スポンサーリンク

けいしゅけさん、胃酸を抑える薬ってずっと飲んでていいの?

スポンサーリンク

よく薬局の窓口で患者さんから受ける質問や。

たしかに、ガスターに代表されるH2ブロッカーやタケプロンに代表されるPPIを飲み続けていると、聞きたくなるよなぁ。

  • 胃酸が出なくなるんとちゃうか?
  • 抑え続けることで胃酸が減って消化ができなくなるんとちゃうか?

そんな風に思えてくるんやろうね。

 

簡単に答えると、

 

「基本的には飲み続けちゃダメ」

 

そやけど、

 

「いや、飲み続けてください」

 

って答える場合もあるねん。

 

矛盾しとるがな!!

これ、どういうことなんやろか?これを書いていくで☆

飲み続けちゃダメな場合・飲み続けないとダメな場合

 

ただの胃炎やら胃もたれで処方された場合は飲み続けたらあかん!

 

当たり前やがな。

めっちゃ基本に戻ろうよ。

 

人間の体の仕組みって必要があるからそうなってるんやんなぁ。

 

例えば、必要があるから唾液って出る。

口が潤っているから、話がし易くなる・モノを飲み込みやすくなる・噛んだりしやすくなる。

口の中の粘膜が保護される。

外から入ったばい菌などが唾液にキャッチされることで胃まで運ばれて胃酸で処理される・・・など。

必要があるから出ているねん、唾液は。

 

これと全く同じような流れで、胃酸だって必要だから出ている。

それを薬を飲むことで無理やり抑えているんや。

つまり、胃酸を抑えている状態ってのは通常の状態ではないねん。

 

そやから、一時的に胃や食道が荒れた状態になって、胃酸によってそれが悪化しそうな時

そんな理由で胃酸を抑えようと処方されている場合は、飲み続けたらアカン。

症状がなくなったら、さっさと体を当たり前の状態に戻そう。

 

繰り返す逆流性食道炎など胃酸でダメージを負う状態が続く時は服用を継続するべき

 

次に、飲むのをやめたらアカン場合。

これは、小見出しに書いた通りで、繰り返す逆流性食道炎など、常に胃酸によって胃や食道が荒らされるリスクがある場合や。

 

この場合は、もはや体は当たり前の状態を保てなくなってしまっているねん。

どういうこと?

言い換えようか。体は胃酸が出ているのが当たり前なのに、これが何らかの理由でバランスが崩壊。胃酸が出るほどに体調が悪くなってしまった場合。

 

この場合は、胃酸を抑える薬を飲み続けなアカンねん。

せやけど、タケプロン(ランソプラゾール)なんかは、続けていると下痢を起こす副作用が出る場合がある(別の記事で書くわな🎵)

【膠原繊維性大腸炎】PPIのタケプロン(ランソプラゾール)で下痢の副作用

2017.01.08

こんな風に飲み続けているうちに体調不良が起こる場合があるから、病院を受診し続ける中でドクターと話し合う必要があるわ。

先生に言ったら悪いから・・・とか考える人っているけど、意味不明や。

医者が怒ることはまずないし、怒るような医者なら診てもらわんかったらいい。

そんな医者は、医療人として終わってるから。

患者さんのQ?(質問)に対して真摯に答えない医療人は、「コイツあかんな」って放っといたらええねん。

患者の立場で大事なのは、自分の体調変化をしっかりと医者をはじめとする医療機関の人間に主張する事や。

何も言わんかったら、わからんことがある。

何も言わないという事は、薬を飲んでいる状態で安定していると勘違いされてまうで?

飲み続けなければならなくなった場合には、体調変化をしっかりと伝える事

これが大事です。

 

まとめ

今回は短編でした。

胃薬ってちょっと安易に処方され過ぎているからなぁ。

ぶっちゃけ要らんやろ?ってケースを1日に数例は見るよ。

医療機関サイドの怠慢を感じています。ゴメンナサイ。

 

今回は胃薬を飲み続けていいの?ダメなの?

を場合によっては全く逆の答えになることをお話ししました。

もし、どっちかわからん!って場合は質問フォームがあるので、けいしゅけで良ければ答えます。

少しでもお役に立てればいいなと思いつつ、この記事を終えます。ではまた☆

 

もしよかったらコメント欄にコメント頂けたら嬉しいです☆

スポンサーリンク

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!