無料で使えるeGFRなどの腎機能計算ツールをリリースしました!!

サルコペニアとダイナペニアは、どのようにフレイルと関連しますか?

サルコペニアやダイナペニアってフレイルとどう違うんですか?

今回は前回の記事、フレイルとは何ですか?定義と評価基準、チェックリスト(簡易チェック含む)を調べてみたからの続編記事です。

フレイルとは何ですか?定義や評価方法、チェック項目など教えてくださいフレイルとは何ですか?定義と評価基準、チェックリスト(簡易チェック含む)を調べてみた

テーマは『サルコペニア / ダイナペニアって何? ➡ 定義、チェックリストを知る!』

これで行きましょか。

ひとまず結論
  • フレイル ⊇ サルコペニア ⊇ ダイナペニアのように内包関係が存在する
  • フレイル診断基準は5項目ある(この中で3つ以上あてはまればフレイル)
  • この中で特定の2項目に当てはまるのがサルコペニアである
  • ダイナペニアとは筋肉”量”低下を伴わない筋”力”低下である

これらの内容について本文で解説していきます。是非とも言葉による概念の違いを把握するのにお役立てください☆

サルコペニアとはなんですか?

たこちゅけ
フレイルがわかった!と思って喜んでたんでちゅけど、先生・・・

サルコペニアって何でしゅか!!??

けっこうな頻度で見かけるんでしゅけど、フレイルと同じような使われ方してるし、わからないでちゅ!!

けいしゅけ

そりゃそうや☆だって、サルコペニアってフレイルの一部やもん。

たこちゅけ
???

なんだか混乱してきたでちゅ。どういうことでしゅか??

こんな風に混乱をしてしまった経験はないだろうか?(恥ずかしながら。完全に僕の経験談を会話にしただけやねんけども💦)

  • フレイルは高齢化社会においてある意味最も重要な概念です!
  • サルコペニアは高齢化社会においてある意味最も重要な概念です!

どっちも見たことがあって、「はい?」となったことがあったのよね。

なんで調べることにしました。

サルコペニアという用語の語源

サルコペニアという用語は、Rosenberg IH という人が生み出した造語です。

ギリシャ語の「筋肉=sarx(sarvo:サルコ)」+「喪失=penia(ペニア)」

これを合わせたのがサルコペニアです。

参考資料

J Nutr. 1997 May;127(5 Suppl):990S-991S. PMID: 9164280

サルコペニアとフレイルの違いって何ですか??

フレイルの診断基準を振り返ってみよや。

けいしゅけ
フレイルは、定められた5つの基準の以下で、3つ以上に該当する臨床的症候群って定義されるねん。

ちなみに、1~2項目が該当する臨床的症候群はフレイル前段階(プレフレイル)って定義されるんや。

そして、サルコペニアやけども、とある基準項目どちらも該当する場合を指すねん

5つのフレイル診断基準

  • 意図的でない体重減少:1年間で4.5kg以上減少
  • 倦怠感の訴え(自己報告疲労):① 先月頃よりいつも以上に疲労感あり ② ここ 1 カ月酷くなった
  • ADL(日常生活動作)の低下:生活活動量評価(レクリエーションなどの活動量を評価)
  • 握力の低下(=筋力の低下):男性 26 kg 未満 、女性 18 kg 未満
  • 歩行速度の低下(=移動能力の低下):秒速0.8m以下
この2つが該当したらサルコペニアや!
  • 握力の低下(=筋力の低下):男性 26 kg 未満 、女性 18 kg 未満
  • 歩行速度の低下(=移動能力の低下):秒速0.8m以下

ちなみに、PubMedにおいてもリンクが切れており記事内容を確認することがかなわないが、

サルコペニアの定義に関する参考資料

American Journal of Epidemiology, Volume 147, Issue 8, 15 April 1998, Pages 755–763 PMID: 9554417

Clin Cases Miner Bone Metab. 2014 Sep;11(3):177-80. PMID: 25568649

で確認ができる。

サルコペニアの定義
  • 低骨格筋量および低筋力(例えば、握力)または低筋力パフォーマンス(例えば、歩行速度または筋力)の存在; 3つの状態すべてが存在する場合、重症サルコペニアと診断される
    ( EWGSOP*1 より。PMID: 20392703
  • 低骨格筋量と低筋力(歩行速度で評価できるとアドバイスされた)の存在
    ( ESPEN-SIG*2 より。PMID:20060626
  • 低骨格筋量と低筋機能(歩行速度で評価することができるとアドバイスされた)かつ、「【サルコペニア】は筋肉量の減少のみと関連するか、または増加した脂肪量と関連している」
    ( IWGS*3 より。PMID:21527165

*1 EWGSOP : European Working. Group on Sarcopenia in Older People の略

*2 ESPEN-SIG : European Society for Clinical Nutrition and Metabolism Special Interest Groups の略

*3IWGS : International Working Group on Sarcopenia の略

EWGSOPではサルコペニアを①プレ・サルコペニア / ②サルコペニア / ③重症サルコペニア と分類しているので紹介しておこうと思う。

段階筋肉量筋力身体能力
プレ・サルコペニア↓(低下)
サルコペニア↓(低下)↓(低下)または↓(低下)
重症サルコペニア↓(低下)↓(低下)↓(低下)
けいしゅけ
ちなみに、サルコペニアは1次サルコペニアと2次サルコペニアに分類ができるんや。

これについては次回の記事で書こうと思います!

ダイナペニアってなんですか?

ダイナペニアとは筋肉”量”低下を伴わない筋”力”低下である!

サルコペニアは筋肉量減少を主体とするのに対し、筋肉量の減少は伴わないけど、筋力または歩行速度が低下している場合はダイナペニア(筋力低下症)と定義されるねん!!

ダイナペニアについての参考資料

BMC Geriatr. 2017 Jan 3;17(1):1. PMID: 28049446

この論文から言えることは、ダイナペニアはInstrumental Activities of Daily Living (IADL)の困難にフレイルやサルコペニアよりも関連しているという事!

たこちゅけ
ここに内容
 Instrumental Activities of Daily Living (IADL)ってなんでちゅか? [/kjk_balloon]
けいしゅけ
 Instrumental Activities of Daily Living (IADL)ってのはね、日常生活関連動作といって、排泄・食事・就寝などの ADL(日常生活動作) に関連した、買い物・料理・掃除等の幅広い動作のことを指すねん。

そやからお金や薬の管理だったり、電話番号を調べて電話をかけるといった動作。バスや電車に乗って出かけるといった公共交通機関を利用する動作、車の運転なんかも含まれてくるねん。

ADLとIADLの違いをまとめる

ADL (Activities of Daily Living)はBADL(Basic Activities of Daily Living)とIADL(Instrumental Activities of Daily Living)に分けられる。一般的に言うADLはBADL(Basic Activities of Daily Living)の事や。

BADL(Basic Activity of Daily Living)は生きていく日常生活動作のチョー基本的な動作を指す。

  • 食事をする
  • トイレで排泄する
  • お風呂に入る
  • 寝る
  • 着替える・髪の毛を整える
  • 歩行する・車いすで移動する・階段を上り下りする

IADL (Instrumental Activities of Daily Living)は”Instrumental=手段的な”が付くので、ADLよりちょっとだけ複雑な動作を含むものであると考えればいい。

  • バスや電車を使って1人で外出できる
  • 日用品の買い物ができる
  • 自分で食事の用意ができる
  • 請求書の支払いができる
  • 銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできる
  • ゲートボール、踊りなど趣味を楽しんでいる

こんな感じの項目になるねん。

ただ移動するだけじゃなくって、切符を買ったりして公共交通機関を利用して出かける、とかね。

(参考資料:厚生労働省 総論参考資料

ややこしくなってきたのでサルコペニアとダイナペニアの関係を表にまとめるね

自分でも整理が付きにくくなってきたのでまとめます。

大事なのは、サルコペニアとダイナペニアの違いというよりも、プレ・サルコペニアとダイナペニアの違いやねん。

段階筋肉量筋力身体能力
サルコペニア↓(低下)↓(低下)または↓(低下)
プレ・サルコペニア↓(低下)
ダイナペニア↓(低下)

 

フレイル・サルコペニア・ダイナペニアのまとめを表にする

てなわけで、ちょっとずつ知識がまとまりつつあるので一覧表にしてみます。

フレイル・サルコペニア・ダイナペニアの違い
段階筋肉量筋力身体能力体重減少倦怠感主訴ADL低下IADL低下
フレイル
重症サルコペニア
サルコペニアまたは
プレ・サルコペニア
ダイナペニア
けいしゅけ
ざっと書くとこんな感じかなぁ。強引に表にしているから微妙に全部を表現できているか自信ないけど。
タコちゅけ
ひとまず用語と概念の整理はできそうでちゅ!
けいしゅけ
 ありがと☆

まとめ

フレイル、サルコペニア、ダイナペニア・・・もはやカタカナ言葉のオンパレードである。

フレイル、サルコペニア、ダイナペニア・・・

ともかく、覚えにくい。

マトリョーシカをイメージするとフレイル、サルコペニア、ダイナペニアを覚えられるかも!!

マトリョーシカのように覚える。フレイル ⊇ サルコペニア ⊇ ダイナペニア ・・・的な感じに。

ダイナペニアはサルコペニアに内包され、サルコペニアはフレイルに内包される。

言葉だけではなく、その意味を紐づけていくことで理解しつつ覚えることが出来そうや。

ただし、ダイナペニアを考える際にはIADLの低下を注意点として捉えておきたい。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ
”この記事の感想をコメントしていただけるとメッチャうれしいです!!

ご意見&ご質問も遠慮なく書いてください☆皆さんとの対話を楽しみにしています☆

下のボタンを押すとコメント記入欄へジャンプできますよ~!!

タコちゅけ
もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローして欲しいでちゅ🍀

よろしくお願い致しましゅ~☆
けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね

↓↓ひとこと書く↓↓|けいしゅけに記事の感想を教えてください☆