MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

【後発品情報】プレガバリン・リバスチグミンなど4成分が12月発売へ

まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆

医薬品関係の記事をしばらく書いておりませんでした。久しぶりにジェネリックの発売情報でも書こうと思います。

2020年12月にプレガバリン(リリカ®[ファイザー])とリバスチグミン(イクセロン®パッチ[ノバルティス]/リバスタッチ®パッチ[小野薬品])が販売になることがわかりました。

それぞれ先発品の薬価はどうなっている?

医薬品名薬価
リリカ®カプセル25mg/同OD錠25mg65.2 円
リリカ®カプセル75mg/同OD錠75mg108.8 円
リリカ®カプセル150mg/同OD錠150mg149.6 円
イクセロン®パッチ4.5mg316.5 円
イクセロン®パッチ9mg355.3 円
イクセロン®パッチ13.5mg381 円
イクセロン®パッチ18mg398.8 円
リバスタッチ®パッチ4.5mg312.4 円
リバスタッチ®パッチ9mg351.7 円
リバスタッチ®パッチ13.5mg377.5 円
リバスタッチ®パッチ18mg396 円
各医薬品の薬価 2020.8.19現在

初めて承認された後発品の成分はプレガバリンのほか,吸入麻酔薬デスフルラン(スープレン,バクスター),認知症薬リバスチグミン(イクセロン/リバスタッチ,ノバルティス/小野薬品),抗血小板薬クロピドグレル硫酸塩・アスピリン配合錠(コンプラビン,サノフィ)――となる。

デスフルラン後発品は1社1品目が承認され,承認取得企業はバクスター・ファーマ合同会社となる。リバスチグミン後発品は11社44品目が承認を取得。先発品がパッチ製剤ということもあり,後発品の承認取得企業には久光製薬,救急薬品,帝国製薬,祐徳薬品といった貼付剤に強みを持つ企業が多い。クロピドグレル・アスピリン配合錠の後発品には3社3品目が参入。承認取得企業は日医工サノフィ,日新製薬,キョーリンリメディオで,後発品名は「ロレアス配合錠」となる。

ミクスOnline「厚労省・後発品承認 初後発は4成分 リリカ後発品に22社80品目,ファイザーのAGも」より

コンプラビン®配合錠(サノフィ)もジェネリックが出るんですね。1錠234円とこちらも高いお薬なので,ジェネリックに変更することで負担金額が減りますね。

ファイザーはリリカ®の後発品発売に対して抵抗しているので,実際に発売されるかどうかはわかりませんが…。



今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

\最新記事をメールでお知らせするで/

3,929人の購読者に加わりましょう

けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

この記事の感想をコメントしていただけるとメッチャうれしいです!!
ご意見&ご質問も遠慮なく書いてください☆皆さんとの対話を楽しみにしています☆
下のボタンを押すとコメント記入欄へジャンプできますよ~!!

タコちゅけのアイコン画像タコちゅけ

ウチのけいしゅけはSNSもやってまちゅ!良ければフォローしてやってくださいでしゅ💛

Twitterでけいしゅけをフォロー

けいしゅけFacebookにいいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事の感想など,ひとこと頂けますか?

コメントする

目次
閉じる