー/ 3つの目標
  • オピオイド薬のモルヒネ換算表
がん性疼痛と緩和ケアに関する基本をまとめたでがん性疼痛とオピオイド治療の基本まとめ
たこちゅけ

オピオイド鎮痛薬の使い方について触れられなかったんでちゅよね?

けいしゅけ

記事が長くなったし、一気に書くのは無理やったね。っちゅうか鎮痛薬の使い方以前に知っておきたい情報を前回はまとめたかってん。今回はオピオイド鎮痛薬の使い方に焦点をあてるで!!

オピオイド鎮痛薬の使い方の基本の確認

けいしゅけ

タコちゅけ、ベースとレスキューってわかる?

タコちゅけ

えっ!?持続痛がある場合に使う徐放製剤のオピオイド鎮痛薬がベースで、突出痛に対して使う速放性のオピオイド鎮痛薬がレスキューでちゅよね💦

けいしゅけ

バッチグーや

タコちゅけ

古臭すぎるぅぅぅ!!!

レスキューの用法・用量

けいしゅけ

ほんじゃ次ね。レスキューの用量はベースの量のどれくらいにしたらいい??

タコちゅけ

たしか・・・ベースと同じ成分で1/6量をレスキューに設定するはずでちゅ!!

けいしゅけ

バッチらグーや

(ちょっと補足が必要やけども)

タコちゅけ

変化加えてきたぁぁぁ

けいしゅけ

加えるとすれば、ベース薬は定時に服用する(12時間持続製剤なら12時間ごと、24時間持続製剤なら24時間ごとや)ことで血中濃度を維持する。

レスキューの使い方は頓服使用やね☆オピオイドの速放製剤を用いる。まず内服薬の速放製剤に関する基礎知識を書くで。

用量はベースと同じ成分であれば1日量の1/6を設定するのが基本や。使用回数についても知っておこう。

「吐き気と強い眠気」が生じず「呼吸回数が10回/分以上」の場合、1時間の間隔をあければ1日に何回でも使用していい。レスキューを使う事は我慢する必要ないねん。

ただし、レスキューの回数が増えて行ったり鎮痛効果が不十分の場合、患者さんの状態によってオピオイド鎮痛薬のタイトレーション(増量)や鎮痛補助剤の必要性を考えていくんや。

タコちゅけ

内服薬以外のレスキューの用量や用法でちゅ。

持続皮下注の場合:
用量➤1時間量を使用
用法➤15~30分の間隔をあければ回数制限なし

フェンタニルROO製剤の場合:
用量➤アブストラル舌下錠®とイーフェンバッカル錠®で若干異なる。低用量で開始して無効時には30分後までに同量までの追加投与をする。追加投与を繰り返すなら1回投与量を調整。
アブストラル舌下錠®は2時間、イーフェンバッカル錠®は4時間の不応期があるので、この間に生じる突出痛に備えて他剤のレスキューを用意しておく。
用法➤アブストラル舌下錠®は2時間、イーフェンバッカル錠®は4時間あけて、1日4回までの制限あり

アンペック坐剤®の場合:
用量➤経口モルヒネ1日量×1/6×2/3を設定する
用法➤2時間の間隔をあけて1日3回まで

ベース薬と異なる成分のレスキューを用いる場合:
用量➤オピオイド等力価換算表を参考にして用量を設定する
用法➤使用する製剤に合わせた用法にて

けいしゅけ

か、カンペキやないか~い

まとめ

ベースとレスキューについて(オピオイド鎮痛薬について)

オピオイド鎮痛薬は持続痛に対して、オピオイド鎮痛薬の徐放製剤(12時間ないし24時間、ものによっては72時間効果が持続するものがある。)を使用する。このオピオイド鎮痛薬をベースという。

一方で突出痛に対してはオピオイド速放製剤を用いる。基本的にはベースで用いるオピオイド鎮痛薬と同じ成分を使用する。(ちなみに、ベースとレスキューが同じ成分でなければいけないというわけではない。モルヒネ量換算で等力価であれば使用できる。

レスキューの用量設定や用法に関しては剤型によって異なる(本文参照)。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ

”この記事、ええやん!”って思っていただけたなら、はてなブックマークをつけたり、記事をTwitterやFacebookで拡散していただけるとピョンピョン跳ねて喜びます!!

もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローしたって下さい🍀

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね
タコちゅけ

この記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など大募集していまちゅ!!

「おもしろかったでしゅ!!」といった一言もとっても嬉しいでしゅ☆ よろしくおねがいいたしまちゅ💛

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!