スポンサーリンク

【医療統計学の用語をマスターや!】医療論文や薬のパンフレットを読めるようになる為の記事をまとめたで!

論文や薬のパンフレットに書かれた医療統計学の用語を理解して知識の幅を広げよう!

スポンサーリンク

医療系論文や薬のパンフレット、インタビューフォームに書かれた統計用語が理解できるか!?

薬剤師として仕事をしていく中で、この問いに対して、

「統計用語?p値とか有意差、NNTとかRRRとかARR、ハザード比・オッズ比・リスク比、peco・・・その他もろもろの事かね?フツーに分かるで!!」

そう言い切れる方は少ないと思う。

いや、正直言うて、僕の周りではほとんどいないわ。悲しいことに。

しかしTwitterなんかやってると、スゴイね、このあたりを当たり前にわかっていて論文を発表している薬剤師の先生もフツーにいらっしゃる。

そやから、医療統計学に関する知識を色々と記事にしていこう!!!そう思ったのがキッカケになりこれまで複数の記事を書いてきました。

実際問題として、こういった統計用語と言うのはわかりにくいものやわ。とっつきにくいものでもある。それをいかにカンタンに、わかりやすく書くか?それをメッチャ気にしながら記事にしてきたつもりです。

実は国家試験の勉強のときには一通りやってるんやで?にもかかわらず、実際に現場に入って数年働くとほっとんど忘れてるねん。

何を隠そう、僕が忘れている薬剤師の一人でした(笑)

けどね、これら統計用語が読めないと添付文書やインタビューフォーム、勉強会を開いたときや新薬のパンフレットなんかをMRさんが持ってきてくれた時に内容を正しくキャッチできない人になってしまうねん。

それって、薬剤師としてイケてへんわ!自分に対してムカついてきたのも記事を書くキッカケになったのでした。

 

医者よりも薬に関してはわかります!それくらい勉強しなきゃアカンと思うねん薬剤師は。

だって薬のプロなんだから。それが仕事で、それで生計を立てて生きていくんだもの!

 

そういった考えから作ってきた記事たちを紹介するのがこのページと言うわけです。

1日1ページずつでいいから読んでみて、論文でその用語についてわかるか確認してください!

さぁ、はじめていきましょう。

まず、手始めに読むのをおススメしたい記事を紹介します。

「有意差」「p<0.05」薬の臨床試験の結果で見る統計学用語の意味は?

「有意差」「p<0.05」薬の臨床試験の結果で見る統計学用語の意味は?

2016.12.31

この記事を書いた理由

ある薬がほかの薬やプラセボなどよりも、「より効果が高い」とか、「より安全性が高い」(もしくはその逆でもいい)といった事を証明するには統計学的に、きちんと『差』が付いているという事を証明する必要があるのは理解できますよね?

そらそうやんな?

「なんとなく、Aという薬よりBという薬の方が頭痛に効く気がする。」ので販売を開始します!なんていうて薬が販売になってたらアカンやろ?

てか、アカンよ!

「従来のAという薬を飲んだ人100人と、新薬のBという薬を飲んだ人100人を集めた時に、偶然ではなく間違いなくBの薬の方が効くことが統計学的に証明された」

こんな風に、「なんとなく」が排除されなければいけないねん。

それを示す指標こそ、p値や有意差といった言葉やのよ。これがわからないなら、薬剤師ではなく、ただの物知りな人になってまう。

そんな物知り素人になり下がらないためにも、ぜひ読んでいただきたい!そう思って書きました。

これが読めたら次におススメなのが、

臨床試験の結果に出てくるハザード比や95%信頼区間の意味って何?

臨床試験の結果に出てくるハザード比や95%信頼区間の意味って何?

2017.04.09

この記事を書いた理由

これも「有意差」「p<0.05」薬の臨床試験の結果で見る統計学用語の意味は?という記事と同じ理由で書いたものなんです。実はこの2つの記事はセット読みするのが最も効率がいい。なぜなら、95%信頼区間と言うのは・・・という理由があるからなんです!

気になる?

本文・・・読んでください(笑)

読んだらわかるねんけど、これら2つの記事の内容が理解できてこそ、確実に有意差がある!と読み取れるようになるんです。

たった2つの記事だけですが、ほとんどのお薬のパンフレットには出てくる用語なので、理解できると知識が格段に頭に入ってくるようになります!

いやぁ、勉強って、本当にすばらしいですねぇっ!!!!!

そう叫んでほしいものです。

さて、それでは次のオススメ記事に参ります。

オッズ比が論文や薬のパンフレットの臨床試験結果に使われる理由

オッズ比が論文や薬のパンフレットの臨床試験結果に使われる理由

2017.04.25

この記事を書いた理由

ハザード比と共にしょっちゅう出てくるオッズ比という言葉を攻略したくなったから。

これが個人的な理由で、皆さんに情報提供したい人間としては、順番的にこれが理解しやすいと思うからですわ。

ハザード比と何が違うの?とか考えながら読んでください。するとセットでオススメしたい記事も出てきます。

治療効果指標:相対危険度減少率(RRR)・絶対危険度減少率(ARR)・必要治療数(NNT)とは

治療効果指標:相対危険度減少率(RRR)・絶対危険度減少率(ARR)・必要治療数(NNT)とは

2017.04.30

もはや統計学の用語の連発になってきますが、先ほどのオッズ比が論文や薬のパンフレットの臨床試験結果に使われる理由という記事の続きとして描いた記事なんです。

これらがわかってしまえば、ぶっちゃけほぼ用語は網羅できてます。

あとは、論文をガンガン読んでいきましょうよ。きっと今までは「あんまよくわかんないからいいや」ってスルーしていた数値や用語が、

これメッチャ大事やんけ!!!!

って思えるようになっちゃいますよ☆

ここまできたら、あとは論文の読み方というか、まとめ方というか。あらすじの立て方や要点を捉えるための言葉、PECOを覚えましょう。

論文のPECOとは?何の略で、どう使うのか?

論文のPECOとは?何の略で、どう使うのか?

2017.04.16

この記事を書いた理由

ここまでの記事を読み進めてきたアナタに、論文を読む楽しさを知ってほしいから。ホンマにめっちゃ読めるようになっている自分に気が付くはずです!

ちょっと試しに、読み終わった後に、

PECOを使って論文を読み解く~PPIの継続服用で認知症発症リスク1.4倍~ この記事を読んでみてよ!

PECOを使って論文を読み解く~PPIの継続服用で認知症発症リスク1.4倍~

2017.04.24

いやぁ、勉強って、本当にすばらしいですねぇっ!!!!!

こう言ってしまうでしょう。いや、言うて!!

さぁ、このカテゴリーの記事を読み進めたアナタは確実にレベルアップしてるはずや!!

どうですか?

全部読んでみましたか?

読んでみたら、けっこう食わず嫌いだった自分に気が付くんとちゃう?

もうこれからは違いますよね?

ガンガン論文もパンフレットも読んでいけますよ!

さぁ、そんなわけで自転車通勤で心疾患や癌の発症リスクが45%低下するんやってさ

自転車通勤で寿命が延びる!?心疾患や癌の発症リスクが45%低下する論文を読んでみた!

2017.05.07

この記事を読んでみてほしい。

めっちゃ読めるでしょ?これ、僕も自分で勉強した後に書いた記事なので、出てくる用語は全部わかってしまいました。

まぁ~気持ちのいいことよ!

アナタにもこの楽しさを感じてほしいです!!

けいしゅけ

論文を読む為の医療統計学。このカテゴリーの記事をお楽しみ頂けましたか??

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆待ってます!!

スポンサーリンク



論文や薬のパンフレットに書かれた医療統計学の用語を理解して知識の幅を広げよう!

けいしゅけはアナタのコメントを待ってます!書いてもらうと喜びます☆質問も大歓迎!真摯にお答えいたします!