MENU
アーカイブ
腎機能評価ツールを無料公開中 ➡ココをタップ

マーデュオックス軟膏,初処方出るもイキナリ「高い!」とクレーム

先日の投稿:マーデュオックス軟膏(尋常性乾癬治療剤)。販売開始から1か月。処方数0。 

これにても触れましたが,やはりこの製剤は高すぎる!という話。

目次

初処方が初クレームとなる始末

最低な結果です。実話ですよ?作り話ではありません。
なぜそんなクレームになったか話していきましょう。。。

3割負担患者に出たマーデュオックス軟膏20gの処方。会計はなんと

2000円くらいでした。もう1剤内服で眠剤が30日分出ていましたが。
231円/gの薬価がついているマーデュオックス軟膏。
20g出れば4620円となります。
3割負担なら薬材料だけで1360円。
調剤基本料や基準調剤加算,調剤料がそれぞれ加算されるので,
そりゃ2000円くらいにはなるよね?

仮にアンテベート軟膏+オキサロール軟膏20gずつのミックスだったらいくらだったのか?

アンテベート軟膏0.05%   ⇒ 28.7円/g
オキサロール軟膏25μg/g ⇒ 115.5円/g
なので,20gずつ処方された場合には,2884円になります。
計量混合加算が80点⇒800円かかるので足すと3684円です。
3割負担だと1100円ですね。
260円も安い。合計40gもらえるのに。
そりゃ患者さん納得しないよね?

ちなみにアンテベート軟膏もオキサロール軟膏もジェネリックがあるから,
ジェネリックの薬価が先発品の70%とすると,
薬材料は2884×0.7=2018.8円です。
計量混合加算を合わせるとおよそ2820円。
だから3割負担であれば850円です。

差額は510円にまで膨らんだぞ!

提案:患者さんからクレームが来たら混合軟膏の疑義照会をする

いや,これ以外ありえないでしょ?
なんならジェネリックにしてあげようよ。

マーデュオックス軟膏(尋常性乾癬治療剤)。販売開始から1か月。処方数0。

でも述べてますが,マーデュオックスって特別に優れた基材を使ってるわけではないです。
なので,承認上書かれている1日1回の塗布でOKってのは,エビデンスがありません。
逆説的に言えば,実際に1日1回で乾癬に効くのならば,混合軟膏(アンテベート+オキサロール)
を1日1回で塗りゃいいんだって!

そしたら倍の質量の軟膏は手に入るは,安いわ。
薬局は計量混合加算が手に入る。
誰も損をしません。
オキサロール軟膏で調剤するならマルホだって損はしてません。

なので結論!マーデュオックス軟膏が出たら疑義照会して混合軟膏にすべし!!!

けいしゅけのアイコン画像けいしゅけ

今回の記事はいかがでいたか? アナタのお役に立てていれば幸いです! もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や,ご意見,ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

この記事をお読みのアナタにオススメの記事があります☆

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事の感想など,ひとこと頂けますか?

コメント一覧 (1件)

  • 検証!ドボベット軟膏はマーデュオックス軟膏と比較して優れているのか? より:

    […] マーデュオックス軟膏についての記事(マーデュオックス軟膏、初処方が出るも「高い!」と即クレーム!と、マーデュオックス軟膏販売開始から1カ月経つも処方ゼロ)を書いたのが […]

コメントする

目次
閉じる