薬局内勉強会有効活用のすゝめ。勉強会の効果を10倍にする7つの提案!

薬局勉強会の前にするべきこと

問題提起

薬剤師として働きだすと、当然出会うのが製薬メーカーMRを読んでの勉強会。
この勉強会、活かすも無駄にするも僕ら次第やねん。
僕が残念と思うタイプは勉強会ではなく「弁当会」になっている薬剤師さん。

自分はどうなってる?勉強会になってる?弁当会になっちゃってる??

せっかくの勉強会なのだから、一つでもいいので実践に活かせる知識を得たいよね?
そんなわけで、勉強会の前、勉強会当日、勉強会後にするべきことをまとめていくで。

勉強会の利用法 提案します

オススメ!勉強会の前日までにするべき3つのことを提案や!!

勉強会をするとなると、テーマや、なんの薬についてやるのか?はわかっているわけですやんね?
予習しましょうよ。っていっても簡単なもんです。

 

①添付文書は当たり前。インタビューフォームを読んでおこう

これは最低限見ておくべきだと思う。

適応症や代謝経路、併用薬の禁忌事項を含めた注意点。

勉強会で初めて見ます、ってんじゃ勉強会の進行についていけなくなり、聴き洩らしが出てしまうことが多いわ。

さらにいうと、そんなことから説明してもらわないといけないようじゃその勉強会自体のレベルが低くなるし、大した知識を得ることができへんよ。

てか、MRさんに舐められるで?

ああ、ここは弁当を渡しておけば満足するところなんやな。

適当に添付文書の内容に毛が生えた内容をやってりゃいっか。とね。

 

②ネット検索で勉強会のテーマとなっている薬の勉強会レビューなどを読んでおく

実は常套手段として僕がよくやる手です。

先に勉強会をやった人が書いた勉強会レビューを読んでおくのよ。

そうすれば、その薬の勉強会のスライドで説明される最低限のポイントは理解できてしまうことがあるから。

先ほどの、添付文書やインタビューフォームを読んでおいた上にこの手段を取れば、勉強会当日に質問するべきことがリストアップできるはずや。

 

③MRさんに事前に質問しておき、勉強会当日に回答資料を用意しておいてもらう

過去に書いたこの2つの記事でも論じているんやけど、事前準備は大事やで絶対に!

勉強会当日は、そこで初めて知ることもあって当然なんやけど、事前に質問しておいたことを聞く場にする方がいい。

聴きたい事を確実に聴ける勉強会に自分がしてまうねん!

その方が勉強会当日に聴く集中力の度合いが全くちゃうで!!

 

勉強会当日にするべき2つのことを提案や!!

①事前に質問したことの回答を得る

ひとまず、勉強会が始まる前に答えをもらっておくといい。

これだけでも最低でも1つはこの勉強会に参加して収穫を得ることができるんやから。

②疑問に感じる点は質問し、必要ならば後日でいいので資料をもらう

当たり前すぎる話。

事前に勉強しておけば当然、鋭い質問ができてしまう。

回答は即答できない場合が多くなるだろうから、そこは後日に答えをもらうようにすればいいやん。

この項で大事なのは、事前準備をしているからこそできる質問になっていること。

つまり、質問のレベルが高くなりますよ、ということを主張したい。

残念な質問
☞1包化できますか?半錠にできますか?つぶしをした時の安定性は?など。

事前に調べられそうなことは調べておくといいと思う。てか、インタビューフォーム読んどけばわかるレベルの質問をしないようにしたい。

事前に答えが得られなかいのならば、質問をすればいいけれど。

 

オススメ!勉強会にするべきことを提案

①ワードなんかで勉強会の内容のまとめを記録として書こう

自分の事前勉強の段階で作り始めておくといいねん。

タイトルは「〇〇について」

内容は

  1. 勉強会のテーマの薬の適応症と用法・用量、代謝経路まとめ
  2. 勉強会前に質問しようと思った内容
  3. その回答
  4. その他、勉強会で学んだポイントなど

この程度を備忘録として作っておけばいい。

これを作ることで記憶にも残りやすくなるし、忘れてしまっても思い出すツールになるねん。

②学んだ内容は投薬で患者さんに。あとは薬剤師仲間に言いふらす

これもオススメ。

記憶のアウトプットのため。

インプットされた知識もアウトプットして使わなければ脳は不要な情報として、思い出せない情報としてお蔵入りされてしまうらしいで?

せやから、それを避けるためにも得た知識は積極的にアウトプットして運用できる知識にしとかんとアカン!!

 

まとめ

  • 事前に予習しておき、備忘録を途中まで作る
  • 勉強会で必要な知識を得る
  • あとは備忘録にまとめて、アウトプットして知識を定着させる

これが僕のオススメする薬局内勉強会を200%活用する方法や。

けいしゅけ

今回の記事はいかがでいたか? アナタのお役に立てていれば幸いです! もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

併せて読んではいかがかな??
去痰薬の使い分けをまとめます。痰切り+咳止め
降圧薬の使い分けを考える

100%おもしろい!ウルソの魅力。胆汁酸の理解から作用機序を理解
ARBをまとめてみた
☞抗血小板薬と抗凝固薬の使い分けをザックリ説明!

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!