けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

畳はイ草ではなく、ビニール畳か和紙畳が色褪せずオススメ☆

ビニール畳がオススメ!畳の張替え、えらべる素材はイ草・和紙・ビニール

蒸し暑い夏がある日本。家の中に畳がある部屋、つまり和室があるって気持ち良いですよね。

寒い冬は、フローリングよりも畳の方が冷えにくいのも利点と言えましょう。

しかし、デメリットも存在します。湿度が高い6月あたりからダニによる被害で皮膚科受診が増え、僕の勤める薬局にも患者さんが来られます。このダニ、どこで繁殖しているのでしょうか?

そう、畳です。

もちろん、布団やホコリの中にもダニはいますが、干したり毎日の掃除で解決できる場合がしばしば。

しかし、畳だけは効果的に解決する方法がありません。イ草の畳ならば新しいものほどダニが発生しやすいのです。

でも・・・なんとかダニ問題をクリアしつつ和室でゴロゴロ昼寝したい!

そんな願いをかなえるために、我が家では畳をビニール製か和紙製にしようと思ったのです。そして、散々迷った末、和紙製の畳に変更しました。なぜ和紙畳にしたのでしょうか?

いや、ちょっと待って!そもそも畳ってイ草だけじゃないの??って思ったあなたにはピッタリの記事です。

参考になればいいなと思い記事を作ってみました。

イ草の畳で問題となること

劣化する

イ草の畳は香りがよく、なじみ深い点が非常にいい。

しかし、新しければ新しいほどダニが繁殖しやすいのが、この記事の論点でもありますが最大の欠点です。

また、日焼けによって最初の美しい青みがなくなっていく…。これが残念ですよね。

イイものは値段が高い

イ草畳の値段は、ピンからキリまで。(格安品で1帖3000円~、高級畳は1帖10000円~が目安です。)

我が家は中古住宅でしたが、購入時に和室に備わっていたイ草畳は焼けて茶色くなっていました。

それに、すんごい短い畳のクズゴミが出てしまい、ゴロンと横になろうものなら洋服が畳クズだらけに。

こりゃイカンな…。そういった流れがあり、畳を張り替えるのことを決断っ!!

早速、畳屋さんのホームページを見ることに。

和紙やビニール畳はダニに強く、色あせなど劣化しにくい。値段も1帖5000~7000円くらい!

そうした流れで、畳の張替えなら!全国シェアNo.1の三条たたみ!【無料見積実施中】というサイトに行き着き、畳の種類やグレードをふむふむ、と言いながら読んでいきました。

すると、あったんです!

とってもオススメな畳が。

それでは、実際の体験もかねてレビューしていきますね。

和紙かビニール素材(樹脂素材)の畳があるのです

実は世の中には和紙やビニールの素材で、見た目はイ草の畳と全く変わらないものが存在しているんですってね。

ちなみに我が家は和紙を選択しました。

和紙の畳にした理由はもちろん、和紙とビニール畳のメリット・デメリットをまとめますね。

和紙の畳の良し悪しまとめ

良い点

  • 値段はイ草畳の中堅から上位クラスの値段
  • うれしいのはダニが繁殖しないこと。和紙ゆえに吸湿性もあり、カビが発生しにくいのです。
  • イ草畳と違って細かい畳クズのゴミが出ない。これ最高です!!
  • 日焼けによる青っぽい畳の色が劣化しない!!
  • 我が家の和室は真南向きなのだが、2年たった今も青々としております。

悪い点

  • 格安のイ草畳に張り替えることを思えば予算は高くなってしまう。
  • 意外と傷つきやすい。(僕が唯一、和紙畳で不満があるならこの点です!)

ビニール畳を強くオススメします!!!

そんなわけで、もしアナタが畳を張り替えるか迷っており、ダニ被害をクリアしつつ、耐用年数が長いものをお求めであるとします。

断言します、ビニール畳がオススメです!

って言っても意見を押し売ってもしかたないですから、良し悪しをまとめておきますね。

参考にして見てください。

ビニール畳の良し悪しまとめ

良い点

  • ビニール畳は、居酒屋など商用施設でも使われています。それほど、強度は強く、傷がつきにくく。色味も劣化しないのが理由です
  • 素材の特性もあって、畳のカラー展開が豊富であることも魅力でしょう。黒っぽいもの~黄色っぽいものなど様々な色合いから選ぶことができます。大切なお部屋、こだわって作るならビニール素材の畳は満足度No.1となりましょう。

悪い点

  • とにかく、高い。これに尽きる。やっぱりいいものは値段も高いです。(最安でも1帖7000円~を想定すると良いかも)
補足☆

ビニール畳は、イニシャルコストこそ高いですが、耐久性があるので長期的に考えると高いとは言い切れません。

導入できるだけの経済的な余裕があるかどうか?

これがこの畳の最大の弱点でしょう。

 

まとめ イ草・和紙・ビニール畳の比較

本記事では実体験をもとに書いてきました。

最後にざっとまとめを書いて終わります。

  • イ草畳は導入コストは安いが、色あせ、ダニの発生がある。高級品は高い。
  • 和紙の畳はコストは中間。色あせ、ダニの発生は無い。ただし、傷がつきやすいのが難点
  • ビニール畳はコストは高い。色あせ、ダニの発生は無い。傷もつきにくく、導入できる余裕があるならば最もオススメの畳

こんな感じですね。

少しばかり参考になりましたでしょうか?興味を持った方は、畳の張替えなら!全国シェアNo.1の三条たたみ!【無料見積実施中】で見積もりを取ってみると良いかもしれませんよ☆

良き和室ライフを送れますよう、ねがってます(●´ω`●)

最後まで読んでくださってホンマおおきに☆けいしゅけ(@keisyukeblog)でした。あ、よかったらTwitterのフォローしたってな🎵

 

けいしゅけ

今回の記事はいかがでしたか? アナタのお役に立てていれば幸いです!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆

待ってます!!

2 Comments

10人に聴きました!一戸建て向きな人の共通点3つ | けいしゅけのブログ薬局 情報館

[…] 畳はイ草ではなく、ビニールか和紙がオススメすぎる! […]

返信する

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!