ロキソニンテープと錠剤のロキソニンって併用できるの?に数字を用いて完全回答することにした

ロキソニンテープ貼ってるときに、ロキソニン錠って飲んでもええのん??

素朴やけども、ムッチャ鋭い質問です。胃酸を抑える薬ってずっと飲んでてエエのん?と同じくらい疑問に感じてらっしゃる方が多いので、「薬剤師としてズバッと回答したいわぁ!」とおもい記事を書くことにしました。

この記事の結論
  • ロキソニンテープとロキソニンの錠剤は併用可能である
タコちゅけ

結論はやっ!!

けいしゅけ

まずは結論を言わへんかったら、せっかく読んでくださった方に失礼やもん。

それでは、本文で

ロキソニンのシップ(ロキソニンテープ、ロキソニンパップ、ロキソニンゲルおよびそのジェネリック)使ってるんやけど、ロキソニン錠60mg(市販のロキソニンSも含む!ジェネリックも含めてや)飲んでもエエねん!!

という答えについて解説を書きます。

けいしゅけ

数値という根拠を以て説明したるっ

では、いってみよう!!

ロキソニンテープとロキソニン錠剤の併用は可能ですか?

冒頭で既に答えており、繰り返しになりますが敢えて書かせてください。

ロキソニンテープと錠剤って併用しても胃に負担が掛かったりとか、問題ないんですか?

問題ないぞっ!数値を使ってまるっとすべて説明してやるから黙って聞いていやがれこのすっとこどっこい!!(ドラマTRICKの仲間由紀恵さん風に書いてみた)

たこちゅけ

シップやパップ、ゲルといった外用薬のロキソニンを使っている状態で、ロキソニンの錠剤を飲んだとしても・・・問題ない!?根拠はなんでちゅか??

けいしゅけ

答えは、ロキソニン錠60mgやロキソニンテープ50mg/100mgの「インタビューフォーム」に書いてるで!!

ちなみに、インタビューフォームっちゅうのは、薬の詳しい説明書のことや。これを根拠資料として、併用が問題ないということを解説していこうと思うっ!!

ロキソニンテープ100mgを200枚貼らない限り、ロキソニン錠を1錠飲んだことにならない

ロキソニンテープ100mgというのは、ロキソプロフェンを炎症止めの成分とした肌色の薄いシップで、サイズは10cm×14cmや。

*ちなみに小さいサイズでロキソニンテープ50mgという商品もあって、こちらのサイズは7cm×10cm

ロキソニン錠60mgという錠剤の解熱鎮痛剤、これもロキソプロフェンやねん。

同じロキソプロフェンを使うって大丈夫なんやろか?って思いますよね。胃に負担がかかったりするんちゃうのん?って。

ここでも結論から
  • ロキソニン錠60mgを1錠飲んだときに体に吸収されるロキソプロフェンの量は 5.04±0.27 μg/mL
  • ロキソニンテープ100mgを貼った時、体に吸収されるロキソプロフェンの量は 22.3 ng/mL
  • 1μg=1000ng
  • つまり、ロキソニン錠を1錠飲んだときに体に含まれるロキソプロフェンの量は、ロキソニンテープ100mgを200枚貼ってようやく達成できるのです!!
タコちゅけ

に、200枚でちゅか!?

けいしゅけ

うん☆もしも体に貼れたとしても、貼り終わった時の姿は『ミイラ』やな(笑)

シップなどの外用薬は飲み薬ほど体の中、つまり血液の中に成分が入っていかへん

ほんじゃ、データを用いて結論を解説していくわ☆

ロキソニンテープもロキソニンパップもロキソニンゲルも全部一緒で、外用薬はロキソニン錠を飲んだ時のように血液中に成分のロキソプロフェンが入って行かへんねん。

ロキソプロフェンが内服に比べて、外用薬で体の中に入らないという根拠資料

まずはロキソニン錠60mg(👈飲み薬)

引用元⇒ロキソニン錠60mgのインタビューフォーム

ロキソニン錠60mgを飲んだ時、ロキソニン錠の成分であるロキソプロフェンNaが最高で5.04±0.27(μg/mLの濃度で血液の中に存在したというデータが上のグラフや。

次にロキソニンテープ50mg/100mg(👈貼り薬)

引用元⇒ロキソニンテープ・パップのインタビューフォーム

このデータは、健康な成人にロキソニンテープ100mgっていう大きいシップを4枚貼った時の血中濃度を示してます。

1枚とちゃうで?4枚貼った時の体の中のロキソプロフェンNaの血液中の濃度を調べたデータですねん♬

その数値とは・・・最高89.2(ng/mL) ですわ。ロキソニンテープ100mg1枚やったら、22.3(ng/mL)ってことになりますわな。

【単位の違いに注目】1μg=1000ngやから、単位を合わせて比較してみると・・・スッキリ!!

単位の復習

  • (グラム) の1/1000が mg (ミリグラム)
  • mg (ミリグラム) の1/1000が μg (マイクログラム)
  • μg (マイクログラム)の1/1000がng (ナノグラム

ロキソニン錠60mgの場合の血中濃度の単位は μg (マイクログラム)でした。

1μg は1gの1/1000,000 のことや。

ロキソニンテープ・パップの場合の血中濃度の単位は ng (ナノグラム) でした。

1ngは1gの1/1000,000,000 を意味するねん。

つまり、1μg=1000ng

ロキソニンテープ・パップの場合の最高濃度は89.2(ng/mL)やったので、μg/mLに換算すると0.0892(μg/mL)ってことになル。ちなみにロキソニン錠60mgの最高血中濃度は5.04±0.27(μg/mL)でした。

いちおう、比較表を示すわ。

錠剤のロキソニン と ロキソニンテープ100mg 最高血中濃度比較
ロキソニン錠60mgロキソニンテープ100mg
最高血中濃度5.04±0.27µg/mL22.3ng/mL=0.0223µg/mL
体に入る成分量(AUC)6.70±0.26 µg・hr/mL2.6405±0.852 ng・hr/mL=0.0026405±0.000852µg・hr/mL

ちょっとずつ見えてきますよね?

ロキソニンテープ100mgを1枚貼って吸収されるロキソプロフェンの最高血中濃度、0.0223(μg/mL)は、錠剤のロキソニン錠60mgの最高血中濃度5.04±0.27(μg/mL)のたった0.44%や!!(0.0223÷5.04×100=0.442460317の計算結果より)

けいしゅけ

ロキソプロフェンという成分は悲しいくらいに体に入らへんわけや。ロキソニンテープ100mgを貼っただけじゃ。

ちなみにロキソニンテープ100gmを体にペタペタ貼って、ロキソニン錠60mgと同じ最高血中濃度まで行こう思たら、1/0.0044≒227枚になるっちゅうわけよ。

これが、ロキソニンテープとロキソニン錠を併用しても問題ない!と言った根拠の解説でした。

タコちゅけ

なるほどでちゅ☆

まとめ:ロキソニンの湿布を貼りつつロキソニン錠は、飲んでいい!

こういう結果になりました☆いやぁ、明快でしたね。

この記事の最終結論
  • ロキソニンテープとロキソニンの錠剤は併用可能である
  • なぜなら、ロキソニンテープ100mgを1枚貼った時に体に吸収されるロキソプロフェンの最高血中濃度は、ロキソニン錠を1錠飲んだ時のたった0.44%にしか到達しないからである
  • ちなみに、ロキソニン錠60mgを1錠飲んだときに得られる最高血中濃度を、ロキソニンテープ100mgを体に貼って得ようとした場合に必要な枚数は227枚である
  • ゆえに、併用しても胃が荒れるといった心配はない!!

今日の話はここまで!面白かった??


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

けいしゅけ

”この記事の感想をコメントしていただけるとメッチャうれしいです!!

ご意見&ご質問も遠慮なく書いてください☆皆さんとの対話を楽しみにしています☆

下のボタンを押すとコメント記入欄へジャンプできますよ~!!

タコちゅけ

もしよければ、下のボタンを押してけいしゅけをフォローして欲しいでちゅ🍀

よろしくお願い致しましゅ~☆

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする Facebookフォロー&いいね

4 COMMENTS

鈴木ワークス

初めまして!
ロキソニンテープを貼っていて、さらにロキソニンを服用をしていいのか調べていたら、たどり着きました!

めちゃくちゃ分かりやすくて本当に助かりました。
その他にも知りたい事がありそうなのでブックマークと友人にも紹介させて頂きました。

これからも面白くてためになる記事を楽しみにしております!!

返信する
けいしゅけ(神田佳典) けいしゅけ(神田佳典)

鈴木ワークス様
コメントを頂戴し、ホンマに嬉しいです(●´ω`●)シアワセ
この嬉しさが記事を書くエネルギーになりますっ!!ありがとうございます☆
今後もお役に立てる情報が発信できれば幸いです

返信する
みっこ

初めて読ませて頂きました。
文章の書き方も理論的で分かりやすく感動いたしました。

返信する
novorg

すっごい具体的かつ化学的で分かりやすかったです
今歯痛で顔が腫れていて湿布貼ったんですが飲んでいいのか調べたらたどり着きました
ほんと 助かりました ありがとうございました!

返信する

↓↓ひとこと書く↓↓|けいしゅけに記事の感想を教えてください☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。