スポンサーリンク

OS-1 と アクアサポート は ポカリスエット とどう違う?脱水症状に効く 経口補水液 を比較したで!

スポンサーリンク

今回のテーマはOS-1アクアサポートに代表される経口補水液

真夏の発汗による脱水、冬の胃腸風邪で激しい下痢やおう吐によって生じる脱水。スポーツをしている時の発汗に対する水分補給に・・・。

脱水症状が起こる場合は様々やけど、そんな時に「飲む点滴」と呼ばれる経口補水液のOS-1が非常に有効なのはもはや一般的に知られるところになってるんとちゃうかな?

けどポカリスエットでええやん?

これ、素朴な疑問やんね?

薬局窓口でもお話しする機会が多いので記事にしてみようと思う!

今回は、

  1. なぜ経口補水液が推奨されるのか?熱中症診療ガイドラインに学ぶ脱水症状の対処法
  2. 問)ポカリスエットではダメなの?➡答)アカン。理由は2つ!
  3. OS-1よりもアクアサポートがオススメ!理由は3つ

これらについて順番に説明していくで☆

スポンサーリンク

なぜ経口補水液が推奨されるのか?熱中症診療ガイドラインに学ぶ脱水症状の対処法

(参考文献:熱中症診療ガイドライン2015 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/heatstroke2015.pdf)

熱中症の予防や治療には塩 分 と 水 分 の 両方をを 適 切 に 含 ん だ も の(0.1~0.2% の食塩水)が推奨されてる。

0.1~0.2% の食塩水ってのを毎回作るのは無理や。なので現実的には市販の経口補水液が望ましいという事になるねん。

 

そもそも経口補水液は、どういう経緯で開発され、どういった特徴があるの??

経口補水液は発展途上国での乳幼児の脱水症の予防や治療目的、特にコレラによる脱水治療のために世界保健機関(WHO)が開発したものやねん。

特徴としては以下の2つがある。

  1. 小腸でNa とブドウ糖は1:1 で吸収されることから経口補水液も同様の組成となっているねん♬
  2. 下痢や嘔吐などの症状があっても水分や電解質の吸収力を高める特性がある!

つまり、ホンマに体が脱水状態になりそうなとき、なったときに必要な水分やナトリウム、カリウムといった電解質を体に取り入れやすいようにしているのが経口補水液やっちゅうことや!

 

脱水予防や治療ではどのくらいの経口補水液を飲めばいいの??

  • 高 齢 者 を 含 む 学 童 か ら 成 人 が 500 ~ 1000 mL /日
  • 幼児(1歳以上 ~ 小学校入学まで)が 300 ~ 600 mL /日
  • 乳児(生後 ~ 1歳未満まで)が体重  1 kg 当たり 30 ~ 50 mL /日

を目安としているねんよ☆

 

問)ポカリスエットではダメなの?➡答)アカン。理由は2つ!

やはり一番気になるしよく聞かれるのがこの質問。

それに対して薬剤師として僕は「アカン」と答えてる。答えるのは2つの理由からや

理由を説明する前に、OS-1・アクアサポート(経口補水液) / ポカリスエット 成分比較表を貼り付けておくね。

水分補給製品 成分比較表 by けいしゅけのブログ薬局情報館

水分補給製品 成分比較表 by けいしゅけのブログ薬局情報館

 

理由①:必要とするナトリウムやカリウムの補給効率が悪すぎる

まずはコレ。成人が脱水のときに必要とする経口補水液は 500 ~ 1000 mL /日。

そして上の表を見てもらうとわかるけど、ポカリスエットは

  • ナトリウムが経口補水液の1/3
  • カリウムが経口補水液の1/4

しか摂取できないことがわかる。

熱中症や下痢やおう吐でホンマにしんどなってるときに、必要なナトリウムとカリウムを補給しようと思ったら、OS-1やアクアサポートを500mLペットボトル1本で済むところをポカリスエットでは1500~2000mL飲まなあかんって事になる。

そんなに飲めるか!!!

って話やね。そうやねん、ポカリスエットで飲まないといけない水分量が現実的でないねんよ。

さらに!電解質(ナトリウムやカリウム)の濃度が低い水分を多量に摂取した場合に、体の中の電解質の濃度が上がらないので、利尿が起こってしまうねん。これではせっかく飲んで得た電解質が尿から出ていってしまう。

ホンマにしんどい時にそんな効率の悪い事してられるか!!

なのでポカリスエットではアカンねん。

 

理由②:糖分の摂取量が多すぎる

これも上記の表からお分かりいただけると思うねんけど、

ポカリスエットは経口補水液に比べてカロリーだけは倍以上も含んでる!

電解質を経口補水液と同じ量だけ取ろうとすると1500~2000mL飲まなアカンかったよね?

って事は、カロリーは6倍~8倍の375~500kCalも摂取してまう!!

おにぎり〇個分?経腸栄養剤(エンシュア・ラコール)の説明で解説したけれど、これっておにぎり2~3個分にもなっちゃうんよ。

脱水症状なのよ今・・・カロリーとかいらんねん!

て話やね。

 

以上の2つの理由から、脱水症状の場合においてはポカリスエットは経口補水液と比べたらお話になってないということがわかるやろ?

 

OS-1よりもアクアサポートがオススメ!理由は3つ

有名なOS-1に対してけいしゅけは無名ともいえるアクアサポートを奨める。

なぜか?

これを解説していきます。

ひとまず比較表を貼っておこう。

成分比較

理由①:成分比較から、どちらも同等やとわかる

表をみると明らかで、どっちも同等の商品とみて良いわ。
繰り返すけど、飲む点滴と言われるようにナトリウムやカリウム、塩素を多く含んでるで。
塩素ってなんで必要なの?って思うかもしれへんから言うとこ。おう吐したときに失われるのが塩素やねん。

嘔吐で塩素が失われるってどういうこと?って思ったアナタに解説や

胃液って平たく言うと塩酸。
塩酸はHClと化学式で書くねん。
H⁺とCl⁻でできているのが塩酸やから、おう吐するとこの2つを失うわけよ。

だから塩素を多く含む液体って嘔吐している時には大事になるってわけ。

理由②:アクササポートはまだ無名。せやけど、味がおいしい!

もう明らかやねんなぁ。

圧倒的にアクアサポートが味がオイシイわ!

リンゴ風味やねんけど、これが当たり!!!

薬剤師の先生であれば卸に言って試供品をもらってみて。

一度飲んでみないと患者さんに説明できひんし。

僕はOS-1とアクアサポートを飲み比べたんやけど、どちらの商品も体調が悪い時やのどが渇いているとき(つまり体が水分を失っているとき)は美味しかったわ。夏の在宅業務で車の中で飲んだ時なんて「ホンマおいしいなコレ!」って一人で言うてたもん。

一方で、体調が悪くなく、水分も体が失っていない状態で飲むとどうか?

  • OS-1はただの塩水に感じる。正直飲む気が失せる。
  • アクアサポートはリンゴ味のする塩水に感じるものの、飲めなくはない。

ぶっちゃけどっちもおいしくない。

でも、まだアクアサポートが飲みやすいかなと思たわ。

 

理由③:アクアサポートの方が安い!!

アクアサポートのほうが安いねん。

これって大きなポイントやと思うわ。

OS-1は調剤薬局では多くの場合200円が売価。

しかし、アクアサポートは180円くらいで販売可能な納入価になってる。

少しの差やねんけど、体調が悪いからということで5本買うとなると差額が100円出てくる。

 

成分比較で変わりがなく、味的にも飲みやすく、安いねんで?

アクアサポート。ダークホースなんじゃないでしょうか???

けいしゅけ、めっちゃオススメします!!

 

おまけ①:経口補水液は買いだめしておくべし!!

暑い夏は脱水症状や熱中症症状が出ている患者さんやスタッフに接する機会が増えるでしょう

なので経口補水液については知識を入れておいて、買いだめしておくのが吉やで!

熱中症予防になるからね。

表に載せてるけど、朝食にバナナと味噌汁を摂ってもらう指導は夏場の体調管理において大事になる。経口補水液を使わずして脱水症状や熱中症を避けてほしいもんね。オレンジジュースもオススメだということが理解できると思います。これも朝食に入れちゃいましょうか(笑)

こんな事を投薬時にちょっと話すだけでも薬剤師として微力ながら誰かの役に立てるかもしれません。

覚えておこか🎵

 

おまけ②NaやKを多く含むので高血圧腎機能低下者には飲む量を少なめに指導せよ!

これ大事。

高血圧患者においては1日の食塩摂取量の目安は6g以内とされているから、これら経口補水液を1L飲むと、2.9g。つまり1日の半分の食塩を飲む計算になってまう

もし患者さんから高血圧なんだけど飲んでいい?と聞かれた場合は、飲んでもいいけど、ほかの食事での塩分を控えてもらう旨を指導するといいかもしれへんわ。

そこまで言えたら薬剤師っぽいよねー。

 

まとめ

  1. なぜ経口補水液が推奨されるのか?熱中症診療ガイドラインに学ぶ脱水症状の対処法
  2. 問)ポカリスエットではダメなの?➡答)アカン。理由は2つ!
  3. OS-1よりもアクアサポートがオススメ!理由は3つ
  4. おまけ①と②

これらを書いてきました。

たかが経口補水液と言えど、こんだけ情報が頭に入れられるもんなんやね。

書いていておもろかったわ。

最後に一言。

薬剤師として経口補水液を知り、説明できるようになっておこう!
そのためにも、まずは自分で買って飲んでおこう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

もしよかったらコメント欄にコメント頂けたら嬉しいです☆

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!