けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

薬剤師さん、ブログ書かへん?ブログを書くメリット8つを僕なりに考えた

けいしゅけのブログ薬局 情報館 トップページ画像です

まいど!けいしゅけ(@keisyukeblog)です☆この記事は当ブログ、けいしゅけのブログ薬局情報館の初投稿記事や。

2016年の6月に始まった当ブログ。その初めましての投稿を2018年6月末のいま、あえてリライトします。

そして「薬剤師さん、ブログ書かへん?ブログを書くメリット8つを僕なりに考えた」とタイトルを変えてお送りするで。

タコちゅけ

先生、なんで改めて書き直す必要があったんでちゅか??

けいしゅけ

うん。良い質問をありがとう、タコちゅけ☆

理由は3つやっ!!

① 今だからこそお伝えできる、「薬剤師がブログを書くメリット」を書けるんちゃうかなぁって思ってん

② ブログを書き始めて2年間。発信者として感じたブログ発信のメリットに関するリアルな意見、変化した考え方をお伝えしたいから

③単純に、2年前の自分の文章が気に食わなくなったからw

そんなとこやね

タコちゅけ

(理由は2つでちゅね)

薬剤師がブログを書くメリット8個(⇦あくまで主観)を書き出してみる

ぼくがブログを書き始めて2年。明らかにメリットを感じることがたっくさんあったわ。この記事では主に8項目に分けて、ぼくが実感したブログを書くことによって得られるメリットを書き記そうと思う☆

ちなみに、これは完全にぼくの主観ベースの記事や。記事内容が誰にでも当てはまるかと言えば、それは違う。

ただ少なくとも、何もしないと「0(ゼロ)」やけど、ブログを書くという「1」をすることで、何かしらの収穫を得られる可能性が優位に増すことは主張しても、「その主張はピント外れやろ」とは言い難いでしょう。

1. 日々の薬剤師業務で得た知識(=インプット情報)を記事にすることで、知識を備忘録として保存できる

薬剤師国家試験の勉強をしたとき、ぼくは痛烈に感じたことがあってん。

けいしゅけ

こんな膨大な知識量を一人の人間の脳にインプットしておいて、いつでもすぐにアウトプットできる状態に保つなんて無理ゲーや

それは調剤薬局の現場にいても同じでした。調剤報酬に関する情報・薬剤情報・いつどの薬が薬価削除になるのか etc…。ルーティンワークをしながら感じたことや、わからないことに出会って調べた医薬品情報や論文情報すら全て覚えておくことは不可能に近い。

この問題点に対して対処法はなんだろうか?

ぼくはこの答えを探すことにしてん。けどなっかなか、見つからへん。USBメモリにワードファイルで勉強した内容を保存して持ち歩いていたこともあったけど、なんかちょっと違う。店舗か自宅のPC端末がないと外部メモリ化した自分の知識にアクセスできへんねん。

けいしゅけ

・・・このやり方、書いたとしても見返しにくいなぁ~

そうモヤモヤした日々を過ごしてました。

しかし、転機は訪れた!

の山本雄一郎先生の「薬局にソクラテスがやってきた」というコラムを知っていますか?

created by Rinker
¥6,264 (2018/08/19 10:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

書籍化もされているコラムやねんけど、すんごいわかりやすくてハマったんよね。通勤の電車の中でスマホ片手にアクセスするほどに。ほんだら、コラムの文末に執筆者プロフィールを見るとブログを書いてはったんよ。

ん?他のコラムニストの先生方も書いてるのかね?ブログってやつを。

他のコラムニストの先生方のプロフィールを拝見して回ってみた。

けいしゅけ

みんな書いてるやんっ!!!

ん?

通勤の電車の中でスマホ片手にアクセスする・・・これや。

遂に見つかった、答えが!!

インプットした知識や気づきなどをブログとしてアウトプットする。
スマホがあれば、いつでも自分の書いた知識を見に行けるやん!
つまり、外部メモリがインターネット上にあるって状態になるんや!!

これこそ、ぼくがブログというツールをオススメする最も大きな理由です。

2. 発信した情報を受け取ってもらえる状況が整っている

ぼくが調剤薬局に勤め始めた10年前。

その当時、薬剤師の調剤の手技や保険の知識、薬歴の書き方など多くの「智恵」をネット上に発信している薬剤師さんがいなかったのか?答えはNoだと思います。しかし、発信した情報を受け取ってもらえる状況としては充分に整ってなかったと思います。

- では、10年前と近年で大きく何が異なってきたんやろうか? -

先ほども書きましたが、その答えの一つにスマホの普及があげられるのではないでしょうか。外出していても容易にインターネットにアクセスができるようになりました。自分が知りたい情報にアクセスしやすい状況が整備されたのは明らかですよね。

これは発信した情報を多くの人とシェアしやすくなったとも言えましょう。

故に、現在だからこそブログというツールを使って情報を発信するってええやん?ぼくはそう考えています。

2017年12月。Google健康アップデート事件ただし、2017年12月にGoogleが行った健康に関する記事の検索結果の順位を決めるアルゴリズム改定が思わぬ逆風となりました。

医療ブログを、医療に関する専門用語を使って正確に発信すればするほど、検索結果の上位には表示されにくくなってしまったのです。正確性を欠くことなく、医療情報をかみ砕いた表現で発信するスキルが求められるようになってきた。これは今後医療ブログをはじめる方は知っておきたい情報と言えましょう。

3. 文章力が身に付きやすくなる

自分の勉強の備忘録や、薬剤師仲間との情報共有ツールとしてメッチャ使える手段、ブログ。

いざ、書き始めるとビックリするくらい文章が下手な自分に気が付いてんよね。

  • 主語と述語が離れていて、読みにくい
  • 句読点の位置や数がおかしくて、読みにくい
  • 「・・・~と思う。・・・~と思う。・・・と思う」ってどんだけ『思う』ねん!
  • 「ですます調」と「である調」が1記事の中で入り混じっていて、音読するとリズムがムッチャ悪い
  • 言いたいことの他に、いらん情報が入りすぎてて内容が散らかってるが故に、何が言いたいかわからへん
  • 1文中に「~の、~の・・・。」って『の』が2つ以上ある。
  • 文章の全体の構成が悪い

などなど。

このあたりをどう改善したか?

AHEADMAPで共同代表をされておられる青島先生に「臨床批評」寄稿時に編集していただいたり、PharmaTribuneのWebサイトでコラム「アツい薬局をつくったる」を執筆する中で気付きを与えていただきました。

それから、青島先生のnoteや、紹介してもらい読んだ本も、文章を書く上では非常に役立ったので紹介しておこうとおもうっ!

参考 文章を書くコツ―「考え」を「言葉」にするためにはどうすれば良いか青島周一 -note-
created by Rinker
¥1,944 (2018/08/19 21:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

もしアナタがブログを書くなら、こうした本を参考にしながら自分の書いた文章を音読して読み直してみると良いかも知れへん。

文章はある程度のレベルまで書く量に応じて上達すると良く聞きますが、たぶん事実やと思う。薬剤師が日常業務で書く文章って疑義照会やFAX送付状とかが多いかなぁとおもうねんけど、これらを書くのに困らない程度のレベルに達するのはムッチャ簡単やで。

4. 何よりも、人との縁が繋がる

ブログを書くキッカケになった山本雄一郎先生とは【関西薬剤師ブロガー大集結】~大阪にソクラテスもやってきた~をお読みいただくとわかるのですが、リアルにお会いし、縁を賜ることになりました。

また、AHEADMAPにはTwitterで青島先生からお声がけいただいた事で、広報部として携わることに!!

created by Rinker
¥4,752 (2018/08/19 10:12:37時点 Amazon調べ-詳細)

とあるブログ記事のアイキャッチ画像をきっかけにして、Fizz-Druginformationの児島先生とも知り合うことができました。

created by Rinker
¥4,104 (2018/08/19 10:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

それ以外にも、けいしゅけが本気でオススメする医療ブログ26選 ~医師・薬剤師・看護師ブログ~の記事をお読みいただくと分かるのですが、本当に多くのブログ発信者の先生方とリアルだったり、Twitter上で知り合うこともできました。

PharmaTribuneのWebサイトでコラム「アツい薬局をつくったる」を執筆するようになったのは、zuratomo先生が主催する居酒屋抄読会がキッカケでした。

こうしてみると、ブログって不思議なことに個人的な備忘録から始まったのですが、人と人とを繋ぐツールになっていたんです!!

タコちゅけ

ちょっと!先生。

話が大きすぎまちゅ!!

けいしゅけ

ゴメンごめん。

こんなにもブログには夢があるねんで!って事を伝えたかってん。

ちなみに、ブログを書いているとSNSでも多くの医療従事者の先生方や一般の方ともつながることが叶います。ぼくの場合はそうでした。

ともかく、ブログって人との縁が繋がるとてつもなく大きな力を持ってるねんで!って事を強調させてぇや☆

5. 学ぶことが楽しくなる / 学ぶことへの能動性が高まる

そりゃそうやろ?って思われると思いますが、こうした縁で学びを共にできる人と繋がるとホンマに楽しいです。

JJCLIPのツイキャスを聴こう!ツイキャス配信の聴き方を説明するで!で書いていますけれど、毎月AHEADMAPのTwitterアカウントでアナウンスしているJJCLIPツイキャスでの論文抄読会は一度聴いてみて欲しいです!!

また、地域医療ジャーナルを購読するのも医療に関する情報リテラシーを高める上では有益やで☆

AHEADMAPのTwitterアカウントをフォローする

地域医療ジャーナルのTwitterアカウントをフォローする

多くの薬剤師さんをはじめとする医療従事者の皆様の価値観に触れて考えることで、今までとは違ったモノの見え方ができるようになっている自分に出会えることもしばしば。

けいしゅけ

調剤薬局におけるルーディンワーク。特に投薬に対して実感したかなぁ~。 

タコちゅけ

処方箋を見て、考えるのも楽しくなりまちゅ☆

けいしゅけ

さらに、日常業務でわからないことをTwitterで「〇〇について、△△って考えてみたけど、やっぱわかんない!だれか教えて~!!」とか言うたら、誰かが答えてくれたりするもん。 

タコちゅけ

(ヤバい、来る気がする・・・)

けいしゅけ

Twitter半端ないって!

医学論文の質問も普通に返事来るもん…

そんなんできひんやん普通

タコちゅけ

(流行りに乗ってキターーーーーーーーーー!!!!!!!!)

6. 興味の対象が薬学以外にも拡がる

改めて言うのもおかしな話ですけど、こうしたブログ発信をしていると「国語」に興味が湧きます。

この文章でイケてんのかなぁ?とかね。そういう意味では、本をメッチャ読むようになります。再度、掲載しますね。

参考 文章を書くコツ―「考え」を「言葉」にするためにはどうすれば良いか青島周一 -note- 参考 医療情報を読み解くための国語ゼミ 第1回:帰納の問題と逆接の接続詞 / 地域医療ジャーナル地域医療ジャーナル
created by Rinker
¥1,944 (2018/08/19 21:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

あとは、JJCLIP配信を聴いていると、哲学的な話になることがしばしばあります。

ひとまず学ぶことに関してスグに興味を示しちゃうのが、ぼくなんです(影響受けやすいだけやんっ!!)。

言うまでもなく、哲学を学ぶ興味が湧いてきたりもするんですよね(繰り返します、影響受けやすいだけやんっ!!)。

けいしゅけ

真面目に言うと、ぼくは若い時にある人から『素直に生きろ』と言われたことがあるねん。

ぼくはその言葉の意味をまだ本当の意味でわかってないと思う。でもね、自分が出会った人のコトバで胸に響いたものは素直に受け入れて、ひとまず飛び込んでみよう!って決めてみたんよ。

やらないで後悔するなら、一回きりの人生やもん、やってみた方がええやん☆みたいな感じやね🎵

そういった理由から、なんやかんやと本を読みました。一部を紹介します。

created by Rinker
¥1,404 (2018/08/19 21:39:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,080 (2018/08/19 21:39:48時点 Amazon調べ-詳細)

7. ブログから収入が得られることもある

ここからはちょっとオマケ要素やわ。

注意やっ!
「ブログで稼ぐ」ことを目的とするならば医療ブログは書かない方が良い

少なくとも、ぼくはそう思っています。

ただし、ブログを通じて収入を得る事自体を否定する気はありません。むしろ、それはそれで必要なのです。

- どういうことか整理してみましょう -

先程から紹介しているような書籍などを購入するための資金。ぼくはブログを通じて得たお金を使って購入しています。ぼくにとっては学ぶことが真の目的であって、それを実現するための手段としてブログから幾ばくかの収入を得る。

そんなイメージを持っています。

ブログを継続的に書いていると、Googleアドセンスに代表されるクリック収入型の広告収入を得られるようになります。

医療情報を継続的に発信しながらにして、読み手の関心に合わせてGoogleが自動的に広告を表示してくれるシステム。メッチャええやん!ってなりませんか?ちなみに、ブログ運営者は特に広告を選ぶなどの手間をかける必要がありません。とっても有難いシステムです。

もしも継続的にブログ発信を続けるのならば、Googleアドセンスの審査を受けて是非ともブログに掲載しましょう。

自己研鑽の為の教育資金をアドセンスで得る。ぼくはこの方法を選択しています。

医療ブログは「稼ぐ」を目的にするな※ちなみに稼ぐことを「目的」とするならば、アフィリエイトサイトを作ったり、医療に関係ない雑記ブログを運営する事をお勧めします。というのも、医療ブログで「稼ぐ」を目的とするとロクなサイトにならないと考えるからです。

あくまで、ぼくの意見はそうです。

8. 雇用されている会社とは関係なく、薬剤師として活動できるようになり得る

最後に。

ここまでの内容を見ているとお分かりいただけると思いますが、ブログ発信を起点として結局のところメッチャ学ぶ人になってる自分に出会うと思います。

例えば、薬剤師さんのコラムを読みまくる

  • 薬剤師書く素晴らしいコラムを読むなら、日経メディカルOnlineをチェック!!
  • 医療業界のニュースをいち早くキャッチするためには、m3.comニュースランキングを見逃すなッッッ!
  • 僕も執筆している、薬剤師の日常を描くコラムが多いPharmaTribuneが激アツやで☆

タコちゅけ

この3つのサイトに登録して、各サイトのコラムを読んで周るだけでもかなり刺激を受けまちゅよ!!

例えば、ツイキャスを聴く・発信する/ワークショップなどに参加する

もはや一人の薬剤師として良い意味で勝手に学んでいく人になると思うんです。様々なスキルも身に着けていくことでしょう。

 

その結果どうなるか?

「会社に雇われていなきゃやっていけない人」になってるかもしれません

ゴメンナサイ、ちょっと極論気味ですよね。

あえて強調するために表現を強めています。実際のところは、所属している企業や会社、病院、団体を大事にして下さい!

2018年、改めて当ブログの理念を書いてみる

当薬局の理念は、

「誰かの役に立つ情報を発信すること(アナタの背中をそっと押したい)」

具体的には、

  • 具体的なノウハウを発信する
  • 読んでいただいた方からのレスポンスも記事の一部として公開してシェアする
  • 皆様とのディスカッションから得たヒントをもとに、新たなるノウハウを生み出し、発信する

これらの結果として、公共の利益になる情報が世の中に発信出来たらいいなぁって思うねん。

タコちゅけ

文章がカタイでちゅね。

もうちょっと、わかりやすく書いて欲しいでちゅ!

けいしゅけ

ハイぃぃぃぃぃぃっ!!!

タコちゅけがわかりにくいらしいので、砕いた表現に改めてみた

  1. ぼくが知った情報やノウハウを記事にしてみなさまに伝える
  2. それに対して自由に感想や意見を記事のコメント欄に書いてもらう。例えば、”ウチではこんなことやってるで!”とか、”ちょっと何言ってるかわかんないです💦”とかいったようにね
  3. ぼくがそれを受けて返信をします。ときにディスカッションになるでしょう。すると、ぼくの意見+みなさまの意見⇒全く違った視点の意見が発生するかも!?
  4. それを改めて記事にする!
  5. 結果として、多くの人にとって有益な情報が生まれるんちゃうかな?って思う

けいしゅけ

タコちゅけ、これでどう??

タコちゅけ

おっけーでちゅ💛

けいしゅけ

やったぁぁぁ!!!

「三人集えば文殊の知恵」という”ことわざ”があるように、双方向コミュニケーションをもとに、よりよい情報って何や?を追求していきたいと思います!

そして、医療従事者の方も、そうでない方も「ふむふむ!なっとくオトク(ん?なんか聞いたことあるフレーズ)」となってもらうことを目的としています。

どんな記事を書いていくつもりなの?書いてきたの?

これまでのぼくのブログ運営をもとに書いてみましょう

  • 疾病や医薬品などの医療情報
  • 「保険の知識」について、調剤報酬の理解を深めるための情報
  • WordPressでブログを作り、運営するための情報
  • その他、雑記情報

おおまかに言えばこういった情報を発信して来ましたし、これからも書いていくと思います。

コメントはつねに大募集!

けいしゅけ!こんな記事を書いてくれよ!

けいしゅけ!この前の記事についてやけど、質問してもいい?

大歓迎やで☆

もしこたえられるものなら全力で即レスポンスを心がけますし、わからない場合はひとまず、そのままにはしないように必死に調べます。

(※答えられないこともあります。それはご了承ください。)

最後に

当ブログは生まれて2年が経っただけの2歳児です。ぼくも薬剤師として未熟者です。

まだまだ読みにくい箇所があったりするかと思います。少しずつ加筆修正を加えながら皆さんに読みやすいものにしていこうと思います。

ここはひとつ、末永いおつきあいをよろしくお願い申し上げます。


今回の記事はここまでや☆

最後まで読んでくださってホンマおおきにっ!!お時間を使って読んでくださったことに心から感謝申し上げます!

”この記事、ええやん!”って思っていただけたなら、けいしゅけをTwitterやFacebookでフォローしたって下さい🍀

けいしゅけのTwitterアカウントをフォローする   Twitterでけいしゅけをフォロー
けいしゅけのFacebookページもフォロー&いいねする   Facebookフォロー&いいね

けいしゅけ

今回の記事はいかがでしたか? アナタのお役に立てていれば幸いです!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆ 待ってます!!

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!