けいしゅけって誰?プロフィール公開!!

【2017年を振り返る:上半期編】けいしゅけ、ブログを通じて素晴らしい薬剤師の先生方、EBM、AHEADMAPと出会う

2017年上半期のけいしゅけブログ

2017年12月31日を迎えました。

けいしゅけ

なんか、あっという間やったわぁ~。

タコちゅけ、エエ機会やし1年間を振り返ってみよか?

タコちゅけ

そうでちゅね!たっくさんの事がありましたものね。

2人の話も年末大反省会に向けて盛り上がってきたので、1年間を振り返りながらなんやかんやとコメントしてみようと思う。

1・2月 ハーボニー偽造品事件が起こった。

この時期のトピックとしてはハーボニー偽造品流通事件がありました。

ハーボニー偽造品が出た件で奈良のチェーン薬局会社が判明 C型肝炎治療薬ハーボニー配合錠&ソバルディ錠のヒート品流通してます!C型肝炎治療薬ハーボニー配合錠&ソバルディ錠のヒート品流通してます! ハーボニー配合錠偽造品事件の卸業者や薬局店舗名も判明【ハーボニー偽造品流通ルート判明】サン薬局が購入した卸業者名も、偽造品の中身も明らかに! 【関西メディコに業務改善命令】偽造品ハーボニー調剤のサン薬局に行政処分 関西メディコに業務停止命令【関西メディコに業務停止命令&管理者の変更命令】奈良県&奈良市が偽造品ハーボニー購入&調剤のサン薬局2店舗に追加行政処分

けいしゅけ

アホかっ!!!!

けいしゅけ

そんな風に憤っていた時期でしたわ。

この事件から

● 医薬品というものを安く仕入れる企業努力は大切なんやけど、節操のない利益追求によって医療機関として果たすべき役割を見落としてはならないよね

● 少なくとも非正規ルートで納入されたボトル品(本件のような場合)、薬剤師として外観・中身のチェックを丹念に行って調剤することが当たり前!己が医療従事者であることの認識を忘れちゃいけないなぁ

こんな風に医療機関として・医療従事者として非常に重い責任を負っているのだという認識(プロ意識)を決して忘れてはならんと改めて考えさせられたわ。自戒を込めて

3・4月 けいしゅけEBMに足を踏み入れて魅力にとりつかれるっ!
さらに、職場には新人薬剤師がやってきた!

この3・4月は大きな転機になりました。

医療統計学の勉強をはじめ、EBMに目覚め薬剤師としてなんか、変わった。そんな時期。

けいしゅけ、この頃から医療統計学を本格的に勉強し始めます。

 

前年末に公開した記事

統計学の有意差って何や?p値って何?有意差 、 p値 (p<0.05) 統計学用語の意味は?薬の臨床試験の結果で見る言葉を理解しよう!

これがきっかけになり、医療統計学にのめり込んでいきます。

タコちゅけ

MRさんが持ってきてくれるパンフレットや勉強会資料に先生、

「このグラフの示す意味ってなんなんや?僕はわかっているようで何か・・・全然わからへんぞ」

ってぶつぶつ言いながら調剤室の奥に消えて行ったのを覚えてまちゅ!

けいしゅけ

改めて言われると恥ずかしいわぁ~。

けどそうやねん。なんかなぁ、この辺りから論文記事を読んでいても全く書いている統計の数値の読み取り方がわからへん。95%信頼区間(95%CI)ってなに?みたいな。RCTってなんすか?みたいなね。

これは勉強をしていかねばなるまいなぁ、って思っていたところに医薬品パンフレットを見るとやね・・・書いてないのよ。

「有意差があります!」だったり「非劣性です!」としか。違和感があったんよね。

 

何に対しての有意差やねん?って。

 

花粉症の薬やったら、『鼻水をかむ回数をスコア化した数値が有意差をもって減りました~★』とか書いてるんやけどさぁ、

 

だから何やねん?って思っちゃったわけよ。ティッシュの減り具合とか別に知りたないわ!と、

 

そんなことより眠くなって自動車事故が起こりにくい薬なのか?

小児適応の薬なら、熱性けいれんを起こりやすさの指標になる脳内移行性が既存薬と比べてどのくらい低いのか?

 

その辺が知りたいねん!僕は!!

うぉぉぉぉぉーーーーーー!

っとなったわけだ。

タコちゅけ

(いい意味でしゅが、やっぱり変態でしゅ・・・。けどこのアツさが先生らしさ、なのかも)

そこから医療統計学の用語について調べては記事にしていく毎日に傾倒します。

医療論文で出るハザード比、95%信頼区間、p値がわかるようになる臨床試験の結果に出てくるハザード比や95%信頼区間の意味って何? 論文のPECOって何?なんの略?使い方は?論文のPECOとは?何の略で、どう使うのか? リスク比とオッズ比の計算方法と違いを説明するオッズ比が論文や薬のパンフレットの臨床試験結果に使われる理由 相対危険度減少率(RRR)・絶対危険度減少率(ARR)・必要治療数(NNT)とは治療効果指標:相対危険度減少率(RRR)・絶対危険度減少率(ARR)・必要治療数(NNT)とは 真のアウトカムと代用のアウトカムの違い医療論文の真のアウトカムと代用のアウトカム。2つのアウトカムの違いって何ですか? ランダム化試験でのITT解析とは何ですか?医療論文で見る統計用語【ITT( Intention to treat )解析】って何ですか? 薬剤師のための医学論文の読み方・使い方【薬剤師のための医学論文の読み方・使い方】はEBMを学ぶ薬剤師必携の書や!

そこそこ書きましたね。今後もまだ書き足りない部分があるので書いていこうと思います!

ちなみに、ガッツリ一気に勉強したい人には以下の2冊がどうにもこうにもオススメなので紹介しておきますね。

実生活では新人薬剤師がやってきた!これにともなって新人薬剤師さんに対して届けたいメッセージを記事にしてました

4月になると新人薬剤師がやってきました。

僕が新人の頃ってひどかったのを覚えてます。

ホンマにミスばかりやし、知識もなく、怒られることが仕事でした。

自分に対して無力感しか覚えない絶望的な毎日を思い出したとき、そんな現状を乗り越える為にヒントになることって発信できないかなぁ?そう思って記事を書き出したのでした。

新人薬剤師がたったの1週間で先輩薬剤師と仲良くなるコツ新人薬剤師がたった1週間で職場の先輩と打ち解ける為の6つのコツ 新人薬剤師が勉強するべきなのは保険である新人薬剤師が何を勉強していいか迷ったなら【保険調剤Q&A】を読め! 調剤過誤を起こした薬剤師が対策を立てる3ステップ調剤過誤を起こした薬剤師が再発防止策を作る為の3つの手順 新人やブランクのある薬剤師の勉強法を紹介新人やブランク明けの薬剤師の「勉強の仕方が分からない」に用意した9つの回答 調剤薬局で薬が不足・在庫がない場合の対処方法調剤薬局で薬の在庫が不足または無い時に知っておきたい4つの対処法 薬剤師のスキルアップに効果的な手段を実践してみよう!薬剤師のスキルアップに効果的な5つのコト 新人薬剤師が中堅薬剤師、そして管理薬剤師に昇進するための3つの超えるべきカベ新人薬剤師から中堅、そして管理薬剤師へ成長する過程で3つの壁を越えろ

タコちゅけ

参考になった!っていう反響が大きかったでちゅよね!先生

 

実際、友達もメッチャ読んだよ!って言ってたんでちゅ。そっかぁ、これ春だったんでちゅね。

けいしゅけ

ありがたいことに本当に多くのコメントをいただいたわ。ここで改めてお礼申し上げます。

コメントをくださった読者の皆様、これからも何か疑問に思ったことがある場合なんかにはコメントをください!

一緒になって考えて前に進める方向性を探せたら嬉しいです!

ちなみに、同時にこの時に伝えたいメッセージがもう一つあってん。

僕の職場に入ってきた新人薬剤師の友人がホンマにしんどい職場に就職してしまって精神的に参ってしまっている。

そんな話を聞いたのがきっかけだった。

僕はね、精神的に耐えがたい環境だったり、どうみても労基違反をするような職場なら、転職したらええねん。って思うんだ。

単純に職場の人間関係が嫌やから。業務が忙しくてしんどいから。(労働時間が労基法違反にならない範囲で)業務時間が長くてしんどい。そういうのんから単純に逃げるだけの転職はオススメしない。

先に書いた記事たちのことを実践して解決できる可能性が十分にあるというのなら、どこにいったってぶつかる壁だもの。乗り越えなきゃ。その過程で愚痴をこぼしたっていい、弱音だって吐いていい。ってかこのブログに相談のコメントをくれたっていいさ。やれるだけはやってみよう。

けれどね!

そんなもん関係ない、劣悪な環境は存在する。それなら転職しちゃえばええで!と思って書いたのが、「そんな職場なら転職しちゃえばええやんって思う6パターン」でした。

新人薬剤師よ、そんな薬局なら転職しちゃえよ【新人薬剤師の転職】そんな調剤薬局なら辞めてまえ!と思う6パターン

けいしゅけ

こうしてみると、春から僕は何かが変わり始めてたんやなぁって今になって思うわ。

5月・6月 けいしゅけ、AHEADMAPに参加する!!

ここから僕の薬剤師人生が変わります。

 

5月某日、昼休みで食事をしているとTwiterに1通のダイレクトメッセージが。

 

青島周一先生からのメールでした。

「AHEADMAPのWebページ作成のサポートを協力してもらいたいのです」

 

食べているご飯をとりあえず、噴き出したのは言うまでもない。

 

青島先生?? え、あの青島先生からのダイレクトメールやとぅっ!?

 

いやいやいやいや、そんなアホな

 

・・・ホンマなん?

 

・・・・・・マジで??

 

・・・ます

 

・・・・・・りますぅ

 

けいしゅけ

やりますぅっ! 

 

即答だった。

 

僕は薬剤師としてブログを発信しているのは誰かの役に立つためなのだ。

青島先生の活動されている内容は日経DI-Onlineで以前から知っていた。

その活動に参加できるのだ。

 

こんな光栄なことはない。

 

やる。

 

全力尽くす。

 

誰かのために、僕にできることがあるのなら!

 

返信を返したとき、そんなことを思ってた。

 

そして、作らせていただきました。AHEADMAPのWebページ!!!

けいしゅけ

誰にとっても見やすくて、アクセスしやすいWebページになるようこれからも作ってまいります!よろしくお願いいたします!!

人生は変わる!

僕は2017年の5月の青島先生からのダイレクトメッセージで人生が変わりました。

ダイレクトメッセージをいただいたのは、医療情報を収集する事とブログ記事拡散のために使っていたTwitterでした。

そのお誘いを受けるキッカケになったのはブログでした。

人生はたった一つのキッカケで変わり、そのキッカケは自発的に起こしてきた行動が引き寄せるのかもしれない

けいしゅけ

今回の記事は年末おまとめ号です!

いかがでしたでしょうか?

さらに下半期編へと続きます!!

 

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆

【2017年を振り返る:下半期編】けいしゅけ、Connect The New!!しまくる

に続きます

1 Comment

ユウナ

AHEADMAPとの出会いは、私にとっても衝撃でした。
一年お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いいたします
良いお年を(^ ^)

返信する

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!