スポンサーリンク

軟膏やクリーム、塗り薬1本で何日分?計算ツール作ったよ

難航やクリームのチューブは1本で何日分?

スポンサーリンク

問題。次の処方の処方日数を答えよ

処方) フルメタ軟膏 60g 1日2回 両下肢に塗布

*ちなみに他の処方は内服で14日処方だったとする。
さて、上記の処方日数は何日分ですか?
処方量としては十分でしょうか?

上記の問題に答えられないなら、薬剤師としては勉強不足っす!

ドキっとしたあなた。

えーっと、どうだったっけか?と頭をポリポリしているあなた。

今回の記事をプリントアウトして監査台に貼っておいてください!
あと、この投稿はブックマークしとくのをオススメします。

関連記事☟☟☟
目薬1瓶で何日分?投薬時のポイントもついでにまとめたよ

1FTU(Finger-Tip Unit)≒0.5g これが基本知識で必要

FTUってなに???


1FTUは両手に塗る1回量を指します。
チューブをつまんで出した軟膏/クリームが大人の人差し指の第一関節の長さに1本出した量。
これが1FTUです(≒0.5g) 。

ローションの場合は、1円玉大が1FTUとなります。

理解よりも使えるツールを使って覚えていこう

%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%87%a6%e6%96%b9%e3%80%81%e4%bd%95%e6%97%a5%e5%88%86%ef%bc%9f%e6%8f%9b%e7%ae%97%e8%a1%a8

この表がけいしゅけ力作であります!
これを元に、
処方日数処方量全量(g)÷{1回量(g)×1日の塗布回数}
を計算すれば良いわけだ。

さぁ、冒頭の問題の答えを導きだそうではないか

処方) フルメタ軟膏 60g 1日2回 両下肢に塗布

*ちなみに他の処方は内服で14日処方だったとする。
さて、上記の処方日数は何日分ですか?
処方量としては十分でしょうか?

両下肢に塗布だから、換算表より、1回8g塗ることになるようだね。
1日2回だから、1日当たり16g必要ってわけ。
なので、60÷16=3.75日分が答えになります。

内服の処方日数は14日分でした。
もしこの期間分、外用薬を使うのであれば、当然疑義照会が必要です。
4倍は必要なので、240gの処方がなければ14日分は持たないと計算できます。

ひとまず、1週間塗って様子を見るのであれば120gの処方が必要だったって事か。

どうですか?このレベルの疑義照会できてますか??

覚えるのではなく、ツールを使いこなそう

私の提案はこれです。
上記の表は覚えるのは皮膚科門前の薬剤師さん以外は無理でしょう。
3日と経たずに忘れます。
なので、プリントアウトして貼っておいてください。

「これって何日分?」
そんな質問が患者さんから出てきたときに使えばいいじゃないですか。

大事なのは、何日分であると答えられることである。

私はそう思っています。
この記事があなたの生活に役立つことを願います。

あ、そうそう。
この使用量ですが、ステロイドだろうが抗真菌剤であろうが、使う量は一緒です。
ステロイドは少し薄く塗るように指導することが多いのですが、
計算の上では上記の通りで大丈夫ですし、使用量としても上記の通りで間違いないです。

目薬1瓶で何日分?投薬時のポイントもついでにまとめたよ

まとめ

軟膏やクリームのチューブ1本あたり何日分になるかを答えられることで患者さんが思っていたよりも早く薬がなくなることを防げますし、投薬窓口での説明もしっかりとした情報提供ができるようになるので、ぜひツールを活用しながら、今回の処方量だと〇日分になりますよ!と伝えられるようになってしまいましょう!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

スポンサーリンク

難航やクリームのチューブは1本で何日分?

5 件のコメント

  • 1FTU=0.5g程度っていうのは、海外の1本20gや30gの軟膏の口径の場合で、日本の5g軟膏は口径が小さいので、1FTUでも0.2gとか0.3gのものが多いですよ

    • 薬剤師tt様
      コメントありがとうございます。
      さすがです!その通りなんですよね。
      とはいえ、軟膏の使用量の目安ってまだまだ認知されていないので、
      ひとまず1FTU=0.5gという情報を周知したいというのが狙いでした。

  • けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!