MENU
アーカイブ

新人薬剤師応援 関連記事 一覧

あわせて読みたい
新人薬剤師がたった1週間で職場の先輩と打ち解ける為の6つのコツ
新人薬剤師がたった1週間で職場の先輩と打ち解ける為の6つのコツ本日のテーマ新人薬剤師としてデビューしたあなたがたったの1週間で職場に打ち解けるためにするべきことはたったの6つ職場の人間関係を良好にするのは最初の1週間がメ...
あわせて読みたい
新人~ベテラン薬剤師まで対象|薬剤師の保険ルール学習支援ページ
新人~ベテラン薬剤師まで対象|薬剤師の保険ルール学習支援ページまいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆もしかして,保険の勉強を敬遠してませんか?保険調剤薬局に勤めていると痛烈に感じることがあります。保険って事務さんのお...
あわせて読みたい
内服薬調剤料の計算方法をたった30分で理解する!
内服薬調剤料の計算方法をたった30分で理解する!まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆さてさて,調剤料に関する記事を連載として書いていきます。今回は1つ目,内服薬の調剤料の算定について書いていきます。今ど...
あわせて読みたい
新人薬剤師が現場で主力になる4つのコツ
新人薬剤師が現場で主力になる4つのコツこの記事のテーマたった1週間で職場に打ち解ける方法を伝える薬剤師として何をどうやって勉強すればいいか伝えるスキルを磨く具体的な方法を伝えるNext Levelに達する...
あわせて読みたい
新人やブランク明け薬剤師で勉強方法が分からないに9つの回答を贈ります
新人やブランク明け薬剤師で勉強方法が分からないに9つの回答を贈ります本日のテーマ保険調剤薬局で働くとなったが,勉強方法がわからないという声は多い不明なのは業務の流れ?調剤手技?保険ルール?まず何がわからないかを明確にし,重点...
あわせて読みたい
新人薬剤師の保険学習教材に【保険調剤Q&A】をお勧めします!
新人薬剤師の保険学習教材に【保険調剤Q&A】をお勧めします!新人薬剤師の保険学習教材に【保険調剤Q&A】をお勧めします!この言葉を僕は何年も何年も言い続けてきました。何人もの新人薬剤師の皆さんと一緒に現場で働いた経験...
あわせて読みたい
【新人薬剤師の転職】6パターンの「そんな保険調剤薬局やめてOK」
【新人薬剤師の転職】6パターンの「そんな保険調剤薬局やめてOK」まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆よく,『就職したからには3年は在籍しなきゃダメだ』なんて言います。この言葉が言いたいことは,少し自分にとって嫌なことが...
あわせて読みたい
タケキャブ(ボノプラザン)は長期服用に向くのか?
タケキャブ(ボノプラザン)は長期服用に向くのか?新規機序のP-CAB(カリウムイオン競合型アシッドブロッカー)に分類されるタケキャブ(ボノプラザン)。患者さんからの聞き取りから感じた事と,門前の公立病院の...
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

ユベラNソフトカプセル200mgが軟カプセルの理由が判明

ユベラNカプセル200mgが軟カプセルの理由

ユベラNソフトカプセル200mgが軟カプセルの理由って何やろう??

普段何気なく触っている ユベラNカプセル 100mg は硬カプセルや。

一方で,ユベラNソフトカプセル 200mg は軟カプセル。

なんでカプセルの種類が違うんやろね?

これ,何気ないけど患者さんから質問されて答えられますか?

答えられない・・・。そんなアナタ。理由を知りたくないかい?

理由がないはずないねん。追求しようや☆

仮説:ユベラNソフトカプセル 200mg が後から販売になったからカプセルが進化したのだろうか?

⇒違うねん。これは理由とちゃうねんで?

気になったので,けいしゅけ調べてみたんよ。

よっしゃ,理由を説明していくでーーーー!!!!

目次

バイオアベイラビリティの向上が理由やねん!!!

ば,ばいおあべいらびりちぃ??なんやそれは?

というアナタのために用語の説明をするで。

バイオアベイラビリティ

薬剤学において,飲んだ薬が全身の血液循環に到達する割合をあらわす数値の事。

定義上,薬が静脈内に(注射によって)投与された場合はバイオアベイラビリティは100%となる。

まぁ,言うたら薬の体への吸収率ですわ。

 

そう,このバイオアベイラビリティが理由でユベラNカプセル100mgは硬カプセルなのに対して,ユベラNソフトカプセル200mgは軟カプセルになったんやってさ!!

 

ユベラNソフトカプセルが軟カプセルの理由は4つ

はいはい,焦るな焦るな!

それでは理由を発表します。

  1. ユベラNカプセル100mgの中身の顆粒を倍量(200mg)硬カプセルに入れようとするとカプセルが大きくなりすぎて,飲みにくくなる。そのため,中身を半固形(ほとんど液状)にして軟カプセルに入れた。
  2. ビタミンEはミセル化(⇐後でこの用語の説明をします!)して吸収されるのだが,胆汁酸などの分泌液の量が減っている高齢者の場合,ミセル化が完全にできず,吸収率が悪くなってしまうことがわかった。(バイオアベイラビリティの低下)
  3. 中身を半固形(ほぼ液状)にすることで,水剤を服用するレベルで高齢者でも吸収率が大幅に上がった。
  4. 一方で100mgまでは硬カプセルでも十分に高齢者でも吸収ができていた。

 

これらの4つが理由やってん。

それでは,各理由についてちょっと解説していくで☆

1.カプセルの大きさが問題になった。

これは服薬アドヒアランスの問題にも直結するので,大事な理由ですな。

ユベラNカプセル100mgのカプセルの1.5~2倍の大きさのカプセルになってたら・・・飲む気にならん!!

2.ミセル化に必要な分泌液が高齢者では十分に出ていない

ミセル化

油と水は混じりまへん。油を水に混ぜるにはどうしたらいいか?

それはね,外側に水に溶ける性質を持つ部分があって,油に刺さる矢を持った爪楊枝(つまようじ)のようなもので油を刺しまくってボール状にしちゃうのよ。

そうすれば,内側に油が入り込んで,外側は水に溶ける性質の部分だけになるでしょ?

これがミセル化。

図を示そうか

引用元⇒http://ascii.jp/elem/000/000/142/142856/index-3.html#eid143593

こんな感じ。

このつまようじが体の中では胆汁酸とかが役目を果たしているのやけど,高齢者になると残念なことにこの胆汁酸などの分泌が減ってまうねん。

なので充分にミセル化できず,体に取り込めることなく体の外に流出してしまうわけ。

 

3.カプセルの中身を水剤に近い状態にした

これを改善するために,添付文書で載っている添加物だと,「グリセリン脂肪酸エステル」これにビタミンEを溶かして(ミセル化させたと考えればいい),吸収率をあげたわけ。

そして,グリセリン脂肪酸エステルに溶かすことで顆粒ではなく,液状に近い半固形状態になったビタミンE。

これを閉じ込めておくためには軟カプセルが必要となったのだ。

 

4.なら100mgのユベラも軟カプセルにしたらええやん!?と思ったのだが

エーザイの学術担当者にここまでの話を聞き,この質問を投げかけた。

すると答えは意外なもので,

実は100mgくらいまでならば,高齢者であっても十分に食後に服用することできっちりと吸収することがデータでわかっています。

とのことやってん。

100mgはOKやけど,200mgは物理的(カプセルがデカくて嚥下が辛い!)にも,体の吸収能的にも厳しい。

人の体って微妙なところやわ。

 

今日はここまで

今回は割と短編かつ,素朴な質問の答えとして記事を書いてみました。

けっこう中身は単純なものの,説明しろって言われると答えられないものだと思うので,ぜひこの記事を読んで周りの人に,「なぁ,ユベラNカプセルってなんで200mgになったらソフトカプセルになるかわかるーーー???」とかいうて調子に乗ってみてはいかがかな??

けいしゅけ

今回の記事はいかがでいたか? アナタのお役に立てていれば幸いです! もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や,ご意見,ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

ユベラNカプセル200mgが軟カプセルの理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事の感想など,ひとこと頂けますか?

コメントする

目次
閉じる