調剤薬局で薬の在庫が不足または無い時に知っておきたい4つの対処法

調剤薬局で薬が不足・在庫がない場合の対処方法






調剤薬局で薬の在庫が不足または無い時に知っておきたい4つの対処法を今回は書き記して行こうと思います!

処方箋を受けた時に、処方箋に書かれている薬の

  1. 数量が不足してしまう場合
  2. そもそも在庫がない場合

2つのパターンがあると思うねんけど、対処法を多く知っているほど焦らずに済むと思うのよ。

なので、けいしゅけが常套手段として使っている対処法を書き記していきまっせ!!!
ほな、いこかぁ~

処方量に対して在庫している薬の数量が不足した(または無い)場合の対処法

処方箋に書かれている薬のうち、よくあるのが一部は在庫しているんだが、一部の品目に関して数が足りない!(てか、1個もないっ!)というパターン。これに対する対処法を書いていくで!!対処法は4つあるねん

  1. 近隣薬局から借りる、もしくは分譲してもらう
  2. 患者さんに薬局へ再来局してもらう
  3. 患者さんのお宅の住所と電話番号を確認し、郵送する
  4. 患者さんのお宅の住所と電話番号を確認し、お届けする

ざっと挙げると以上4パターンの対処方法がある。

レアケースとして、患者さんから「その不足してる薬は手持ちが余ってるからいらない」と言われることが🎵

その場合はソッコーでドクターに疑義照会して処方日数の短縮、もしくは削除をお願いしよう。

ちゃっかり重複投薬・相互作用等防止加算を算定するのを忘れずに。

対処法① 近隣薬局から借りる、もしくは分譲してもらう

最もポピュラーな対処法。てか、日常において1stチョイスはこの方法や。なぜか?

その場で処方された薬の全量を患者さんにお渡しできるから!

まぁ、書いておいて言うのもなんやけど「当たり前やがな」って理由。

まじめに書いておくと、患者さんにとっても薬局側にとっても、その場で薬の数量が不足しているという問題が解決する。

・・・この方法は知らない薬剤師はいないと思うので、次に進むで~

対処法② 患者さんが不足薬を取りに再来局するパターン

「おいおい、不足しておきながら患者さんにまた足を運ばせる手段なんてナシじゃないのか?」

そんな疑問を抱く方もいるかもしれないが、

実は患者さんの再来局によって不足薬を後日(処方箋を受けたのが午前中ならその日の夕方)薬局にて患者さんにお渡しする場合というのは少なくないのだ。

理由は3つ

  1. 患者さん自身が、自分のタイミングで不足分を受け取りたいと考えているから。(宅急便による郵送になった場合には不在で受け取れない場合がある為)
  2. 患者さんが近所に住んでおり、「取りに来るから送ってもらわなくてもええで~」と言ってもらえることがある
  3. 患者さんが近日中に検査結果を聞きに来る、もしくは別の病院への受診する。または買い物などで薬局の近くを通るついでに薬局に寄る
理由①に関する補足説明☆
不足した薬が冷所品であったり、アミノレバンなど体積が大きいものである場合、普通郵便などでの郵送が不可能や。

その為、宅急便による郵送か、薬局職員によるお届けに対応となる。この場合は受け取る側になる患者さんの段取りの都合が問題になる。患者さんによっては仕事の関係などで受け取りが難しいのだ。また、薬が届くのを待つという時間の拘束を嫌う方もいらっしゃる。

不足した薬は患者さんの手元に一定量お渡しできていることもあって、患者さん側から「取りに来ますわ」という申し出があることが意外と多いねん。

患者さんの再来局によって不足薬を薬局でお渡して完結するパターンでした。

患者さんの来局までに時間がある場合の不足薬の調達方法について☆

不足薬を患者さんにお渡しするまでに時間的に余裕がある場合(FAX処方箋で患者さんが来局するのは数時間後になる場合など)に使える薬の調達方法を書いておこう

  1. 近隣薬局に在庫がない場合は、卸の担当者さんに不足薬を卸している薬局を調べてもらい、ヒットした薬局に分譲依頼をかけ、分譲してもらう。(不足薬があまり動かない商品の場合)
  2. 患者さんが当日中に再来局するなら、メディセオの分割品発注は魅力的(不足薬があまり動かない商品の場合)
  3. 単純に発注して納入する。当日に再来局されるなら急配依頼で卸に発注する。(不足薬がよく動く商品の場合)

選択肢の1.は普段から卸の担当者さんと人間関係を作っておかないと成立しないやり方やねんけど、使えると非常に心強い。ほぼ不足した薬が手に入らないことはないからね。

けいしゅけ
ちなみにやけど、在庫が不足した時に患者さんに対応方法を聞く場合は

「不足したお薬についてですが、どのように対処させていただくのがご都合よろしいでしょうか?こちらからご提案できるのは、郵送させていただくこと・お届けに上がることです。受け取りが難しい場合や家に来てほしくない方もいらっしゃいますので、その場合は不足分のお薬を薬局でお預かりしておき患者様のご都合のよろしい時に受け取りに来ていただくという方法も提案させていただいております。」

といった言い回しを使おう。

はじめから来てもらうことを前提に話すのはサービス業としてNGやで!!

不足薬の対処法③ 患者さんのお宅の住所と電話番号を確認し、郵送する

対処法②で触れているので、サラッといこうか。次も王道の方法やねんけど、不足薬を郵送するというもの。

患者さんの住所と電話番号は薬局に登録されているものから変わっている可能性あり!絶対に確認しよう
これ、対応に慣れていないとやってしまう失敗やねんけど、郵送したら住所不明で戻ってくるという大失態のリスクがあるねん。

登録されている住所や電話番号は、以前聞いたものであって現在は変わっているかも知れないという事が盲点になって起こる。

なので、郵送すると決まったら患者さんに必ず登録されている住所と電話番号が合っているか?の確認をしよう。集合住宅の場合なら、集合住宅の名前や棟の番号までしっかりと確認する必要があるで!新患アンケートに書かれる住所って意外と患者さんが省略して記入していることが多いので、こういった機会に正式な住所を聞いておこう。

最後に、宅配便での郵送となった場合には時間指定の希望があるか?を聞くことも忘れずに!

ちなみに、郵送となった場合は、郵送方法で以下の事を必ず意識的に行おう!

  1. 郵送している最中に薬が潰れてしまうことがないように、プチプチ(緩衝材)で保護しよう。
  2. 一筆箋などで、不足したことに対するお詫びのメッセージと、利用していただいた事に関する謝辞を書いて同封しよう
  3. とにかく、薬の入れ方・一筆箋の折り方や入れ方・封筒の封の仕方など全てを丁寧に行おう。心遣いや配慮は必ず患者さんに伝わるで!

薬が不足していて、せっかく来局した患者さんに全てそろった状態でお渡しできなかったという薬局側の落ち度(それがやむをえない事情があったとしても患者さんの立場から見れば、薬局側に落ち度がある)を申し訳なく思う気持ちと、数ある薬局から自分のいる薬局を選んでくれた患者さんへの感謝を伝える機会なので、郵送となった場合には気持ちを込めて対処しよう!

けいしゅけ
冷所品や、体積の大きい薬だけでなく、非常に高価な薬で万が一にもプチプチ(緩衝材)を巻いていても潰れてしまっては困る!という薬の場合は宅急便で送ることを選択しよう!

過去にプラザキサカプセル(抗凝固剤)を郵送した時に、

「プチプチで巻かれてたから潰れてはいなかったけど、カプセルがシートから飛び出してたで!悪いけど交換してくれへんか?」

とお叱りを受けた経験があります、僕。

不足薬の対処法④ 患者さんのお宅の住所と電話番号を確認し、お届けする

最後にこの手段。

この手段を使うのは、3つの場合に限られると思ってほしい。

  1. 不足したのが、全量である場合(在庫がなかった場合)で、すぐに服用開始の必要性がある場合
  2. 不足したのが、オピオイド(麻薬)
  3. 郵送ではお渡しできている薬がなくなるまでに届かない可能性がある

この3パターンやわ。

①については、もはや当たり前の域を出ない。せっかく処方箋を持ってきてくれた患者さんに1つも渡せなかったのにもかかわらず、自分の薬局で受け取ることを選択してくれた患者さんに対してこちらができる精一杯の対応方法や。お届けに行って迷惑にならない時間を確認したうえで訪問し、お渡ししましょうや。

②についても、常識。郵送とかありえない。紛失した時点で警察沙汰やし!つべこべ言わず、黙ってお届けしましょう。

③についても、①と同じような理由やね。とにかく、せっかく自分の薬局を選んで来てくださった患者さんに対するマナーですな。

郵送でも済む場合はお届けに行くのは避けるべき!?

薬剤師の時給はおよそ2000円。郵送で済むのならば、時間的にも労力的にも金銭的にも郵送の方が良い。

少なくとも、患者さんが郵送で良いと言って下さっているのにお届けに行くのは、薬局側の自己満足だ。

忙しい時間にお届けに来られても迷惑やねん。てか、郵送でエエって言うてるやん?と患者さんの立場になったら思うね僕は。実際に患者として薬局を利用した場合で、不足が生じた場合には僕は確実に郵送で良いと言う。

薬局長としての立場から考えても、結論は同じ。

人件費と労力、お届けに行くスタッフが抜けている間に薬局が混んでしまって、外来患者さんを待たせてしまうリスクなど

総合的に考えて、郵送で済むものをお届けに行くというのは判断ミスとしか思えない。

薬剤師がお届けに行くとして、患者さん宅を探すのに苦労したとしよう。繰り返すが薬剤師の時給は2000円ほど。お届けするのに往復で1時間半かかったとすれば3000円の経費がかかったことになる上に、薬局内は薬剤師マイナス1人の状態で業務を回さなければならない状態になっているのだ。

仮に事務スタッフさんにお届をお願いするとしても、人員がマイナス1人になるのは変わりがない。

郵送で良いと患者さんが言って下さったのならば、薬局は郵送で対応するのが正解だと思う。ただし、郵送に当たっては先に書いた通り丁寧に、気持ちを込めて行うのが礼儀や。

 

まとめ

今回は在庫が不足(全欠)た場合の対処方法について書いていきました。この4パターンの対応方法は特に新人薬剤師さんなら今から知って置いた方が良いわ。これはおそらく現場で網羅して説明されることはないだろうから。

あらかじめ知っておくと、不足が出た時の対応で慌てなくて済むからね。

最後に伝えておきたいのは、やむを得ない場合以外でのお薬の在庫不足は薬局側の落ち度であるという事!

僕の薬局の近隣薬局はどうも在庫を絞るように言われているのか、ロキソニンのジェネリックすら貸してほしいと言ってくることがある。

そんな薬局はハッキリ言うて潰れたらええと思うわ。僕が患者やったら絶対に利用したくないね。多くの患者さんに、当たり前のように出る薬の数すら絞らなければ成り立たないような経営をする薬局なんてロクな薬局とちゃうわ。

在庫不足は患者さんに迷惑をかけてしまった行為であるという事を忘れず、僕たち薬剤師は仕事をしていきたいね。

けいしゅけ
今回の記事はいかがでいたか?
アナタのお役に立てていれば幸いです!
もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!
調剤薬局で薬が不足・在庫がない場合の対処方法

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!