MENU
アーカイブ

新人薬剤師応援 関連記事 一覧

あわせて読みたい
新人薬剤師がたった1週間で職場の先輩と打ち解ける為の6つのコツ本日のテーマ 新人薬剤師としてデビューしたあなたがたったの1週間で職場に打ち解けるためにするべきことはたったの6つ職場の人間関係を良好にするのは最初の1週間がメ...
あわせて読みたい
新人~ベテラン薬剤師まで対象|薬剤師の保険ルール学習支援ページまいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆ もしかして,保険の勉強を敬遠してませんか? 保険調剤薬局に勤めていると痛烈に感じることがあります。保険って事務さんの...
あわせて読みたい
内服薬調剤料の計算方法をたった30分で理解する!まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆ さてさて,調剤料に関する記事を連載として書いていきます。今回は1つ目,内服薬の調剤料の算定について書いていきます。今...
あわせて読みたい
新人薬剤師が現場で主力になる4つのコツこの記事のテーマ たった1週間で職場に打ち解ける方法を伝える薬剤師として何をどうやって勉強すればいいか伝えるスキルを磨く具体的な方法を伝えるNext Levelに達する...
あわせて読みたい
新人やブランク明け薬剤師で勉強方法が分からないに9つの回答を贈ります本日のテーマ 保険調剤薬局で働くとなったが,勉強方法がわからないという声は多い不明なのは業務の流れ?調剤手技?保険ルール?まず何がわからないかを明確にし,重点...
あわせて読みたい
新人薬剤師の保険学習教材に【保険調剤Q&A】をお勧めします!新人薬剤師の保険学習教材に【保険調剤Q&A】をお勧めします! この言葉を僕は何年も何年も言い続けてきました。何人もの新人薬剤師の皆さんと一緒に現場で働いた経験...
あわせて読みたい
【新人薬剤師の転職】6パターンの「そんな保険調剤薬局やめてOK」まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆ よく,『就職したからには3年は在籍しなきゃダメだ』なんて言います。この言葉が言いたいことは,少し自分にとって嫌なこと...
あわせて読みたい
PARAメソッドって何ですか?The PARA Method:先日Notionの勉強会に参加した際に知った言葉です。どんなものかについて,講師のつばささん(@PetsTsubasa)からは,とある海外の記事1を紹介いただ...
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

Pythonの基礎#19 辞書型変数の要素を削除する方法

辞書型変数の要素を削除する方法
  • URLをコピーしました!

\過去記事リンクやで/

その他のPython記事一覧はコチラ

/タップすると記事一覧ページが開くで☆\

Python学習にオススメ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate無料posted withアプリーチ


まいど!2020年6月からPythonの勉強をはじめた けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆

前回の記事で辞書型変数(dictionary)に含まれるkeyやvalueを付け加える方法について学びました。

今回は,次の疑問に対するアンサー記事を書こうと思います。

辞書型変数(dictionary)に含まれるkeyやvalueを消す方法はありますか?

けいしゅけ

・・・もちろん,ある訳やけれども。それがわからへんのや。

タコちゅけ

・・・でちゅね。

そんなわけで,この記事では辞書型変数(dictionary)に含まれるkeyやvalueを消す方法を勉強していこうと思います。

こんなコードで学べるよ!

#辞書型変数top3を設定する
top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#clearメソッドで辞書型変数全削除を実行
top3.clear()

#clearメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popメソッドで辞書型変数で任意のkey削除を実行
deleted_value=top3.pop('銀メダル')

#popメソッドで削除した任意のkeyを出力する
print(deleted_value)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popitemメソッドで辞書型変数の最後に位置するkey:valueを削除する
deleted=top3.popitem()

#popitemメソッドで削除したkey:valueを出力する
print(deleted)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除する
del top3['銅メダル']

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

もしPythonにご興味があるのであれば,このブログ記事が何かしら参考になればと思います☆また,Twitterでもいいので,なにかコメント等あれば宜しくお願い致します!

目次

辞書型変数の要素を削除する方法

到達目標

辞書型変数の要素を削除する方法として
①clear
②pop
③popitem
④del
以上,3つのメソッドとdel文を習得する

けいしゅけ

タコちゅけ,これを目標に進んでいこう!

もはや,キミなら想像できるやんね?

タコちゅけ

先生を消すには…。

けいしゅけ

ちょっと待てーぃ!!

clearメソッドって何ですか?記述方法も教えてください

辞書型変数の中身をすべて削除するメソッド(関数みたいなもの)である
辞書型変数名.clear()と記述することで実行できる

clearメソッドとは?記述法は?に対する回答の解説

まずは,コードを見てみましょう。

#辞書型変数top3を設定する
top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#clearメソッドで辞書型変数全削除を実行
top3.clear()

#clearメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
{}
けいしゅけ

割と見た通りなので解説という解説はありません。

ここについてご質問等あればコメント欄にてQ&Aをさせてくださいませ☆よろしくお願い致します!

popメソッドって何ですか?記述方法も教えてください

keyを指定して要素を削除し,かつ,削除されたvalue(値)を返すメソッド(関数みたいなもの)である

keyを指定して要素を削除し,かつ,削除されたvalue(値)を返すメソッド(関数みたいなもの)である

辞書型変数名.pop('削除したいkey')と記述することで実行できる

上記の記述を少し応用してdeleted_value=辞書型変数名.pop('削除したいkey')と記述しておけば,削除したvalueを出力することができる。
注)deleted_valueとした変数部分は任意の変数です

print(removed_value)と記述することで消したkeyのvalueを取り出すことができる

popメソッドとは?記述法は?に対する回答の解説

まずは,コードを見てみましょう。

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popメソッドで辞書型変数で任意のkey削除を実行
deleted_value=top3.pop('銀メダル')

#popメソッドで削除した任意のkeyを出力する
print(deleted_value)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
2nd
{'金メダル': '1st', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
けいしゅけ

keyを指定して削除するpopメソッド。削除後に出力できるのは,そのvalue部分であることが注意点や。

popitemメソッドって何ですか?記述方法も教えてください

keyを指定して要素を削除し,かつ,削除されたkeyとvalue(値)を返すメソッド(関数みたいなもの)である。ただし,削除する要素は辞書に書かれた最後の要素である(python3.7以降)

任意の変数名=辞書型変数名.popitem()と記述することで辞書の最後のkey:valueが削除される。
print(<strong>任意の変数名</strong>)と記述すれば,削除されたkey:value('key','value')という形で出力できる

popitemメソッドとは?記述法は?に対する回答の解説

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popitemメソッドで辞書型変数の最後に位置するkey:valueを削除する
deleted=top3.popitem()

#popitemメソッドで削除したkey:valueを出力する
print(deleted)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
('メダルなし', '4th')
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd'}
けいしゅけ

popitem()は,繰り返し操作することで辞書内にあるkeyとvalueを一覧表にできそうやね。

たこちゅけ

繰り返し操作…それって次に学ぼうとしているものじゃ??

けいしゅけ

するどいっ !!!

そのとーりや !!!

del文って何ですか?記述方法も教えてください

指定したkeyの要素を削除することができるのがdel文です。ただし,削除した要素を出力することはできません。

del 辞書型変数名['消したいkey']と記述することで削除ができます。
続いてprint(辞書型変数名)と記述することで削除後の辞書を出力できます。

del文とは?記述法は?に対する回答の解説

まずは,コードを見てみましょう。

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除する
del top3['銅メダル']

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除実施後の辞書型変数の確認
print(top3)
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', 'メダルなし': '4th'}
けいしゅけ

delとは英語の「削除する」を意味するdeleteの頭3文字を取ったものです。とにかく,「削除する」ことができるということになりますね。

使い勝手が良いです。とにかく指定して削除したい場合はこれって感じがします。単純に削除する場合はこれを使うのがラクでしょう。

最後にVSCodeで動作確認(要素の入替・追加)

VSCodeにコードを記入して動かしてみよう!

#辞書型変数top3を設定する
top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#clearメソッドで辞書型変数全削除を実行
top3.clear()

#clearメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popメソッドで辞書型変数で任意のkey削除を実行
deleted_value=top3.pop('銀メダル')

#popメソッドで削除した任意のkeyを出力する
print(deleted_value)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#popitemメソッドで辞書型変数の最後に位置するkey:valueを削除する
deleted=top3.popitem()

#popitemメソッドで削除したkey:valueを出力する
print(deleted)

#popメソッド実施後の辞書型変数の確認
print(top3)

top3={'金メダル':'1st','銀メダル':'2nd','銅メダル':'3rd' ,'メダルなし': '4th'}
print(top3)

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除する
del top3['銅メダル']

#del文で辞書型変数の任意のkey:valueを削除実施後の辞書型変数の確認
print(top3)
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
{}
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
2nd
{'金メダル': '1st', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
('メダルなし', '4th')
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd'}
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', '銅メダル': '3rd', 'メダルなし': '4th'}
{'金メダル': '1st', '銀メダル': '2nd', 'メダルなし': '4th'}
タコちゅけ

できたでちゅ!!

けいしゅけ

ヨッシャ!!バッチリやなッ!!

Pythonの勉強はまだまだ続くでっ!!

さて,辞書型変数の要素を削除する方法について書いてきました。再現できましたか??

もしも不明点などがあれば,いつでも,Twitterで質問していただくか,コメント欄に記入してくださいね☆

次回は,ようやく,ようやくfor文について書いていこうと思いますッ!!

たこちゅけ

せんせーぃ。コーヒーできましたよ~☕

けいしゅけ

ありがと☆

肩が凝ったわい。

疲れたし,コーヒー飲もかぁ。ゴールドブレンドぉ~🎵

おしまい

\記事の感想や質問を大募集☆/

けいしゅけにコメントをくれてやるッ!

/タップするとコメント欄へ飛べるで☆\


Python学習にオススメ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate無料posted withアプリーチ

\過去記事リンクやで/

その他のPython記事一覧はコチラ

/タップすると記事一覧ページが開くで☆\


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

\最新記事をメールでお知らせするで/

4,493人の購読者に加わりましょう
けいしゅけ

この記事の感想をコメントしていただけるとメッチャうれしいです!!

ご意見&ご質問も遠慮なく書いてください☆皆さんとの対話を楽しみにしています☆

下のボタンを押すとコメント記入欄へジャンプできますよ~!!

タコちゅけ

ウチのけいしゅけはSNSもやってまちゅ!良ければフォローしてやってくださいでしゅ💛

Twitterでけいしゅけをフォロー

けいしゅけFacebookにいいね!

辞書型変数の要素を削除する方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事の感想など,ひとこと頂けますか?

コメントする