MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

Ca拮抗薬の成分が阻害するチャネル(L/T/N)は1枚の図で覚えられる

Ca拮抗薬ってたしかL型・T型・N型のチャネル阻害がありますよね?どのチャネルを阻害するのか頭の中で整理できないのですが?

L型・T型・N型それぞれのチャネルごとに特徴と作用をまとめました。
1枚の図にまとめましたので,この記事をブックマークしたりプリントアウトするなどしてお役立てください(●´ω`●)

まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆

カルシウム拮抗薬ってチャネルが3つくらいあって,確かベニジピンがL・T・N型を阻害して,アゼルニジピンがT型をカバーできてるわけで,シルニジピンはN型を・・・。ん?エホニジピン!?あわわ💦ようわからん!!

こんな風になった経験って無いでしょうか?恥ずかしながら,僕はちょいちょいあるんです。

目次

カルシウム拮抗薬は図でまとめて視覚的に理解するのが◎

Ca拮抗薬をチャネルごとに分類した図です

Ca拮抗薬をチャネルごとに分類すると理解しやすいで

まずは図解を見てみてください☆

ざっくり説明すると,ポイントは次の4つなんです。

  • Ca拮抗薬はすべてがL型チャネルを阻害する
  • T型チャネルも阻害するのはエホニジピン・ニルバジピン・アゼルニジピンの3つ
  • N型チャネルも阻害するのはシルニジピンだけ
  • L型・T型・N型チャネル全てを阻害するのはベニジピンだけ
けいしゅけ
どの薬が3つのチャネルのうちどれを阻害するのか?って意外とアッサリわかってもたんちゃうかな??

[/ふきだし]
タコちゅけ
図で見るとすごくスッキリでしゅ!!プリントアウトして何度でも見直せるようにしておきまちゅ🎵

[/ふきだし]

カルシウム拮抗薬が阻害する3つのチャネル,L型・T型・N型の特徴を知っておくと覚えやすい

スッキリしたところで,もうひとつだけハッキリさせておきたいのがチャネルの特徴や。

①体のどこに発現しているチャネルで ②阻害するとどうなるの?

これを知っておくと,心拍数が

チャネル分類 体のどこに発現してる? 阻害した結果どうなる?
L型チャネル 血管平滑筋 輸入細動脈だけが拡張する
➤脈拍数の増加
T型チャネル 特殊心筋

腎臓・副腎

血管平滑筋

輸入・輸出細動脈どちらも拡張する

➤脈拍数低下

➤糸球体内圧低下→尿蛋白減少

➤アルドステロン分泌低下

N型チャネル 交感神経終末 輸入・輸出細動脈どちらも拡張する

交感神経を抑制する

➤脈拍数・血圧低下

➤糸球体内圧低下→尿蛋白減少

➤アルドステロン分泌低下

カルシウム拮抗薬は第1世代から第3世代まであるけど,気にするのは作用時間くらいかも

厳密に言えば異なるかも知れないけれども,カルシウム拮抗薬の世代をざっくり理解するうえで注目したいのは薬剤の作用時間や

けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

ここはザックリした情報だけに留めようと思う。ふ~ん,くらいに捉えておこう。

この記事で伝えたいんは,Ca拮抗薬がどのチャネルを阻害するのかを知ることやからね☆

さいごに:カルシウム拮抗薬と仲良くなれそうでしょうか?

カンタンにまとめてみました。

Ca拮抗薬とL/T/N型チャネルの関係性がなんか見えた気がする!!となっていただけたかと思います☆

タコちゅけ
こうした図解って,作ることで理解できるかもしれないでちゅ☆

他の薬を勉強する時に作ってみると楽しくなりそうでしゅ🎵

[/ふきだし]